【決定版】洗濯機を処分・リサイクルしたい人へ!方法・コツを伝授

「古い洗濯機の処分はどうすれば良いのだろう」「洗濯機は粗大ごみとして出して問題ないのかな」など、洗濯機の処分はどのようにしたら良いかわからないという人が多いことでしょう。洗濯機は、家電の中でも大型ですし水を使うタイプですからね。そこで、今回は洗濯機の処分やリサイクルについて、必要な知識を解説しましょう。

  1. 洗濯機を処分するときの基礎知識
  2. 洗濯機のリサイクル料金を知ろう
  3. 洗濯機の処分を販売店やメーカーに依頼する方法
  4. 洗濯機をリサイクルショップへ売る方法
  5. 洗濯機の処分を回収業者に依頼する方法
  6. 洗濯機の処分でよくある質問にお答えします!

記事を読んだ後は、洗濯機の処分について無敵になりますよ。洗濯機の処分で後悔しないためにも、じっくり読んでくださいね。

1.洗濯機を処分するときの基礎知識

洗濯機を処分することになった皆さんの多くは、粗大ごみとして出すことを想像していたことでしょう。しかし、洗濯機は粗大ごみで出すことはできません。まずは、粗大ごみで出すことができない理由を確認し、家電リサイクル法についても学びましょう。

1-1.洗濯機を粗大ごみで出すことができない理由

洗濯機は、粗大ごみとして地方自治体に出すことができません。その理由は、家電リサイクル法という法律に指定があるからです。そのため、粗大ごみとして洗濯機を出すことは法律違反になることを覚えておきましょう。洗濯機を処分したいときは、適切な手段を取ることが義務となっているのです。

1-2.家電リサイクル法で指定のある家電は4品目

では、家電リサイクル法ではどんな種類が指定になっているのでしょうか。家電リサイクル法で指定のある家電とは、以下の種類となります。

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

家電リサイクル法で指定のある4品目については、基本として製造メーカーが回収の義務を負います。

1-3.家電リサイクル法を学ぼう

それでは、家電リサイクル法についてもう少し詳しく学ぶことにしましょうか。家電リサイクル法とは、貴重な資源をリサイクルする目的の法律です。メーカーは自社製品については、指定のある4品目について回収・リサイクルの義務があると覚えておいてください。法律違反になると、処分の対象となるので注意しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!