これなら私もできる!整理整頓が習慣として身につく方法とコツ

「整理整頓しなさい」って、叱(しか)られた経験はありませんか?
「実は今でも苦手」と思っている方に、整理整頓のコツをお教えします。といっても、コツに複雑な手順や作業があるわけではありません。いたって単純明快です。でも、難しいのは身につけること。記事では、習慣化に向けた整理整頓の方法やコツを紹介します。

  1. 整理整頓の基礎知識
  2. 整理整頓のコツ
  3. 整理整頓して「捨てる」
  4. 整理整頓しても、捨てられないものは・・・
  5. 片付けのお役立ち情報
  6. 整理整頓でよくある質問

整理整頓された環境は、やる気と集中力が高まります。整理整頓をして、仕事でもプライベートでも、充実した日々を送ってください。

1.整理整頓の基礎知識

1-1.整理と整頓の違い

整理整頓という言葉は、私たちが日常的に使っている会話の中によく出てきます。意味は、なんとなく理解しているでしょう。
「片付けて、きれいにする」
このような意味合いで、整理整頓を理解している人が多いのではないでしょうか。
整理と整頓は、それぞれ単独でも使われます。
整理とは「乱れた状態にあるものを整えて、きちんとすること」「無駄なもの、不要なものを処分すること」です。一方の整頓とは、「きちんとかたづけること」「きちんとかたづくこと」「整うこと」を意味します。いずれも、デジタル大辞泉による解説です。
2つの言葉を比較すると、整理も整頓も同じような意味をもっています。しかし、違っている点があることにも気づくはずです。整理には、無駄で不要なものを処分するという意味が含まれています。
無駄で不要なものも一緒にして、整えてきちんとすることは、常識ではあり得ないでしょう。ですから、整え、きちんとする前に、無駄で不要なものを処分する工程がある、ということになります。
すなわち、順序があるのです。整理が先で、次が整頓になります。
整頓整理とはいわず、整理整頓というのは、言葉の意味の違いからきているのでしょう。

1-2.整理整頓の意味

「整理整頓しなさい」「整理しなさい」
両親や学校の先生から、このようにいわれた経験はあるでしょう。でも、「整頓しなさい」「整頓整理しなさい」といわれたことは、ほとんどないと思います。もしもいわれたとしたら、「ここには不要なもの、無駄なものはないから、乱れたものを元に戻しなさい」という意味でしょう。あるいは、「無駄で不要なものもあるけど、必要なものだけ元に戻しなさい」という、ちょっと妙な解釈が成り立ってしまいます。どれが必要でどれが不要かわからなければ、一緒にしまってしまう可能性も。
整理整頓の意味をまとめると、「無駄なものや不要なものを処分した上で、乱れたものを整え、きちんと片付けること」と規定できるでしょう。補足すると、「必要になったとき、いつでもすぐに取り出せるように、あらかじめ決められた場所に置いておく状態」を意味しています。置いておく場所は、使いやすさなどを考えて決められるでしょう。
工場や建設現場を訪ねると、「整理整頓」の文字が目につきます。「誰でも使いやすいように、使ったものは所定の場所に戻しましょう」という意味でしょう。
整理だけだと、自分ではきれいで使いやすいと思っても、「他人の目からは散らかっているように映ることもある」という指摘があります。同様に、整頓だけだと、きれいでも「使いやすいように整えられているとは限らない」ということです(いずれも、「『整理』と『整頓』の違いがわかる事典」より)。
この指摘が正しいとすれば、2つの言葉を組み合わせて使う理由と意味がわかります。それぞれ単独で使うと主観が入るのでよくない。だから、誰でもきれいで使いやすくなるように、整理整頓としているのです。自分のためだけだったら、整理でも整頓でも、整理整頓でも構わないといえます。

1-3.整理整頓するメリット

整理整頓がされていない状況は、どんな問題を生じるのでしょうか。この点を考えると、整理整頓する必要性が理解できるはずです。
職場での仕事を例にします。
整理整頓されていないと、大切な資料などが、行方不明です。使うときになって、あわてて探すことになります。そのときは、10分くらいで探し出せました。でも、こんな状況が続くと、どうなりますか?
年間150時間。この数字は、平均的な会社員が探し物に費やしている時間です。ある民間企業が調査しました。本当に実態を示しているのか、正直、よくわかりません。でも、たとえ1回10分であっても、毎日探したら、膨大な時間です。大いなる時間と労力のと無駄いえます。
無駄にした結果、仕事の効率が悪くなるのは当然です。仕事にも集中できません。思考が混乱するとの指摘もあるほどです。ご自身にとって、プラス要素はありません。
問題は、自分のことだけでは済まないことです。周囲の社員に影響します。すると、会社全体の志気が落ちて、生産性は低下してしまうでしょう。ご自分にとってだけでなく、周囲の社員にも、企業にとっても、大きなマイナスになります。
だからこそ、整理整頓の必要性があるのです。ご家庭やプライベートの面でも同じようなことがいえます。
整理整頓しないと、運気が下がるという話も聞きました。整理整頓と運気がどう関係しているのか、この点もよくわかりません。受け止め方は、人それぞれです。整理整頓すれば、運気が上がると信じているなら、信じ続けていいと思います。運気が上がったと感じたら、整理整頓の結果だと受け止めればいいでしょう。

整理整頓するメリットは、あえて解説の必要はありません。ひと言ずつふれると、以下のような点です。

  • 片付いて、きれいになる
  • 必要なときにすぐに取り出して使える
  • 時間と労力の無駄を省ける
  • 収納力が上がる
  • 仕事の効率が上がる
  • やる気と集中力が増す
  • 生産性が向上する
  • きれいに保たれ健康にもいい
  • 環境が整備され、気分転換にもなる。
  • ものだけでなく、心の整理整頓にもつながる

トヨタ自動車の取り組みに、「5S」があります。整理、整頓、清潔、清掃、躾(しつけ)の5つのSです。トヨタの業績を支えているのは、この5Sといわれるほど、重視されています。整理整頓は、単なるスローガンではありません。企業の根幹になるほど、重要なものです。家庭にもいえます。

1-4.整理整頓できない人

整理整頓できない人を、性格や癖、さらに心理の面からとらえると、ある共通項が浮かび上がります。
ご自分で分析して、整理整頓できる人になってください。

  • ものを捨てられない
  • ものの置き場所が決まっていない
  • 使ってもすぐ元に戻さない
  • 戻す場所が決まっていない
  • 「もったいない」としまい込む
  • 整理整頓だけでなく、ものごとを先送りにする
  • 面倒(めんどう)くさがる
  • ものを減らさず、入れるものを増やそうとする
  • そのうちに、まとめてやればいいと思う
  • まだ使える、いつか使うかもと思う

いかがですか、あなたは該当するところがありましたか?
整理整頓するためには、上記と逆の所作(しょさ=振る舞い)をすればいいことになります。
たとえば、「置き場所を決める」「使ったらすぐに戻す」「もったいないより、必要か不要かで判断する」といったやり方です。

1-5.整理整頓の基本の仕方

整理整頓の目的は、「いつでも、すぐに取り出して、使えるような状態にしておくこと」にあります。
そのためのポイントは、この状態がどんな状態かを、最初に明確にしておくことです。机の引き出しに、文具も手紙・郵便も手帳も一緒に入っている状態は、使いやすい状態とはいえません。
基本の仕方は、以下のような手順です。

  1. しまってあるものを取り出す:不要なものが含まれている可能性があります。すべて出して確認が必要です。
  2. 出したものを仕分ける:必要か不要かを判断して分類します。
  3. 必要なものをしまう:しまう場所を決めておく必要があります。
  4. 不要なものは捨てる:必要なものをしまう前に、不要なものを捨てても構いません。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!