引越し時の家具処分をお得で手軽にするには? 買い取りのポイントも!

引越しの際に処分したい家具についてお悩みではありませんか? 引越しを機に買い替える家具、新居に入りきらない家具など、処分が必要になることも多いでしょう。しかし、大量の家具を処分するとなると、どうすれば手軽でお得に処分できるか考える必要がありますよね。自治体回収や買い取りなど、家具の処分方法はいくつか選択肢がありますが、その中でどの方法が自分に合っているかよく考えてみてください。この記事では、引越し時の家具処分にかんするさまざまな情報をまとめてみました。

  1. 引越し時の家具処分について
  2. 引越し時の家具処分方法
  3. 引越し時の家具をリサイクルに出す方法
  4. 引越し時の家具処分を回収業者に依頼する方法
  5. 引越し時の家具処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、引越し時の家具をどう処分するべきなのかが分かるはずです。ぜひ参考にして引越しをスムーズにすすめてください。

1.引越し時の家具処分について

引越し時に発生する家具の処分について、特徴や問題点などをまとめてみました。

1-1.特徴

引越し時の家具処分にはタイムリミットがあります。引越し期限までに処分しなければならないため、ゆっくりと作業をすすめるわけにはいかない場合も多いでしょう。また、量が多いという特徴もあります。模様替えなどで家具を処分するときよりもはるかに多いため、何をどのように処分するのか1つ1つ考える必要があるでしょう。もちろん、新居の広さや雰囲気によっては、引越し先に持って行けない家具もあります。

1-2.どんな家具があるのか?

引越し時に処分が必要になる家具は、大きなものから小さなものまでさまざまです。

  • 新居の寝室に入りきらないベッド
  • 新居の雰囲気に合わないソファーやテーブル
  • 新居では使わない洋服ダンス
  • 引越しを機に買い替えようと思っている冷蔵庫やテレビ

上記以外にもさまざまなものがあると思います。まずは、新居での生活をイメージしながら考えましょう。

1-3.問題点

引越し時の家具処分には問題点も多いものです。引越しまでの日数が短い場合は、早急に家具の処分方法を検討しなければなりません。引越しの際にはほかにもさまざまな手続きが必要になるため、家具の処分を面倒に感じる人も多いでしょう。つい後回しにしてしまい、引越し間近になってから慌てる人も少なくありません。

1-4.注意点

家具は大きさによって適切な処分方法が異なります。引越し前にできるだけ手間をかけずに処分するためにも、しっかりと把握しておきましょう。引越しには何かと費用がかかるため、お得にできる方法も考える必要があります。手間とお金を最小限に抑えて家具を処分できるよう、早めに取りかかりましょう。

2.引越し時の家具処分方法

では、家具処分の方法をご紹介します。

2-1.主な処分方法

家具の処分方法としては、主に自治体を利用する方法か、業者に依頼する方法があります。小型の家具や自分で分解できるものについては、自治体が回収する可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てられるものもあるでしょう。しかし、大型の家具については粗大ゴミ回収を利用する必要があります。まとめて処分したい場合は、業者を利用する方法がおすすめです。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか確認しておきましょう。

2-2.自治体

自治体による処分を希望する場合は、どのような家具が大型ゴミに分類されるのか確認しておきましょう。粗大ゴミとして捨てるには、事前の申し込みが必要です。電話またはインターネットで申し込みをし、回収にかかる料金と日時・回収場所を確認してください。コンビニか郵便局で粗大ゴミ処理券を購入し、家具に貼り付けた状態で指定の日時に回収場所に置いておきます。この方法を利用するメリットは「相手が自治体なので安心」という点でしょう。また、業者に依頼するよりも費用が安く済むこともあります。ただし、「手間がかかる」「自分で回収場所まで運ばなければならない」というデメリットもあるということを覚えておきましょう。

2-3.業者

引越し業者と不用品回収業者、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

2-3-1.引越し業者に依頼する場合

引越し業者の「不用品回収サービス」を利用すると、引越しと同時に不要な家具の処分が可能になります。セットで依頼すれば家具の処分費用が無料になるか、安く済む場合が多いでしょう。ただし、買い取りサービスを行っていない業者もあるため、処分料金が高くなってしまう可能性もあります。事前にしっかり確認しておくことがおすすめです。

2-3-2.回収業者に依頼する場合

不用品回収業者を利用した場合は、前もって家具の処分ができるため引越し準備がはかどるというメリットがあります。また、買い取りも同時に行っている業者に依頼すれば、状態のよいものは買い取ってくれるためお得です。ただし、信頼できる業者を探すための手間はかかります。複数の業者に無料見積もりを依頼するなど、慎重に業者選びをする必要があるでしょう。

3.引越し時の家具をリサイクルに出す方法

状態のよい家具は廃棄よりもリサイクルに出した方がお得です。

3-1.リサイクル方法

「まだ使えるけど新居では使わない」という家具はリサイクルに出しましょう。

3-1-1.リサイクルショップ

近所にリサイクルショップがあるなら、直接持ち込んでみましょう。その場で査定して現金化できるため、処分を急いでいる人におすすめです。ただし、大型の家具は自分で持ち込むのが大変になります。せっかく運んでも、状態が悪ければ買い取り不可になるため、再び持ち帰らなければならないこともあるのです。そういったデメリットも理解した上で、利用を検討してみてください。

3-1-2.ネットオークション

ネットオークションに出品して家具を売る方法もあります。うまくいけば希望価格で買い手が見つかることもあるでしょう。リサイクルショップに売るよりも高く買い取ってもらえる可能性はあります。ただし、買い手が見つかるまでは家具を手元に置いておかなければならないため、引越しの準備をする上で邪魔になるでしょう。「いつ売れるか分からない」という点は、引越し前に大きなデメリットになると思います。

3-2.高額買い取りのコツ

せっかくリサイクルに出すなら、少しでも高く買い取ってもらえる方法を知っておきましょう。高額買い取りのコツは以下のとおりです。

  • 状態をできるだけきれいにしておく
  • 付属品をそろえておく
  • 複数まとめて買い取りに出す
  • 商品知識が豊富な業者を利用する

3-3.注意点

製造から10年以上経過しているような古いものや、明らかな汚れやキズがあるもの、極端に人気がないものなどは買い取り不可になることがほとんどです。たとえデザイナーズ家具であっても、需要のないものは買い取ってもらえません。そういったものは、回収と買い取りを同時に行っている業者に査定を依頼してみましょう。買い取りが不可能な場合は回収してもらえるか確認しておくことをおすすめします。

4.引越し時の家具処分を回収業者に依頼する方法

回収業者に依頼する方法についてご紹介します。

4-1.回収業者について

メリットやデメリット・流れ・料金についてまとめてみました。

4-1-1.メリットとデメリット

最大のメリットは、自分で処分する手間が不要という点です。自治体のゴミ回収などを利用すると、自分で仕分けして指定の日時に回収場所まで持って行かなければなりません。しかし、業者に依頼すれば自分の希望日時に自宅まで回収に来てもらえるのです。引越し前の忙しいときに、手間をかけず自分のタイミングで処分できるのは大変便利でしょう。また、回収と買い取りを同時に行っている業者であれば、どんな家具でもまとめて処分できます。買い取ってもらえなかったものの処分方法を、再び検討する必要もないのです。その反面、デメリットとしては、悪質な業者も存在するという点があります。業者選びを慎重に行わないとトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、十分注意してください。

4-1-2.流れ

不用品の回収と買い取りを行っている「ダストネット東京」では、ホームページの「無料見積もりフォーム」から申し込みが可能です。見積もり内容に納得できたら、回収の希望日時で予約してください。出張見積もり後、正式な申し込みとなり回収作業を開始します。作業完了後に支払い、という流れです。

4-1-3.料金

回収や買い取りの料金は、業者によって異なります。同じ家具でも業者によって全く違う回収料金がかかる場合もあるのです。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較しておくことをおすすめします。そうすることで、相場を知ることができるでしょう。

4-2.業者の選び方

回収業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ている
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 料金体系が明確である
  • スタッフの対応が丁寧でスムーズである

4-3.注意点

許可を持たずに違法な営業をしている悪徳業者も存在しています。そのような業者を見極めるためにも、以下のような業者は利用しないようにしてください。

  • 事務所の所在地を明記していない
  • 領収書の発行を拒否する
  • 見積書に不明確な項目が多い
  • 固定電話ではなく携帯電話の番号を明記している

このような業者は、後から高額な追加料金を請求したり回収品を不法投棄したりする可能性もあります。トラブルに巻き込まれないため十分注意しましょう。

5.引越し時の家具処分にかんするよくある質問

「引越し時の家具処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.どのような家具が粗大ゴミに分類されますか?

A.粗大ゴミの分類については、各自治体によって違いがあります。一般的には「一番長い部分が30cmを超えるもの」を粗大ゴミとして分類する自治体が多いでしょう。

5-2.引越しにあたってテレビを処分したいのですがどうすればよいですか?

A.テレビは家電リサイクル法の対象品目になるため、自治体の粗大ゴミとして捨てることはできません。「ダストネット東京」では、テレビを含む家電リサイクル法対象品目の回収も受け付けているため、ぜひご利用ください。

5-3.家具を処分しないまま引越しをするとどうなりますか?

A.一般的には、最初に入居したときの状態にしてから新居に引越しをしなければ違約金が発生します。引越し作業後に退居立ち会いが行われ、室内の状況はしっかりとチェックされるため、家具を残していくことは不可能です。

5-4.不要な家具を寄付することもできますか?

A.福祉施設やNPO団体などに寄付して有効活用してもらうこともできます。ただし、寄付を募っているかどうか、どのような寄付を希望しているか、事前にしっかり確認してください。

5-5.引越しまでの日数がなく、家具の処分を急いでいます。どうすればすぐに処分できますか?

A.「ダストネット東京」では、可能な限り即日対応も受け付けています。まずは、相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 引越し時の家具処分について、方法やそれぞれのメリット・注意点などをまとめてご紹介しました。引越し時には大量の不用品が発生します。引越しを機にまとめて家具などを処分したいという人も多いでしょう。できるだけ手間とお金をかけずに家具を処分できる方法を知るために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。そして、スムーズに引越し作業をすすめましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!