冷蔵庫の正しい処分・廃棄方法とは?3つの処分方法と料金について

大型家電の冷蔵庫を処分したくても方法がわからない、間違った方法で処分しようとしていないか不安…とお悩みの方は必見です。家電リサイクル法の対象になっている冷蔵庫には、正しい処分方法があります。冷蔵庫の処分が正しくできるよう、家電リサイクルにかんする基礎知識や冷蔵庫の捨て方、不用品回収についていくつか紹介していきましょう。

  1. 冷蔵庫は粗大ごみで出せない?
  2. 家電リサイクル料金について
  3. 冷蔵庫の処分:買い替えの場合
  4. 冷蔵庫の処分:自治体などの回収方法
  5. 冷蔵庫の処分:リサイクルショップ編
  6. 無料回収業者に依頼する場合
  7. 冷蔵庫の処分にかんしてよくある質問

この記事を読めば冷蔵庫の正しい処分方法についてわかります。

1.冷蔵庫は粗大ごみで出せない?

冷蔵庫などの大型家電は粗大ごみとして捨てることができません。自治体ごとに粗大ごみのルールは決まっています。しかし、家電リサイクル法の対象になっている家電は対象外です。そこで、冷蔵庫の処分にかんする家電リサイクル法について詳しく説明していきましょう。

1-1.家電リサイクル法の概要

家電リサイクル法とは、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目をリサイクルする法律です。家庭ごみを増やさないためにも家電リサイクル法が2001年より本格施行されました。正しく処分するためにも、家電リサイクル法の内容についてチェックしていきましょう。

1-2.家電リサイクルに定められた家電とは

家電リサイクル法で定められた家電は、エアコン・テレビ(ブラウン管含む)・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)の4品目です。対象になっている家電は法律で決まっている方法で廃品回収されます。自治体の粗大ごみとしては処分できません。間違った方法で処分すると法律違反になるでしょう。

1-3.家電リサイクル法の目的

家庭から出る廃棄物や不用品は各市町村が回収して処理をしてきました。しかし、家電の中には処理が難しい種類がたくさんあります。また、有効活用できる資源がたくさん入っているのです。家電を廃棄するのは非常にもったいないでしょう。そこで、制定されたのが家電リサイクル法になります。家電リサイクル法によって、廃棄物の減量や資源の有効活用ができるようになりました。

1-4.家電リサイクル法の必要性

廃棄物の増量は環境破壊につながります。近年、環境汚染が国際的な問題になってきているのです。よって、リサイクルできるものは積極的にリサイクルしていかなければなりません。家電リサイクル法は環境汚染を防ぐ、資源を再利用することで廃棄物の量を減らしています。地球を守るという大きな役割を担っているのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!