低学年のお子さんを持つ親御さん必見! 子供用自転車の買い替え時期とは?

子供はあっという間に成長します。
今年はちょうどいいサイズの自転車でも、次の年には「もう小さくて乗りづらい…」ということもあるでしょう。
特に、小学校低学年の子供は1年で10cm近く背が伸びることも。
「どのタイミングで自転車を買い替えるべきなのか?」と悩む親御さんも多いのではないでしょうか。

  • 子供用自転車の買い替え時期を知りたい
  • 長く乗るためにはどんな自転車を選ぶべきなのか?
  • 古くなった自転車の処分方法は?

そんな人たちのために、子供用自転車の買い替え時期や自転車選びのポイントをご紹介します。

目次

  1. 子供用自転車の買い替え時期について
  2. 長く乗れる自転車選びのポイント
  3. 不要になった自転車の処分方法
  4. まとめ

1.子供用自転車の買い替え時期について

子供の自転車を買い替えるタイミングについては、ほとんどの親御さんが悩む問題です。
「大人のように1台を何年も乗ってくれたら…」と思ってしまいますよね。
しかし、成長期の子供だとそうはいかないのです。

1-1.サイズが小さくなったとき

お子さんが自転車に乗っている姿をよく観察してみてください。
サドルを限界まで高くしていても、足を地面につけたときにひざが曲がってしまうようなら、その自転車はもう小さいのです。
自転車の大きさはインチで表されています。
たとえば、5~9歳で身長が111cm~135cmの場合は20インチ、6~11歳で身長116~146cmの場合は22インチが適正サイズです。
あまり小さいサイズの自転車に乗っていると、ひざがハンドルに当たってしまいます。
この状態では、安全に乗ることができないでしょう。

1-2.安全性に問題が出てきたとき

自転車は古くなるとさまざまな不具合が出てくるでしょう。
もちろん大人用の自転車でも同じことですが、子供用となるとさらに注意してあげなければなりませんよね。
たとえば、ブレーキがかかりにくい、タイヤがすり切れているなどの不具合が見つかった場合は、早めに買い替えを検討しましょう。
場合によっては修理や交換で対応できることもあります。
しかし、新しく買い替えた方がお得なケースも。
まずは、お子さんが乗っている自転車を確認し、安全性に問題がないかチェックしてみましょう。

1-3.子供が買い替えを希望したとき

小学校低学年くらいの年齢になると、好みもはっきりしてきます。
今までは親が選んだ自転車に乗っていたけれど「自分で選んだ好きな自転車に乗りたい」という意志が出てくる子も多いでしょう。
特に、小さいころから乗っているキャラクターの自転車には、抵抗を感じるようになるはずです。
サイズや安全性はもちろんのこと、お子さんの好みについても希望を聞いてあげましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!