位牌の処分に悩む方必見!遺品整理業者による位牌の処分方法をご紹介

仏壇に祀(まつ)られている位牌。位牌は、故人の戒名が書かれた大切なものです。本来、仏壇を受け継いでいくのが理想ではあるものの、核家族化が進んで引き取り手がいなくなるケースがあります。仏壇を置くスペースがないというのも、理由の1つでしょう。
「位牌を数十年に亘(わた)って祀(まつ)っていたが、そろそろ処分を考えたい」「本位牌になったので、仮位牌を処分するには?」など位牌にかんする疑問、とてもよくわかります。位牌の処分はめったにあることではないため、誰でも疑問や不安を感じるはずです。
とはいえ、位牌は祖先の存在を示すものですから、安易にごみ扱いするのは申し訳ないと思うことでしょう。今回は、位牌の処分や扱い方についてご紹介します。

  1. 位牌とは?
  2. 位牌の処分が必要なとき
  3. 位牌の処分方法は?
  4. 位牌処分業者について
  5. 位牌処分についてよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、位牌をどう扱うべきかを理解することができ、処分方法を選ぶきっかけになるでしょう。供養や魂抜きについても知ることができます。遺品整理に伴って位牌処分でお困りの方は、ぜひご一読ください。

1.位牌とは?

位牌とはどのようなものか、まず基礎知識を身につけましょう。

1-1.位牌とはどんなもの?

位牌は、長方形の木札のことです。位牌には、故人の魂が入っています。戒名・死亡年月日・俗名などを記載してあり、仏壇に祀るものです。仏壇がない家庭では、位牌壇で祀(まつ)る場合もあります。
位牌の歴史は古く、古代中国で祖先の位や名前を書いた木簡から由来しており、禅宗が強い影響を受けて日本国内に根づくようになりました。

1-2.位牌の種類

四十九日法要まで使うのが、白木の仮位牌です。白木でできた位牌に紙を貼りつけ、本位牌を作るまで祀ります。本位牌は四十九日法要に間に合うように注文し、その後仮位牌を処分することになるのです。本位牌には種類があります。

1-2-1.板位牌

1人だけに使うのが、板位牌です。夫婦で連名にする夫婦位牌というものもあります。だいたい一般的に位牌と呼ばれるものは、板位牌に分類されるでしょう。

1-2-2.繰出位牌

繰出位牌は、10枚の板が入った箱型の位牌で、先祖の位牌をまとめられるものです。位牌を追加する必要がある場合は、箱の中にある無記名のものを使用します。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!