HDD内データを安全に廃棄!ハードディスクを物理破壊する方法とは?

パソコンの買い替えなどで、今まで使っていたパソコンを廃棄しなければならないことがあります。パソコン内部のハードディスクには個人情報がいっぱい。クレジットカード情報・住所・名前・パスワードなど、他人に知られたくないですよね。
廃棄する前に行いたいのは、ハードディスクのデータを読み込めない状態にすること。物理破壊してしまえば安心です。
ハードディスクは、「プラッター」と呼ばれるガラス製の円盤でできています。安全に廃棄するために、ハードディスクの物理破壊についてご紹介しましょう。

  1. ハードディスクとは?
  2. 事前に用意しておきたいもの
  3. ハードディスクの物理的な破壊方法

1.ハードディスクとは?

ハードディスクについて詳しく知らないという方のために、簡単にどのようなものなのかをご説明します。
特性を知っておけば、物理破壊の有効性を理解することができるでしょう。
また、物理破壊に必要なものもご紹介します。

1-1.ハードディスクとは

ハードディスクは、データ記憶の核となる部分。重要なデータが集結した記憶装置です。中には個人情報や機密情報があり、ファイル消去を行い、初期化するだけでは簡単に復旧することが可能だといわれています。
近年では情報漏洩(ろうえい)が問題となっていますが、完全にデータを消去するためにはハードディスク内部の円盤を破壊することが効果的です。
大切なデータだからこそ、丁寧に廃棄処理することが求められています。

1-2.どのような情報が詰まっているか

ハードディスクから読み取ることができる個人情報は、想像以上に幅広いものです。クレジットカード・銀行口座・インターネット閲覧履歴・パスワード・ショッピング記録など他人には知られたくないものばかり。
個人情報に限らず、機密情報などが入っているケースもあり、自分だけの問題ではないこともあるでしょう。
廃棄するためには、ゴミ箱に入れて消去する・データ初期化だけでは不十分です。プラッターを物理的破壊しておけば、外部に情報が漏(も)れず安心でしょう。
データ消去専用ソフトを併用するのもおすすめです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!