ファックスの捨て方は粗大ごみ? 安全かつ迅速な処分は不用品回収

ご家庭でお使いのファックスが古くなり、処分を検討することがありますよね。ファックスに限らず、家電製品の捨て方は厳しくなってきており、すぐに捨てることができません。
「ファックスの捨て方が知りたい」「ファックスのリサイクルはできる?」といった疑問、捨てにくい家電だけにとてもよくわかります。細かなパーツが多く、内部にメモリー機能を備えている機種は、廃棄に気を使うはずです。早く捨てる方法はないか、リサイクルでわずかでも処分費用を軽くしたいと思うこともあるでしょう。ファックスは小型家電製品として、リサイクル可能な製品です。資源の有効活用を目的に、捨てずに再利用してみてください。

  1. ファックスを捨てたい
  2. 自分でファックスを捨てる場合
  3. 販売業者の下取りでファックスを捨てる場合
  4. ファックスをリサイクルする場合
  5. 回収業者にファックスの処分を依頼する場合
  6. ファックスの捨て方でよくある質問
  7. まとめ

 メモリー機能を搭載したファックスは、パソコンと同じように個人情報保護を意識して処分すべきです。家電を処分するのにリサイクル料金がかかるように、ファックスの廃棄にもお金が必要か気になりますよね。ファックスの処分でお困りの方は、この記事を参考にして捨て方を覚えておきましょう。

1.ファックスを捨てたい

ファックスは使用頻度で耐用年数が変わります。頻繁に使う人は、2年ほどで消耗してしまうこともあるでしょう。

1-1.ファックスの寿命について

ファックスの寿命は、5年が平均的な数字です。ただし、ファックスに付属している子機のリチウムイオン電池は、2年で消耗するケースが多くあります。ファックス本体は5年を経過したころから徐々に異常が出始め、部品保有期間も過ぎて修理ができなくなるでしょう。長く使えても、8年を目安に買い替えというのが一般的です。

1-2.ファックスは粗大ごみで捨てられる?

自治体の区分では、ファックスは小型家電リサイクル法にもとづいた特定対象品目に該当します。従って、リサイクル回収が求められる自治体もあるでしょう。ただし、自治体ごとに粗大ごみやごみの分別にかんする規定は違うため、お住まいの地域に分別方法の確認をお願いします。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!