ゴミとしては捨てられない!?必見、液晶ディスプレイの廃棄方法!

長年使った液晶ディスプレイやブラウン管ディスプレイ。買い換えるにあたって、廃棄しようと考えている方も非常に多いことでしょう。

しかし、パソコンディスプレイは形がテレビと似ていますよね。そのため、テレビと同じように処分すれば良いのか、それとも違う処分方法があるのか、と悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回はパソコンディスプレイの廃棄方法について中心にご紹介します。

  1. 液晶ディスプレイはゴミとして廃棄できない?
  2. 液晶ディスプレイの廃棄方法
  3. 液晶ディスプレイの廃棄をリサイクル業者に依頼する
  4. 液晶ディスプレイの廃棄にまつわる質問

これらの記事を読めば、ディスプレイの処分方法を学ぶことができます。ぜひ、最後までおつきあいください。

1.液晶ディスプレイはゴミとして廃棄できない?

1-1.家電リサイクル法について

家電リサイクル法とは、特定家電4品目を対象に、リサイクルを義務づける法律のこと。すなわち、『テレビ(液晶・プラズマ・ブラウン管)』『エアコン』『冷蔵庫(冷凍庫も含む)』『洗濯機(乾燥機も含む)』の4品目です。そのため、液晶であろうとブラウン管であろうと、パソコンディスプレイであれば対象に含まれません。テレビとディスプレイは同じに見えて違うものなので覚えておきましょう。

ちなみに、テレビチューナー内蔵型のパソコンディスプレイに関しても、家電リサイクル法の対象にはなりません。

1-2.小型家電リサイクル法(パソコンリサイクル法)について

パソコンディスプレイは家電リサイクル法には引っかかりません。しかし、その代わりに小型家電リサイクル法(パソコンリサイクル法)がかかわってきます。

小型家電リサイクル法は2001年4月に施行され、2003年10月に改正施行された法律で、メーカーに小型家電の回収を義務づけるものです。2003年の改正施行時にパソコンとパソコンディスプレイが品目に追加されたため、改正法をパソコンリサイクル法と呼ぶことがあります。

1-3.ブラウン管、プラズマ、液晶の違いについて

パソコンディスプレイといえば、20年ほど前まで最も普及していたのはブラウン管ディスプレイでした。しかし、今ではほとんどが消え、現在では液晶ディスプレイが主流です。

なぜブラウン管は液晶に負けてしまったのか。それぞれの特徴から原因を見つけていきましょう。

1-3-1.ブラウン管方式

ブラウン管の良い点は発色の良さです。輝度が高くて明るく、コントラストも際立っています。そのため、映像がキレイに見えるでしょう。

また、20年前ならいざ知らず、現在では数千円~数万円程度で手に入れられるほどの低価格であるのも大きな利点です。テレビの場合は使用にチューナーを購入しなければいけませんが、パソコンディスプレイの場合は必要ありません。そのため、費用を低く抑えられるでしょう。

欠点としては、大きく重いことです。今時は薄さ数センチで、重量も片手で持ち上がるほどの軽量のものが主流。しかし、ブラウン管は数十センチの厚さがあり、重量も10キロや20キロは当たり前です。

しかも、重量が大きくて場所も取るわりに、映りもあまりよくありません。ブラウン管は構造上、中央が明るく、縁に向かうにつれて暗くなる性質があるからです。液晶に慣れていると、見づらいと感じるでしょう。

また、液晶に比べると待機電力が大きくなります。そのため、スリープモードなどを多用する方の場合、電気代がかさむでしょう。

1-3-2.液晶方式

液晶テレビの良い点は、なんといっても軽量・省スペースであること。画面サイズの大小にかかわらず薄さは変わりません。そのため、どんなサイズのものでも同じ場所に置けます。また、薄さが変わらないので重量も大きく変化しません。ディスプレイの位置を頻繁に変えたりする方には非常にうれしいメリットです。

また、液晶テレビはバックライトによって映像を映す構造のため、画面の映り込みがありません。昼間などに画面に景色が映り込んで見づらい、という方には大きな利点でしょう。

また、忘れてはいけないのが省電力でもあるという点。液晶はブラウン管やプラズマなどの他方式に比べ、最も消費電力が少ないことで知られています。21世紀の現在、パソコンは生活必需品です。長時間使う方にとっては大きなメリットといえますね。

さらに、寿命はブラウン管やプラズマに比べて2倍程度の長さがあるのも大きなメリットです。ブラウン管やブラウン管は10年程度の寿命しかありませんが、液晶は20年程度の寿命があります。

欠点としては、残像の問題が1番でしょう。液晶モニターは応答速度が低いので、激しく映像が動くと残像現象を起こしてしまいます。そのため、スポーツ観戦やゲームを行うと、目が疲れてしまったり、酔ってしまったりするでしょう。ただし、最近は初期に比べると2~3倍近い応答速度の速さを出すディスプレイもあります。そこまでの欠点とはいえないでしょう。

また、視野角の狭さも欠点の1つです。画面を斜めから見ると、画面上に黒いもやのようなものがかかったように見えます。使い方によっては大きなデメリットとなるでしょう。

また、液晶はバックライトを利用した方式です。そのため、バックライトの寿命がディスプレイの寿命に直結するという欠点もあります。スリープモードを多用して電源を落とさない方などは、注意しないと早く寿命がきてしまうでしょう。

1-3-3.プラズマ方式

プラズマ方式のメリットは液晶とブラウン管のいいとこ取りをしたような感じになっています。

まず、省スペースであること。液晶と同じ程度の薄さであるため、場所を取りません。当然、薄いだけあって軽量です。また、ブラウン管同様に輝度が高くて明るく、発色にも優れています。

また、応答速度が非常に高いので、液晶のような残像現象は基本的に発生しません。ゲームが趣味の方やスポーツ観戦が趣味の方、そのほか映画やアニメなどを趣味の方にも大きな利点となるでしょう。

ほかにも、電源のON/OFFが寿命にかかわらないというのもメリットの1つ。液晶とは違ってバックライトを使わないので、電源を付けっぱなしでも寿命に直結しません。

また、視野角の広さも大きな特徴。正面から見ても斜めから見ても、どの位置から見ても画面の色合いに変化はありません。

さらに、プラズマディスプレイは縦置きと横置きが兼用のものがほとんどです。液晶の場合は、完全に縦置き用と横置き用に分かれているので、プラズマにしかない大きなメリットといえますね。

欠点としては焼き付き現象が真っ先に挙げられるでしょう。プラズマディスプレイの場合、長時間同じ映像を映し続けると焼き付き現象が起きてしまいます。ちなみに、液晶では基本的に起きません。

パソコンディスプレイはデスクトップ画面など、同じ映像を映し続けることが多いですよね。そのため、プラズマディスプレイを開発しようとする企業が少なく、普及が遅れてしまいました。

ただし、近年に発売されたものはしっかりと改善されています。何日間も同じ静止画を映し続けるようなことがなければ問題はないでしょう。また、画面の焼き付きが最も起こりやすいのは使い始めの100時間とされています。ですから、購入してから1週間程度は慣らし運転ということで、コントラストを50%程度の低めに設定し、使い終わったらしっかりとモニターの電源を切るようにすることで対処が可能です。

また、プラズマが普及しなかった原因の1つに、価格の高さも上げられます。安い液晶ディスプレイが数万円で購入できるのに対し、プラズマディスプレイは最低でも10万円以上するのです。液晶と比べて性能が飛び抜けているわけでもありません。顧客が液晶に流れるのは自然な流れだったのでしょう。

1-4.破損について

液晶とブラウン管は材質の問題で破損しやすいとされています。一方のプラズマディスプレイは液晶に比べると10倍の強度です。

子どもや動物などがいる家庭ではプラズマディスプレイを選ぶのも1つの手でしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!