おしゃれな部屋にしたいならまずコレを実践!部屋作りのコツを紹介

誰もが自分の部屋を「おしゃれにしたい」と思いますよね。
部屋がおしゃれだと1人でいても快適です。
友人や彼氏が遊びに来たときにも羨ましがられるでしょう。
特に、憧れの1人暮らしを始めたばかりの人は、部屋をおしゃれにする方法を探していませんか?

  • おしゃれな部屋にしたい
  • センスがないので自信がない
  • 部屋をおしゃれにするコツとは?

そんな人たちのために、おしゃれな部屋の条件や部屋作りのコツをまとめてみたいと思います。

目次

  1. おしゃれな部屋とは?
  2. おしゃれな部屋作りのコツ
  3. ものを減らす方法
  4. まとめ

1.おしゃれな部屋とは?

「部屋をおしゃれにしたい」と思っても、いざやろうとすると「どんな部屋がおしゃれなのか…?」と疑問を持つ人も多いでしょう。
一般的に「おしゃれ」に見える部屋の条件をまとめてみました。

1-1.生活感がない

おしゃれな部屋の条件として「生活感がない」というものがその1つです。
部屋は生活をする場所。
生活感をなくすのはなかなか簡単なことではありません。
そもそも「生活感のある部屋」というものは、人がそこで暮らしている形跡が残る部屋のことです。
たとえば「テーブルの上に新聞や食器が出しっぱなし」「収納スペースが丸見え」という部屋には、生活感があります。
また、インテリアのつもりで置いているものが生活感を醸し出してしまうケースもあるのです。

1-2.自分のスタイルが反映されている

「部屋を見るとその人の性格が分かる」という人もいるでしょう。
自分なりの好みやこだわりが反映されている部屋は、誰が見てもおしゃれです。
部屋作りをする際には「こんな部屋にしたい」という希望があるはず。
たとえば、カジュアルな雰囲気、ナチュラルテイスト、モダンテイストなど、目指すものを決めておく必要があります。
イメージがないまま部屋作りをしてしまうのは危険です。
統一感がなく「おしゃれ」とは程遠い部屋になってしまう可能性もあるでしょう。

1-3.無駄なものがなく、快適

ものが多すぎて見た目が乱雑な部屋では、快適に過ごすことができません。

  • 無駄なものが多すぎてくつろぐスペースもない
  • 床やテーブルの上にものが散乱している
  • 何をどこにしまってあるのか分からない

そんな部屋で心地よく過ごすのは無理なことですよね。
一方、無駄なものがなく快適に過ごせる部屋は、おしゃれに見えやすいもの。
居心地のよい部屋を作り出すためには、どうしたらよいのでしょうか。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!