不要な水筒の捨て方は? 手軽な処分方法や注意点も一挙公開!

「不要になった水筒の捨て方が分からない」「お得に処分できる方法はないのか?」という人は多いでしょう。使わなくなった水筒をどうやって処分すればよいのか分からず、そのままにしてあるという人もいると思います。自治体のゴミ回収を利用して捨てる以外にもいくつか処分方法があるため、自分に合った方法を見つけるとよいでしょう。

この記事では、水筒をゴミとして捨てる方法やリセールする方法・不用品回収業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介します。

  1. 水筒を捨てる前に確認すべきことは?
  2. 水筒をゴミとして捨てる方法
  3. 水筒を下取りや買取に出すことはできるのか?
  4. 水筒の処分を不用品回収業者に依頼するメリット
  5. 水筒の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、水筒のゴミ分類や捨てる際の注意点・不用品回収業者に依頼する場合の費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.水筒を捨てる前に確認すべきことは?

水筒を捨てる前に、いくつか確認すべきことがあります。

1-1.素材は何か?

まずは、水筒の素材を確認しましょう。最近の水筒はアルミやステンレス製のものが多くなっていますが、中にはガラス製やプラスチック製のものもあります。素材によって捨て方が異なる自治体もあるため、必ず最初に確認してください。

1-2.自治体のルールはどうなっているか?

自治体によってゴミの分類方法が異なるため、自分が住んでいる地域ではどうなっているか確認しましょう。基本的に、アルミやステンレス製・ガラス製は燃えないゴミ、プラスチック製は燃えるゴミに分類している自治体がほとんどです。ただし、自治体によっては資源ゴミや金属ゴミ・プラスチックゴミとして捨てるよう指定しているところもあるため、注意してください。

1-3.分解は必要か?

水筒に付いている金具などはすべて取り外し、分別して捨てるよう指定している自治体もあります。この場合、取り外した金属類は燃えないゴミや金属ゴミとして捨てることになるでしょう。分解の必要性も自治体によって異なるため、必ず確認してください。

2.水筒をゴミとして捨てる方法

水筒を自治体が回収するゴミとして捨てる場合の手順や費用・注意点などをまとめました。

2-1.きれいに洗ってからゴミ袋へ

まず、洗剤とスポンジを使って水筒の内部と外部をきれいに洗いましょう。万が一汚れが残っているとゴミ捨て場で臭いを発生させてしまいます。洗ったらしっかり乾かして、ビニール袋や紙袋に入れてから指定のゴミ袋に入れ、ゴミ捨て場に出しましょう。

2-2.無料で処分できる

自治体のゴミ回収を利用して水筒を処分する場合、基本的に費用はかかりません。指定のゴミ袋を購入する代金はかかりますが、処分費用は無料であることを覚えておきましょう。そのため、「お金をかけずに処分したい」という人は、自治体のゴミ回収を利用するのがおすすめです。

2-3.取り外せない部品はそのままでOK

自分で取り外すことができない金具などは、取り外さずそのまま捨てて問題ありません。無理に取り外そうとするとケガをする恐れがあるため、注意しましょう。

3.水筒を下取りや買取に出すことはできるのか?

使わなくなった水筒を下取りや買取に出してお得に処分することはできるのでしょうか?

3-1.下取りや引き取りはほとんどしてもらえない

家具や家電などは買い替えを条件に下取り・引き取りしてもらえる場合もありますが、水筒の下取りや引き取りサービスを行っている店舗や業者はほとんどありません。そのため、買い替えで処分する場合も処分方法を別に考える必要があるでしょう。

3-2.新品未使用のものは買取してもらえる可能性も

新品未使用の水筒であれば、リサイクルショップなどで買取してもらえます。特に、有名メーカーの水筒は買取対象になる可能性が高いでしょう。ただし、買取価格は期待できません。水筒はもともとの値段がさほど高くなく、衛生面で気になる人も多いため、リサイクルショップで新品未使用のものを購入しようとする人が少ないのです。

4.水筒の処分を不用品回収業者に依頼するメリット

水筒の処分を不用品回収業者に依頼する方法もあります。おすすめのケースや利用する方法・料金などをご紹介しましょう。

4-1.ほかにも不用品が大量にある場合におすすめ

不用品回収業者に依頼するのは、水筒以外にも処分したい不用品が大量にある場合におすすめです。水筒1つだけを依頼すると回収料金が割高になってしまうだけでなく、そのために自宅まで回収に来てもらうのは現実的ではありませんよね。引っ越しや大掃除などで不用品が多数出た場合などに利用するとよいでしょう。

4-2.まずは無料見積もりを申し込む

不用品回収業者に依頼する際の手順は、一般的に以下のとおりです。

  1. 業者のホームページから無料見積もりを申し込む
  2. 訪問してもらう日時を予約する
  3. 業者が自宅まで来て直接見積もりをとる
  4. 指定した日時に片付け作業を開始する
  5. 業者への支払い

4-3.お得なパックプランを利用するのがおすすめ

不用品の回収費用は、業者によって異なります。そのため、数社に無料見積もりを依頼して料金を比較しておくとよいでしょう。ダストネット東京では、お得なパックプランも用意しています。依頼する不用品の量に合わせて料金プランを選択できるため、ぜひこちらからチェックしてみてください。

5.水筒の処分に関するよくある質問

「水筒の処分方法が分からない」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.水筒を寄付することはできますか?
A.発展途上国などに水筒の寄付を行っている海外支援団体などもあるため、検索してみるとよいでしょう。ただし、水筒は衛生面の問題もあるため、状態のよいものだけが寄付の対象になる場合がほとんどです。

Q.水筒を買取に出す際のポイントを教えてください。
A.新品未使用のものであれば、外箱や保証書などの付属品をそろえて買取に出しましょう。

Q.水筒のゴミ分類はなぜ自治体によって異なるのでしょうか?
A.焼却設備の能力が大きく関係しています。処理能力が高い設備がある自治体では、ゴミを細かく分別する必要はないのです。

Q.水筒以外にも処分したいものがあるので不用品回収業者に依頼しようと思います。業者選びのポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックするとよいでしょう。

Q.  悪質な不用品回収業者も存在するというのは本当ですか?
A.中には、必要な許可を持たずに営業している悪質業者も存在しています。特に、ホームページがない業者や事務所の所在地を明らかにしていない業者には注意しましょう。

まとめ

不要な水筒の処分について、ゴミとして捨てる方法や買取に出すことができる条件・不用品回収業者に依頼すべきケースなどをまとめてご紹介しました。水筒の処分方法はいくつかありますが、状況によっておすすめの方法は異なります。自分にとってどの方法がベストなのか、ぜひこの記事を参考に考えてみてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!