空気清浄機の処分方法を紹介! ゴミに出す以外の処分方法はあるの?

「空気清浄機を処分したいけれど、捨て方がわからない」「まだ使える空気清浄機が不要になったので売却したい」という人はいませんか? 空気清浄機の処分方法は、ゴミとして捨てる以外もあります。また、ゴミとして回収を依頼する方法も自治体によって異なるので、注意が必要です。

今回は、空気清浄機の処分方法を紹介します。

  1. 自治体にゴミとして回収してもらう方法
  2. 自治体以外に空気清浄機を回収してもらう方法
  3. 空気清浄機を売却する方法
  4. 空気清浄機の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、売却できる空気清浄機の特徴もわかるでしょう。空気清浄機の処分方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

1.自治体にゴミとして回収してもらう方法

はじめに、空気清浄機をゴミとして処分したい場合の方法や注意点を紹介します。

1-1.自治体によってゴミ区分が異なる

空気清浄機は、自治体によってゴミ区分が異なります。不燃ゴミや粗大ゴミに分類されることが多いのですが、粗大ゴミの定義が自治体によって異なるので注意が必要です。たとえば、東京都足立区の場合は、1辺が30cm以上ある家具や家電はすべて粗大ゴミとなります。一方、自治体で指定したゴミ袋に入らなければ粗大ゴミと指定している自治体もあるので、必ず確認しましょう。

1-2.回収費用は有料か無料かを確認する

粗大ゴミの回収費用が有料か無料かは自治体によって異なります。一例を挙げると、東京都中野区では空気清浄機の回収費用は400円です。また、大阪府高槻市のように粗大ゴミの回収費用が無料というところもあります。さらに、東京都港区のように所定の回収場所に自分で持ち込めば、回収費用が割引になるところもあるので、確認は必須です。粗大ゴミの回収に費用がかかる自治体にお住まいの場合は、料金の払い方も確認しておきましょう。

1-3.回収日時を確認する

自治体によって、ゴミの回収日は異なります。粗大ゴミの場合は月に1度しか回収日がないところもあるでしょう。また、東京都のように事前に回収センターなどに予約が必要な自治体もあります。スムーズにゴミ出しをするために、必ず確認しておきましょう。

1-4.時間に余裕を持って捨てることが大切

これまでの項目をまとめると、空気清浄機をゴミとして自治体に回収してもらいたい場合、以下のことを確認することが必要です。

  • ゴミの区分と回収日
  • 回収費用は有料か無料か
  • 回収に予約は必要か無用か
  • ゴミ処分場などに持ち込みは可能かどうか

自治体のサイトを確認すれば全部記載してありますが、手続きをして回収してもらうまでに日数がかかることもあります。自治体に回収を依頼する場合は、日程に余裕を持ちましょう。

2.自治体以外に空気清浄機を回収してもらう方法

この項では、空気清浄機をゴミに出す以外の方法で処分する方法を紹介します。

2-1.買い換えの際に回収してもらう

家電量販店で新しい空気清浄機を購入した場合、古いものを回収してくれる店舗もあります。店舗のサイトを確認し、回収を行っている場合は、買い換え当日に店舗へ持ち込みましょう。基本的には店頭回収です。

2-2.不用品回収業者を利用する

ダスト.net東京のような不用品回収業者を利用する方法もあります。空気清浄機以外にも不用品があって一度に処分してほしい場合や、事情があってできるだけ早く空気清浄機を含む不用品を処分してほしい場合は、利用すると便利です。家まで改修にきてくれる出張回収のほか、店頭持ち込み、宅配回収などを行っている業者もあります。回収費用は業者によって異なるので、見積もりを作成してもらいましょう。

3.空気清浄機を売却する方法

この項では、空気清浄機の買取をしているところや、査定額が高めになるコツを紹介します。

3-1.新しく高機能な空気清浄機は売却できる可能性が高い

製造から3年以内の高機能な空気清浄機は、中古でも一定の需要があります。使用頻度が少なく新品に近いほど査定額は高くなりやすいでしょう。逆に、新しくても取れない汚れや傷、臭いがついているものは買取不可になることもあります。

3-2.空気清浄機を買取しているリサイクルショップを探す

空気清浄機を買取しているリサイクルショップは、その旨をサイトに記載しているところもあります。また、サイトを開設していないショップは、直接問い合わせてもいいでしょう。家電の買取は店頭買取が基本ですが、宅配便で査定してほしいものを送る宅配査定を実施しているところもあります。利用したい場合は、売買が成立しなかった場合の返却方法と料金などを確認し、申し込みましょう。なお、査定をしてもらう前には、取れる汚れはすべて取り、外箱や説明書などの付属品をそろえてください。新品に近い状態であるほど高値がつきやすくなります。

3-3.ネットオークションやフリマサイトを利用する方法

ネットオークションやフリマサイトでも、空気清浄機の売買は盛んです。自分で買い手を探せるので、リサイクルショップでは買取不可だったものでも売却できる可能性があります。その一方で、こん包や発送の手間がかかるでしょう。また、安価でしか買い手がつかないこともあります。出品する際は、写真と共にメーカー・型番・使用年数・状態を詳しく記載し、送料も可能ならば載せてください。

4.空気清浄機の処分に関するよくある質問

この項では、空気清浄機の処分に関するよくある質問を紹介します。

Q.空気清浄機は下取りに出せるでしょうか?
A.残念ですが、空気清浄機の下取りはほとんどありません。家電量販店の無料回収を利用しましょう。

Q.空気清浄機は小型家電リサイクル法対象家電に指定されることはありますか?
A.自治体によっては、小型家電リサイクル法に沿って回収する家電に含まれている可能性もあるでしょう。法律に沿って小型家電を回収している自治体にお住まいの場合は、回収品目を確認してください。

Q.空気清浄機の買取価格の平均はどのくらいでしょうか?
A.元値や状態によって変わりますが、数百円~数千円が相場です。

Q.東京都や大阪府のように同じ県内でも、ゴミ区分が変わることはありますか?
A.はい。ゴミ区分は市町村と区単位で変わります。

Q.空気清浄機を細かく分解すれば不燃ゴミになるでしょうか?
A.なると思いますが、手間がかかる作業なのでおすすめはできません。

まとめ

今回は、空気清浄機の処分方法を紹介しました。空気清浄機は自治体では粗大ゴミに分類されることが多いでしょう。粗大ゴミは出し方や回収料金の有無が自治体によって異なります。時間がない場合は不用品回収業者の利用も考えましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!