ギターを処分したい人集まれ! ギターの処分方法マニュアル!

大切にしていたギターを処分するときには、いろいろな思い出がよみがえりますよね。今までも、なかなか処分することができなかった人もいるのではないでしょうか。思い出の詰(つ)まったギターは、手離すのに思いきりが必要なだけでなく、できるだけいい方法で処分をしたいですからね。しかし、実際にはどうやって処分をするべきかよくわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、ギターの処分方法に関するマニュアルをお届けします。ギターを処分したい人は、ぜひ読んでみてください。

  1. ギターについての基本を確認しよう
  2. ギターの処分について
  3. ギターの処分でリサイクルする方法を紹介
  4. ギターのリサイクルを業者に依頼するためのポイント
  5. ギターの処分に関するよくある質問に回答

皆さんには不用になったギターでも、処分方法によってはリサイクルできたり、ほかの人の手に渡って再度日の目を見たりできるのです。いい加減に処分しては、ギターも悲しみます。記事には、ギターを処分するために最低限知っておきたいことだけでなく、処分を依頼する業者の選び方についても詳しく触れているので役に立つでしょう。ギターの処分で後悔しないためにも、じっくり学んでください。

1.ギターについての基本を確認しよう

まずは、ギターについての基本を確認しておきましょう。ギターの主な種類や、中古市場について解説します。

1-1.ギターの種類を学ぼう

ギターの主な種類には、以下のようなものがあります。自分が使用しているタイプのほかにも、さまざまなものがあることを知っておきましょう。

  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • エレキアコースティックギター
  • ベースギター
  • ビザールギター
  • ビンテージギター
  • クラシックギター

中でも、アコースティックギター・エレキギター・ベースギターが基本です。また、需要が高いのも上記の3種類となります。

1-2.ギターの中古市場について

ギターは、中古市場が活発な楽器です。初心者向けのタイプから、上級者向けのもの、またコレクションマニアに人気のビンテージタイプなど、さまざまなものが流通しています。さらに、人気アーティストが使用していた現物や、同じモデルなどにも安定した人気があるものです。さらに、高価なギターでも中古品なら手が届きやすいこともあって人気が常にあることも特徴と言えます。

中古ギターって人気があるんですね。
中古ならではの掘り出し物を探している人も多いようです。

2.ギターの処分について

では、ギターの処分について解説します。自治体による処分方法と回収業者による廃棄について学んでください。

2-1.自治体による処分方法

まずは、自治体による処分方法について解説します。メリットやデメリットのほか、詳しいことを学んでください。

2-1-1.自治体による処方方法のメリットとデメリット

自治体による処分方法のメリットとデメリットについては、以下を参考にしてください。

  • メリット:気軽に処分できる・処分費用が無料もしくは数百円程度と安く済む
  • デメリット:ごみとして処分するので資源活用できない・粗大ごみの場合は手続きが面倒

ギターを燃えないごみとして扱うのか、粗大ごみとして扱うのかは、自治体によって異なります。まずは、お住まいの自治体でどのような扱いになっているのか調べてください。

2-1-2.自治体で処分できるものとできないもの

ギターは、自治体によって燃えないごみか粗大ごみか、いずれかの種類で処分できます。そのため、基本的には処分できないギターは無いと考えていいでしょう。もともと、ギターはピアノなどと違って小型であるため、処分できるケースが多いのです。ただし、ひどい汚れや危険物指定の薬品が付着しているものなど、場合によっては自治体でも引き取りが困難なこともあることも認識しておきましょう。

2-1-3.自治体によるギターの回収方法

自治体によるギターの回収方法は不用になったギターを指定日時に、指定場所に置いておくだけと、とてもシンプルです。指定日時の少し前に運ぶことで、指定日時になると、自治体が回収をしにやってきます。基本的に、回収後は何もすることがありません。なお、燃えないごみとして出す場合は、2週に1回程度の回収日があるので何も連絡をしないで出すことが可能です。しかし、粗大ごみとして出す必要がある場合は、まず自治体の粗大ごみ受付窓口に連絡をして自治体の指定日時・指定場所の指示を受ける必要があります。また、回収料金の支払いは「粗大ゴミ処理券(シール)」をコンビニなどで購入してギターに貼り付けることになりますので覚えておきましょう。

2-1-4.自治体にギターの処分を依頼した場合の料金

自治体にギターの処分を依頼した場合は、ごみの種類によって無料だったり有料だったりします。たとえば、燃えないごみ扱いができる自治体は無料で処分できても、粗大ごみ扱いとなると数百円の回収料金が必要になると考えてください。粗大ごみ扱いになった場合の回収料金は、自治体によって異なるため、粗大ごみ収集窓口に回収の依頼をしたときにきちんと確認しておきましょう。

2-2.回収業者による廃棄

ギターも、回収業者による廃棄を依頼することができます。ここでは、回収業者の廃棄について見ていきましょう。

2-2-1.回収業者による廃棄に関するメリットとデメリット

回収業者による廃棄に関するメリットやデメリットについては、主に以下のとおりとなります。

  • メリット:好きなタイミングで廃棄できる・指定日時に引き取りに来てくれる
  • デメリット:廃棄のための料金が数千円程度掛かることもある

回収業者は、依頼者からギターの廃棄の依頼があるたびに個別に対応をしてくれるので、好きなタイミングを選ぶことができるのがメリットとなります。しかし、自治体に回収を依頼するよりも料金が高くなることがデメリットですね。

2-2-2.回収業者によるギターの廃棄を依頼する方法

回収業者にギターの廃棄を依頼したい場合は、業者にインターネットや電話などで直接連絡を取ってから指定日時に回収に来てもらうことになります。もしくは、業者指定の集積所に持ち込み処分が可能な場合もあるので調べてみましょう。

2-2-3.回収業者にギターの廃棄を依頼した場合の料金

回収業者にギターの廃棄を依頼した場合は、有料となります。料金の目安については、ギター1本で数千円が必要となることが多いでしょう。ただし、料金が発生する代わりに指定日時に引き取りに来てもらうことも可能になります。忙しい人や、とにかく早く処分をしてしまいたい人は、回収業者にギターの廃棄を依頼すると便利ですよ。

ギターの処分にも色々あるんですね。
ご自身の状況に最適な処分方法を選ぶのが良いでしょう。

3.ギターの処分でリサイクルする方法を紹介

ギターの処分のうち、リサイクルするする方法を紹介します。リサイクルするときに必要な知識や注意点について確認してください。

3-1.ギターをごみとして出さないことのメリット

ギターをごみとして出さない場合は、以下のメリットがあります。

  • 資源の有効活用になるため環境にやさしい
  • 買い取りの対象になるとお金が手に入る
  • 次に必要な人の手に渡すことで楽器としての命が長くなる

ごみに出すことは、簡単です。しかし、ギターには貴重な資源が多く使ってあることを思い出してください。リサイクルすることは、環境にやさしいだけでなく場合によってはお金を受け取ることも可能です。また、まだ使用できるギターはリサイクルすることで本当に必要な人の手に渡ります。皆さんには不用なギターでも、また大切に使ってもらえるなら満足ですよね。

3-2.ギターのリサイクル方法について解説!

実際にギターのリサイクルをしたいときには、どんな方法があるのかご紹介します。また、それぞれの方法について特徴やコツ・注意点などをお話しましょう。

3-2-1.知人や友人などに譲る

最も気軽なリサイクル方法は、友人や知人に譲(ゆず)ることです。まずは、自分の身近な人たちに声を掛けてみましょう。意外とほしがる人がいる可能性があります。何より、自分がよく知っている人に譲(ゆず)ることができれば安心ですよね。できるだけ多くの友人や知人に声を掛けて、ギターの譲(ゆず)り先を探してみてください。知人や友人に譲(ゆず)る場合は、手渡しが原則となります。また、お金のやり取りは発生しないものと考えましょう。

3-2-2.リサイクルショップに売る

ギターは、リサイクルショップに売ることもできます。不用になったギターでも、演奏が可能な状態であれば買い取ってくれる可能性は高いです。ただし、リサイクルショップでの買い取り価格には期待しないでください。リサイクルショップでは、楽器としての価値を知らないことも多いです。しかし、ギターがリサイクルショップの店頭に並ぶことで新しいオーナーを探すことができますよ。

3-2-3.楽器専門のリサイクルショップに売る

リサイクルショップに売る場合でも、楽器専門のリサイクルショップの場合はまた話が違ってきます。楽器専門のリサイクルショップには、楽器に詳しいスタッフがいて査定を行うため、いいものは高く買い取ってくれる可能性が高いです。買い取り価格に自信がある場合は、楽器専門のリサイクルショップに売るのもおすすめとなりますので検討してみてください。ただし、楽器専門のリサイクルショップは数自体多くありません。自宅近くに無いことも多いので、注意しましょう。

3-2-4.不用品回収業者に処分を依頼する

不用になったギターは、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。依頼したい場合は、不用品回収業者に連絡を取ることから始めましょう。連絡後、業者から見積もりが出るので内容を確認し、問題が無い場合は正式に処分を依頼します。通常、処分は有料となることが多いです。しかし、いつでも自分の好きな日時・場所に引き取りに来てもらえたり、ついでにほかの不用品を処分したりすることも可能なので便利と言えます。

3-2-5.オークションを利用して売る

インターネットでは、さまざまなものをオークションで売ることができます。ギターもオークションで売ることを考えてみましょう。場合によっては、ほしがっている人が高値で入札してくれる可能性もあります。ただし、入札する人が無ければ売れないままになるので注意してください。また、オークションは個人と個人の取り引きとなるため、慣れていないとトラブルが起きやすいので注意しましょう。

3-2-6.そのほかのリサイクル方法について

そのほかの方法でも、ギターのリサイクルは可能です。たとえば、不用になったギターでも、学校や施設に寄付することもできます。ただし、学校や施設が必要としている場合に限るため、必ずしも寄付ができるとは限りません。まずは、中古のギターとして需要があるかどうか近くの学校や施設に問い合わせてみてください。なお、寄付なので当然ながら無料で引き渡すことになります。また、最低でも通常の演奏に問題が無いものを寄付してください。

3-3.ギターのリサイクルに関する注意点

ギターをリサイクルするときは、自分にとってどの方法が最適なのかじっくり考えて見ることが大切です。それぞれの方法には、それぞれのメリット・デメリットがあります。自分にとってメリットが大きいだけでなく、リサイクル先の人が喜ぶ方法を考えてみましょう。また、リサイクルショップや不用品回収業者に売る場合は、業者選びにも気を付けることを忘れないでくださいね。

そうか、リサイクルっていう手段もあるんですね。
まだ使えるようであれば、リサイクルをおすすめします。

4.ギターのリサイクルを業者に依頼するためのポイント

ギターのリサイクルを業者に依頼するためには、事前にポイントを掴(つか)んでおくとスムーズに進めることができます。ここでは、さまざまなポイントをそれぞれ解説しますからじっくり学んでください。

4-1.ギターを買い取りしてもらうためのポイント

ギターを買い取りしてもらうためのポイントについて、詳しく学びましょう。買い取りの対象になるには、さまざまな条件や注意点があるものです。

4-1-1.買い取りできるものとできないものについて

ギターの中にも、買い取りできるものとできないものがあります。買い取りできるものに関しては、以下を参考にしてください。

  • 有名ブランドのギターである
  • 楽器としての機能に問題が無い
  • 演奏に必要な付属品が揃(そろ)っている
  • 年式が新しいものである
  • 年式が古くてもマニアからの需要が高いものである

なお、買い取りできないものの特徴に関しては、以下をご覧ください。

  • ひどい汚れや破損がある
  • 楽器として機能しない
  • 演奏に必要な付属品が欠けている
  • 無名ブランドである
  • 年式が不明で評価ができない

なお、査定の結果により、もしも買い取りできない場合でも、業者に処分を依頼することは可能ですよ。

4-1-2.高額査定のポイントを学ぼう

高額査定のポイントについては、以下を参考にしてください。

  • 有名ブランドのギターである
  • ギターの使用感が少ない
  • 外見に目立つ汚れや破損・傷が無い
  • 演奏をしても問題点が無い
  • 付属品が揃(そろ)った状態である
  • 古いギターでもマニアに人気の高い種類である

買い取りに出す前に自分でできることには、ギターをきれいにしておくことと付属品を揃(そろ)えておくことなどがあります。高額査定を目指すのなら、面倒がらずにお手入れをしっかりして万全の状態で買い取りに出しましょう。

4-1-3.買い取りが有利になるブランドとは

ギターのブランドにも、中古市場での人気が高いなどの理由で買い取りを強化しているものもあります。たとえば、以下の人気有名ブランドですね。

  • フェンダー
  • ギブソン
  • グレッチ
  • ヤマハ
  • フェルナンデス
  • エピフォン
  • マーティン

もちろん、人気有名ブランドのギターであれば何でもいいということではありません。しかし、無名ブランドのギターと比べると買い取り価格がアップしやすいのは事実なので覚えておきましょう。

4-1-4.ギターの年式について

ギターは、年式が古くても価値が高いものもあります。マニアにとっては、同じブランド・メーカーのものであっても年式で探している例も多いです。そのため、希少な年式のギターは、高値での買い取りになることも珍しくありません。年式が古いからダメとか、年式が新しいから高値で買い取ってくれるだろうとは、一概に言えないのです。

4-1-5.ギターに傷がある場合について

ギターは、使用しているうちに傷が付きやすいものです。しかし、傷が無かったり傷が少ない方が買い取りに有利になったりするのは言うまでもありません。特に目立つ傷がある場合は、買い取りのときに減額対象になると考えてください。また、傷の位置がギターの表にあるのか裏にあるのかによっても、査定金額に差が出るものです。中には、ギターの傷の味わいを好むマニアもいますが、期待をしない方がいいでしょう。

4-1-6.ギターの付属品の有無について

ギターには、さまざまな付属品があるものです。しかし、長年使用しているうちに破損したり無くしたりしてしまうこともよくあります。そのため、完全に揃(そろ)っていなくても買い取りができることも多いです。もちろん、完全に揃(そろ)っていることに越したことはありません。なお、古いギターでマニアから人気の高いギターに関しては、付属品が無くても問題にならないこともあるので業者に確認してみてください。

4-2.ギターの買い取り価格について

ギターの買い取り価格は、人気や需要で大きく変化します。そのため、短期間に変動してしまうことも多いものです。また、ギターは楽器ですから状態が悪くて楽器として意味をなさないものは買い取り自体ができないこともあります。ただし、マニアにとっては状態が悪いものでも需要がある場合もありますから業者に相談してみてください。なお、業者が見積もった買い取り価格に納得できないときは、査定理由を聞いてみましょう。きちんとした理由を説明してくれない業者には、買い取り依頼をしない方が賢明です。

4-3.ギターのリサイクルを依頼する業者の選び方

ギターを適正に評価してもらうためには、信頼できる業者を選ぶ必要があります。業者の選び方については、以下を参考にしてください。

  • ギターに関して豊富な知識を持っていること
  • ギターの買い取りや引き取りの実績が豊富にあること
  • 査定は無料で行っていること
  • 買い取りを前提でギターを査定してくれること
  • 買い取りができない場合でも無料、もしくは安価で回収してくれること
  • 依頼者の立場で親切な対応ができること
  • 古物商許可を受けている業者であること
  • 産業廃棄物収集運搬許可を受けている業者であること

大切なギターを処分するのですから、業者選びにも手を抜いてはいけません。上記のポイントを参考に、自分がここだと思った業者を選びましょう。なお、ギターの処分で業者を選ぶときには以下もご覧ください。

ダストネット東京:https://www.dust530.net

4-4.業者によるギターの回収方法について

業者によるギターの回収方法については、主に以下のようなものがあります。

  • 業者の営業所に直接持ち込む
  • 宅配便による送付
  • 自宅など指定場所での回収

上記のうち、直接持ち込むことや宅配便による送付は取り扱っていない場合があるので注意しましょう。しかし、ギターを送付する手間を考えると指定日時に自宅に回収してもらう方が楽ですよ。

4-5.業者にギターの処分を依頼するときの注意点

業者にギターの処分を依頼するときには、注意点があります。まずは、信頼できる業者に依頼することが大前提と考えてください。たとえば、町内を営業車で巡回しているような業者に依頼することは避けた方がいいでしょう。営業車で巡回している業者は、ギターの無料引き取りを謳(うた)っていることも多いです。しかし、実際に処分を依頼してみるとなぜか有料になったりほかのものまで無理やり引き取ろうとしたりします。中には、不用品回収を無許可で行っている業者も存在するので注意しましょう。

大事なポイントがわかりました!
有効にリサイクルするためにも、これらのポイントを押さえましょう。

5.ギターの処分に関するよくある質問に回答

最後に、ギターの処分に関するよくある質問に回答します。実際に処分するときに困らないように、きちんと確認しておきましょう。

Q.一度買い取りしてもらったギターを買い戻すことはできますか?
A.ひとたび業者に買い取りをしてもらっても、手離したことを後悔する人もいます。たとえば、直後だったら業者に問い合わせて買い戻しをすることも可能でしょう。しかし、数日経過している場合は、すでにほかの人の手に渡っている可能性もあります。とにかく、業者に連絡して状況を確認してください。なお、買い戻しが可能であっても買い取りのときと同じ料金とは限りません。通常は、業者が再販するときの料金を支払うことになるので注意しましょう。

Q.業者にギターの処分を依頼する場合は土日や夜間でも問題ありませんか?
A.業者によって、土日や夜間の対応が可能な場合もあります。まずは、気になる業者の引き取り可能日時を調べてみてください。平日の日中は多くの人が仕事で不在となるため、土日や夜間の引き取りを行う業者が増えています。ただし、必ず対応ができるわけではありありません。また、割増料金の請求となる可能性があることは認識しておいてください。まずは、自分が都合のいい日時で引き取りが可能かどうか業者に確認しましょう。

Q.処分したいギターが数本ある場合は1回にすべて依頼した方がいいですか?
A.処分したいギターが数本あっても、同時に処分依頼をして構いません。1本ずつ依頼するより手間が掛からないだけでなく、処分費用もお得になることが多いです。不用なギターをずっと持っていても、何も進歩しません。自分が手離すことで、ギターにとってもリサイクルの道が開けることもあるのです。思いきって処分してしまいましょう。

Q.壊れたギターは業者で引き取り後どのような処分をするのですか?
A.壊れたギターは、基本的に廃棄となります。業者で素材別に分けた後、適切な方法で廃棄するので安心してください。信頼できる業者に処分を依頼することで、不法投棄の心配はありません。なお、産業廃棄物収集運搬許可を受けている業者を選ぶと安心です。無料もしくは安価で引き取ってもらっても、その後に不法投棄をされたのでは困ります。環境への配慮からも、信頼のできる業者に処分を依頼しましょう。

Q.ギターのほかにも処分してもらいたいものがある場合は?
A.ギターの処分を考えたときには、ほかの不用品も処分した方がお得になることもあります。押し入れやクローゼットなどに、不用品が無いか確認してみてください。自分でも忘れていたものが出てくる可能性があります。特に大きさや重さがあるものは、ギターと同時に処分してしまうと楽です。なお、ギターのほかにも処分したい不用品がある場合は業者に相談すると最もお得な方法を教えてもらえますよ。

これで疑問がすっきりしました!
どうせ手放すなら、納得のいくようにしましょうね。

まとめ

今回は、大切なギターを処分するために必要な知識を詳しく解説しました。自分にとっては、不用となったギターでもまだ使えるものならほかの人には宝物になる可能性もあります。ごみとして処分することよりも、リサイクルに回すことを積極的に考えてください。条件によっては、買い取りが可能な場合もありますよ。もしも、買い取りの対象ではなくても、資源として有効活用できるのは事実です。今まで愛用したギターなのですから、最善の方法で手離すことを考えてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!