ゴルフクラブをお得に処分するコツは? 主な処分方法とポイントを解説

「何ゴミになるのか?」など、使わなくなったゴルフクラブの処分で悩んでいる方は多いでしょう。基本的に、自治体回収で処分できますが、各地域のゴミの分類や処分方法を確認しておかなければなりません。また、まだ使えるゴルフクラブは買い取ってもらえる可能性があります。

本記事では、悩みがちなゴルフクラブの処分方法やポイントなどについて解説しましょう。

  1. ゴルフクラブは何ゴミに分類される?
  2. ゴルフクラブを自治体の処分に出す方法
  3. 自治体以外の処分方法は?
  4. ゴルフクラブを買取に出す方法とポイント
  5. ゴルフクラブの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ゴルフクラブをお得に処分する方法が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ゴルフクラブは何ゴミに分類される?

まずは、ゴルフクラブが何ゴミに分類されるのかチェックしておきましょう。

1-1.粗大ゴミに分類されることが多い

ゴルフクラブは大きめのサイズではないものの、長いものがほとんどです。そのため、燃えるゴミや燃えないゴミではなく、粗大ゴミに分類されることが多いと言えるでしょう。多くの自治体は粗大ゴミの規定を一辺が30cm以上と定めていますが、自治体によっては規定サイズが異なる可能性もあります。念のため、自治体のホームページや掲示板などでゴミの分類をチェックしてください。その際に、具体的な処分方法も把握しておくとスムーズに処分できます。

1-2.解体すれば不燃ゴミとして捨てられる!?

ゴルフクラブを解体すれば、粗大ゴミではなく、不燃ゴミとして捨てられる自治体もあります。粗大ゴミは300~500円の処分費用がかかりますが、不燃ゴミは指定袋に入れるだけなので費用がかかりません。そのため、自分で解体しようとする方がいるのも事実です。けれども、ゴルフクラブは、ステンレス鋼・チタン合金・アルミニウム合金など分解が困難な素材でできているため、分解して処分するのはあまりおすすめしません。

1-3.処分前に素材とサイズをチェックしよう

ゴルフクラブを処分する前に必ずチェックしてほしいのが、素材とサイズです。前述したように、ゴルフクラブはさまざまな素材とサイズがあります。ヘッド部分には軟鉄やステンレス鋼などが使用されていますが、シャフト部分はスチール・コンポジット素材・セラミック素材、グリップ部分は天然ゴムなどです。サイズが素材によってゴミの分類が異なるため、事前の確認が必要になります。

2.ゴルフクラブを自治体の処分に出す方法

ここでは、ゴルフクラブを自治体回収として処分する方法を解説します。

2-1.電話またはインターネットで事前の申し込みをする

ゴルフクラブを粗大ゴミで処分する場合は、事前に電話またはインターネットで回収の申し込みをしなければならないケースがあります。事前の申し込みをしなければ、回収指定場所に持ち運んでも回収してもらえないので注意してください。申し込みが必要かどうかは、自治体のホームページ等で確認できます。ただし、申し込みが必要ない自治体もあるでしょう。その際は、回収日までに回収指定場所へ持ち運ぶことになります。

2-2.粗大ゴミ処理券を購入し貼りつける

粗大ゴミとして処分する場合は、あらかじめスーパーやコンビニ等で購入した粗大ゴミ処理券をゴルフクラブに貼りつける必要があります。分かりやすい場所に貼りつけてから回収指定場所に持ち運ばなければ回収してもらえません。指定回収場所へ運ぶ以外に、直接ゴミ処理センターへ持ち運ぶ方法もあります。自治体によっては、直接持ち運んだほうが費用が安くなることもあるのです。自分で持ち運ぶことができる場合は、費用節約のために持ち運びも検討するといいでしょう。

2-3.費用を安く抑えることはできるが……

自治体回収で処分する大きなメリットは、処分費用を最小限に抑えられることです。処分したいゴルフクラブの本数によって処分費用は異なりますが、1本あたり200~500円という低費用で処分できる点が自治体回収の大きなメリットと言えるでしょう。ただし、回収日と回収指定場所が決められているのですぐに処分できない・大量に処分する際は相談する必要があるという点がデメリットです。

3.自治体以外の処分方法は?

自治体以外の方法としては、どのような処分方法があるのでしょうか。

3-1.欲しがっている人に譲る

周囲にゴルフクラブを欲しがっている人がいないか、尋ねるのも方法の1つです。数回しか使っていないのに捨てるのがもったいない・処分費用をかけたくない方におすすめの方法となります。ゴルフクラブを捨てようと思っている旨を周囲に伝えておけば、欲しがる人が出てくるかもしれません。再利用してもらうことができれば気軽な気持ちで手放すことができ、費用もかからないのでメリットは大きいと言えるでしょう。

3-2.不用品回収業者に依頼する

ゴルフクラブ以外にも処分したい不用品がある・まとめて処分したい方は、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者の大きなメリットは、手間と時間をかけずに処分できることです。即日対応可能な業者に依頼すれば、急を要する際でもすぐに処分してもらえるでしょう。ゴルフクラブ以外にも処分したいゴルフ用品があるなら、まとめて処分できるのも大きなメリットです。ただし、回収費用や運搬費用がかかる可能性があるため、見積書は事前にチェックしてください。

3-3.団体や施設に寄付する

要らなくなったゴルフクラブを、団体や施設に寄付する方法もあります。さまざまなアイテムの寄付を受けつけている団体では、貧しい国に送ったり、新しい商品に変えたりしているのです。寄付は不用品を処分するのではなく、社会貢献に役立てる点が大きなメリットと言えるでしょう。また、近くにゴルフクラブや部活動をしている学校があれば、寄付できる可能性があります。譲り受けてくれるか、問い合わせてみるといいかもしれません。

3-4.まだ使えるものは買取という方法も

ゴルフクラブの状態によっては、リサイクルショップや買取店などで買い取ってもらう方法があります。買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけずにお得に手放すことができるでしょう。買取額が高ければ高いほど、その分のお金を得ることもできます。ただし、すべてのゴルフクラブが買取対象というわけではないため、注意が必要です。状態によっては買取不可になることもあります。その際は、ほかの方法で処分しなければならなくなり、手間と時間がかかるでしょう。

4.ゴルフクラブを買取に出す方法とポイント

それでは、ゴルフクラブを買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.正常に使える状態なら買い取ってもらえる

基本的に、再利用できる状態のゴルフクラブなら、ほとんどの店舗で買い取ってもらえるでしょう。ゴルフクラブに著しい傷や汚れがついている・不具合があるものは、買い取ってもらえない可能性があります。査定の要素で1番重要なのは、ゴルフクラブの状態です。新品状態に近いものほど買い取ってもらえる可能性が高くなるため、新品・未使用品は高く売れるでしょう。まずは、査定を依頼する前に、ゴルフクラブの状態を確認することが大切です。

4-2.人気の種類とメーカーをチェックしよう!

ゴルフクラブをなるべく高く売りたい方は、状態だけでなく、今人気がある種類とメーカーも併せてチェックしておきましょう。中古市場において価値があるものを把握しておけば、スムーズな買取はもちろんのこと、高価買取が期待できます。現在、人気があるゴルフクラブは、パターやドライバーなどです。また、キャロウェイ・ブリヂストン・ダンロップ・テーラーメイドといったメーカーが人気を集めています。人気があるメーカーほど、高く買い取ってもらえるでしょう。

4-3.リサイクルショップまたは買取店に査定を依頼する

ゴルフクラブの買取を行っているのは、リサイクルショップや買取専門店などです。価値や人気があるゴルフクラブを売るなら、買取専門店をおすすめします。ゴルフ用品を中心に買取を行っているところほど、中古市場に詳しく、適切な値段で買い取ってくれるからです。逆に、リサイクルショップはゴルフ以外にもたくさんの不用品を扱っています。中には、買取の知識がまったくないアルバイトが査定を行うところもあるため、買取店よりも金額は低くなりがちです。

4-4.ネットオークション・フリマアプリは危険!?

自分で売る場合、ネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。登録すれば誰でも出品できる便利なシステムで、全国から買い手を見つけられる点が大きなメリットです。ただし、必ず買い手が見つかるとは限りません。また、最近は落札者とのトラブルが相次いでいます。「商品を送ったのに入金されない」「商品に文句をつけられて値引きせざるを得なくなった」などです。このようなトラブルを未然に防ぐためには、安易に利用しないほうがいいでしょう。

5.ゴルフクラブの処分に関してよくある質問

ゴルフクラブの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.シャフトが折れたり、ヘッドが壊れたりしているゴルフクラブの処分方法は?
A.破損してしまったゴルフクラブは買い取ってもらうことができませんが、自治体回収や不用品回収業者に依頼して処分することはできます。ただし、捨てる前に、ゴルフ保険が適用できるかチェックしてみてください。保証期間内であれば、ゴルフ用品補償で無償修理ができるかもしれません。また、ヘッド・シャフト単体で売ることができる可能性もあります。そのままゴミとして処分せずに、上記の方法を検討してみてはいかがでしょうか。

Q.無料で販売店に引き取ってもらうことはできるのか?
A.販売店の多くは、ゴルフクラブの無料回収を行っていません。新しいゴルフクラブに買い換える際、無料引き取りを期待する方が多いですが、あまり期待しないほうがいいでしょう。稀(まれ)に、古いゴルフクラブの回収を行っているところがあっても、回収が有料になる可能性があります。その場合は、いくらかかるのかチェックすることが大切です。

Q.おすすめの不用品回収業者は?
A.なるべく処分費用を抑えるためには、買取と回収を行っている業者を選ぶのがポイントです。そこで、不用品回収サービスはもちろんのこと買取も行っているダスト.東京 netをおすすめします。たとえ、ゴルフクラブが買取不可になったとしても処分してもらえるので安心です。また、大量の不用品でも出張回収が利用できるため、自分で運ぶ必要はありません。無料相談も受けつけているので、ぜひ1度お問い合わせください。

Q.高価買取のポイントは?
A.査定前に、ゴルフクラブの状態をチェックしつつ、汚れている部分をキレイにすることです。新品の状態に近いものほど、高く売れる可能性があります。また、セットとして購入した場合は、セットで売ったほうが高価買取が期待できるでしょう。セットものは最近人気が高く、ゴルフを始める方がそろえることもあるので中古市場の需要が高まっています。1本ずつ売るよりもセットで売るのも選択肢に入れるといいですよ。

Q.買取業者選びのポイントは?
A.最初に、古物商の許可を取得しているかホームページなどを確認してください。都道府県から許可を取得しておかなければ、買取業を行うことができません。そのため、古物商の許可証を掲示していない業者は、悪徳業者の可能性が高いと言えるでしょう。ほかにも、スタッフの対応や買取実績・口コミなどもチェックしてください。ポイントは、1社だけでなく複数の業者を比較することです。無料査定を比較することで、最も高値がついた業者で売ることができるでしょう。

まとめ

ゴルフクラブは、中古市場においても需要があるアイテムです。特に、人気ブランドで数が多く出まわっていないものは、買取専門店で高く買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。「まだ使えるのに捨てるのがもったいない」と感じている人は、1度査定に出してみてください。買い取ってもらえなかったものは、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品がまとめて処分できるため、手間と時間をかけずに処分可能です。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!