ルームランナーの処分方法が知りたい! 廃棄方法やポイントについて

屋内でウォーキングやランニングができる「ルームランナー」は、人気のある健康器具です。室内で運動できますが、置くスペースに困るアイテムでもあります。「使わなくなったルームランナーを何とかしたい」と、処分方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。一体どのように処分すべきか、ゴミの分類は何になるのか処分の悩みはつきものです。そこで、本記事では、ルームランナーの基礎知識や処分の悩み・処分方法について説明します。

  1. ルームランナーの基礎知識
  2. ルームランナーの処分の悩み
  3. ルームランナーの処分~自分で捨てる場合
  4. ルームランナーの処分~販売業者の下取りの場合
  5. ルームランナーの処分~リセールする場合
  6. ルームランナーの処分~回収業者に依頼する場合
  7. ルームランナーの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ルームランナーを正しく処分するために必要な知識を身につけることができます。処分に悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.ルームランナーの基礎知識

まず、ルームランナーの人気の機種や、最近の傾向・平均寿命・よくある故障について説明します。

1-1.どんなものか?

屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具を「ルームランナー」と言います。ランニングマシン・ジョギングマシン・トレッドミルとも呼ばれており、ジムに多数置かれているのを見たことがある方も多いでしょう。屋内で有酸素運動を行うことが目的で、ベルトコンベア状の踏み台をモーターの力で動かしています。

1-2.人気の機種・最近の傾向

最高レベルの機能を持ったプロ仕様など、さまざまな種類が登場していますが、中でも人気なのが「折りたたみ式」です。設置スペースが必要になる健康器具だからこそ、収納に便利な折りたたみ式に人気が集まっています。また、タイマー・距離・速度・カロリーなどを表示できるメーター機能や、安全キーなどの機能面が充実しているタイプも人気です。

1-3.寿命・よくある故障

使用頻度やルームランナーの種類によって異なりますが、寿命はおよそ10年と言われています。使用環境や日常のお手入れ状況によっても変わるため注意してください。3,000~6,000kmほど走ると、走行ベルト・走行板が消耗します。ベルトと板の摩擦が大きくなり、モーターや制御基盤などの周辺部品が壊れることもあるのです。走るときに異音がする・走行速度が調節できない・途中で止まるなどの不具合が出るでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!