掃除機の寿命を見きわめる3つのポイント

掃除機掃除機は、わたしたちの生活に欠かすことができません。短い時間で部屋をきれいにする大切なツールです。ですから、突然こわれて使えなくなるのは困ります。毎日使う掃除機だからこそ、大切に使いたいものです。そのためにも、掃除機の寿命が何年かを確認して、こわれる前に対処しましょう。そこで、掃除機の寿命を見きわめるポイントを検証してみました。

  1. 掃除機の寿命は何年?
  2. 掃除機の寿命が近いときの故障内容
  3. 不要になった掃除機の処分方法

1. 掃除機の寿命は何年?

1-1. 一般的な掃除機の寿命

一般的な掃除機の寿命は、7年と言われています。もっと長く使用できる場合もありますが、掃除機は使い方で大きく寿命が変わるものです。また、使用頻度(ひんど)や掃除機の種類によっても寿命は異なります。たとえば、昔から使われている紙パック式の掃除機と最近使われているサイクロン式の掃除機では寿命は違うのです。しかし、一般的な掃除機の寿命は7年として覚えておいてください。

1-2. 掃除機の部品保有期間

メーカーによって多少の違いはありますが、掃除機の部品保有期間は6年です。部品保有期間が過ぎると、修理のための部品が手に入りません。故障したときに部品の取り寄せができなくなるため、部品保有期間が終了したときが製品の寿命とも言えます。そのような視点からも、使用頻度(ひんど)に関わりなく、7年が掃除機の寿命だと考えるのは妥当なのです。

1-3. 寿命が短くなる理由

ペットのいる家や子供が多い家では、掃除機を使う回数は多いでしょう。しかし、1人暮らしの場合は部屋の汚れは少なく、掃除機を使う回数は減ります。このように、掃除機の寿命は掃除機を使う頻度(ひんど)によっては、7年よりももっと短くなるのです。また、こまめに手入れをして大切に使っている掃除機はきちんと寿命まで使うことができます。しかし、こまめなゴミ捨てなど、きちんと手入れをしないなら寿命は短くなるでしょう。目的に合わない使い方も寿命を短くします。掃除機は大事に使って、寿命までしっかりと使いたいものです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!