不要なダブルベッドを処分するには? 処分方法と費用を徹底検証!

ダブルベッドは大きくて重たいので「どうやって処分するべきか迷っている」「できるだけお金をかけずに処分するにはどうしたらよいのか?」と悩む人は多いでしょう。ベッドは長年使用していると傷んできます。また、引っ越しを機に処分を検討する人もいるでしょう。買い替えの場合は処分するタイミングにも注意が必要なので慎重に考える必要があります。この記事では、ダブルベッドを処分する方法やそれぞれのメリット・デメリット・費用や注意点などをまとめてご紹介しましょう。

  1. ダブルベッドは粗大ゴミとして捨てられるのか?
  2. ダブルベッドを買い替えで処分する場合
  3. ダブルベッドを買取に出す方法
  4. ダブルベッドの処分を回収業者に依頼するには?
  5. ダブルベッドの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ダブルベッドの処分方法別費用や買取に出すポイント・不用品回収業者を利用する際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ダブルベッドは粗大ゴミとして捨てられるのか?

ダブルベッドは自治体回収で捨てられるのでしょうか。ゴミの分類や出す前にやっておくべきこと・回収にかかる費用などをご紹介します。

1-1.自治体に処分してもらうことは可能

不要になったダブルベッドは、基本的に自治体が回収するゴミとして処分してもらうことが可能です。ほかの方法に比べて処分費用が安く済むこと・自治体なので安心感があることなどがメリットでしょう。ただし、自治体が指定する日時に出さなければならないため、自分のタイミングで捨てられないという点がデメリットです。また、家の中までは回収に来てもらえないため、自分でへ屋外へ運ばなければなりません。

1-2.解体して燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てることも

ベッドを自分で解体して小さくすれば、燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てることもできます。ベッドフレームが木材の場合は燃えるゴミ、金属の場合は燃えないゴミとして捨てるとよいでしょう。スプリングマットレスも同様です。カッターで切ってスプリング部分を取り外して燃えないゴミに、残ったスポンジ部分はニッパーなどで細かく切れば燃えるゴミとして捨てられます。固定用のネジは燃えないゴミに出しましょう。ただし、ダブルベッドを燃えるゴミや燃えないゴミとして捨てられる程度にまで解体するのは、大変な作業です。ケガをする恐れもあるため、おすすめできません。

1-3.粗大ゴミとして捨てる場合、自分でやるべきことは?

ダブルベッドを粗大ゴミとして捨てる場合、事前にやっておかなければならないことがいくつかあります。まず、事前の申し込みが必要です。自治体のホームページから申し込みをし、回収に来る日時と回収場所・回収料金を確認しましょう。郵便局やコンビニで料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、処分するベッドに貼り付けた状態で家の外に搬出します。家の外に出すために、ベッドをある程度解体する必要もあるでしょう。

1-4.回収費用は1,700円前後

ダブルベッドを粗大ゴミとして捨てる場合、回収費用は1,700円前後が相場です。ただし、この値段はベッドフレームだけの回収費用であり、マットレスは別料金になります。マットレスの回収費用はスプリングが入っているか入っていないかで変わってくるため、必ず確認しておきましょう。また、粗大ゴミの回収費用は自治体によって異なります。自分が住んでいる地域ではどうなっているのか、ホームページなどで必ず調べておいてください。

1-5.回収不可の自治体もある

自治体によっては、シングルベッドは可でもダブルベッドは不可というところもあります。また、スプリング入りのマットレスは回収できないという自治体もあるため、注意してください。

2.ダブルベッドを買い替えで処分する場合

ダブルベッドを買い替えで処分する場合は、販売店に古いものを引き取ってもらえることもあります。

2-1.購入と処分が同時にできる

販売店によっては、新しいベッドの購入を条件に、古いベッドの引き取りサービスを行っているところもあります。購入と処分が同時にできる点がメリットでしょう。通常、新しいベッドが家に届く前に古いベッドの処分方法を考える必要がありますが、そのような心配はなくなります。ただし、買い替えが条件になるため、処分だけを依頼することは不可能です。

2-2.無料の場合と有料の場合がある

販売店によるベッドの引き取りは、無料の場合と有料の場合があります。有料の場合は、ベッド1台につき3,000円~が相場です。ただし、購入対象となるベッドが決まっている販売店もあるため、事前に確認しておきましょう。

2-3.通販でも引き取りサービスを行っているところもある

通販で新しいベッドを購入する場合でも、引き取りサービスを行っている業者もあります。一定金額以上のベッドを購入することが条件になる場合もあるため、しっかり確認しましょう。

3.ダブルベッドを買取に出す方法

状態のよいダブルベッドは、買取に出す方法もあります。買取基準になる条件や注意点をまとめました。

3-1.売れるベッドと売れないベッドの基準は?

新品同様のベッドやブランドもののベッドであれば、買取してもらえる可能性が高いでしょう。衛生的な問題もあるため、使用感があるものや汚れ・傷が目立つものだと買取対象にならないことがほとんどです。ただし、ダブルベッド以上の大きさのベッドは元値が高いため、中古需要は比較的高くなっています。買取対象になるか自分で判断できない場合は、リサイクルショップに相談してみるとよいでしょう。

3-2.出張買取がおすすめ

ダブルベッドを自分で自宅から運び出すのは大変です。そのため、出張買取を受け付けているリサイクルショップに依頼することをおすすめします。自宅からダブルベッドを搬出してくれるため、自分で運ぶ必要がないのです。ただし、搬出・運搬料が高くなり、逆に費用がかかってしまう可能性もあるでしょう。無料見積もりを依頼する際に、そういった費用についても詳しく確認してください。

3-3.きれいに掃除をし、保証書を用意しておく

ダブルベッドを少しでも高く買取してもらうためには、いくつかポイントがあります。まず、掃除をしてきれいな状態にしておきましょう。ベッドフレームは拭き掃除をし、汚れを落としておいてください。マットレスも、シミがあればシミ取りをしておきましょう。また、メーカーの保証書があれば、必ず一緒に査定に出してください。ブランドを証明する重要なものです。

4.ダブルベッドの処分を回収業者に依頼するには?

ダブルベッドの処分を不用品回収業者に依頼するべきケースや費用・注意点をまとめました。

4-1.こんなときにおすすめ

以下のような場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

  • 粗大ゴミの回収日まで待てない
  • 今すぐ処分したい
  • 大きくて自分で運び出すことができない
  • 自分で解体するのが難しい
  • 買い替えではなく、処分だけを依頼したい
  • ほかにも処分したい不用品がある

4-2.回収費用の相場は7,000~10,000円前後

ダブルベッドの処分を不用品回収業者に依頼した場合の費用相場は、7,000~10,000円前後です。ただし、業者によって費用設定は異なります。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。「ダスト.net東京」では、お得なパックプランも用意しています。ベッド以外にも不用品が大量にある場合は、利用するのがおすすめです。

4-3.違法業者に注意が必要

不用品回収業者の中には、必要な許可を持たずに営業する違法業者も多数存在しています。そのような業者に依頼して「料金をだまし取られた」「回収した不用品を不法投棄された」などのトラブル例も多く報告されているのです。トラブルに巻き込まれないよう、業者選びは慎重に行いましょう。

5.ダブルベッドの処分に関するよくある質問

「ダブルベッドを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ダブルベッドの処分を引っ越し業者に依頼することも可能でしょうか?
A.不用品の処分を受け付けている引っ越し業者もあります。オプションとして別料金が発生する場合がほとんどなので、事前に料金を確認しておきましょう。

Q.中にスプリングが入っているベッドマットレスは回収費用が高くなると聞きました。なぜでしょうか?
A.すべてのスプリングからカバーを一つ一つはがす作業・金属と非金属を分ける作業に時間と手間・人件費がかかるためです。そのため、スプリング入りのベッドマットレスは回収していない自治体や業者もあります。

Q.ダブルベッドを急いで処分する必要がありますが、粗大ゴミの回収を申し込んでから実際に回収されるまで、どのくらいかかるのでしょうか?
A.混み具合にもよりますが、1週間~10日ほどかかるのが一般的です。すぐ処分したい場合はおすすめできません。

Q.ダブルベッドをインターネットオークションで売るデメリットを教えてください。
A.こん包や発送に手間がかかること・送料が高額になること・売れるまでベッドを家に置いておかなければならないことなどです。

Q.不用品回収業者を選ぶポイントは何でしょうか?
A.豊富な実績があるか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか・事務所の所在地を明らかにしているか・無料見積もりを受け付けているか、などをチェックしてください。

まとめ

不要になったダブルベッドの処分方法についてまとめました。ダブルベッドは場所を取るものなので、不要になったらすぐに処分したいものですよね。ダブルベッドを処分する方法はいくつかあります。ぜひこの記事を参考にして、自分に合った処分方法を見つけてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!