ややこしい粗大ゴミの処分・片付け方法を分かりやすく解説!

家具や家電の買い替えや引っ越しなどで、不要になった粗大ゴミの処分に困っていませんか? 自治体によってルールが違う粗大ゴミの扱いは、なかなか分かりにくいものです。リサイクルに関する法律も複数あり、よけいややこしさを増しています。しかし、廃棄物の不法投棄や環境汚染などが社会問題化する現代では、一人ひとりが正しい知識を持ってゴミの処分をする必要があるのです。そこで、この記事では、粗大ゴミの処分や片付け方法について分かりやすく紹介します。

  1. 粗大ゴミについて
  2. 粗大ゴミの片付け方
  3. 粗大ゴミの片付け、業者選びのポイント
  4. よくある質問

この記事を読むことで、粗大ゴミの正しい片付け方について知ることができます。自治会のルールに照らし合わせてぜひ活用してください。

1.粗大ゴミについて

粗大ゴミの規定は、実は自治体により微妙に違います。ここでは粗大ゴミについて基本的なことを理解しましょう。

1-1.たとえばこんなもの

粗大ゴミとは、家庭から出されるゴミのうち、通常のゴミ回収に出せない大型のものや素材が特殊で処理しにくいもののことです。大きさの規定は自治体ごとに異なります。たとえば東京23区内では、1辺がおおむね30cmを超えるものです。横浜市の場合には、一番長い辺が、金属製品で30cm以上、プラスチックや木製なら50cm以上のものが該当します。大きなものを解体し、30㎝以下のサイズにしても、粗大ゴミとして扱われるので注意が必要です。
具体的には、

  • 布団、カーペットなど繊維製品
  • 掃除機、扇風機などの家電製品
  • 自転車、三輪車など金属や硬質プラスチック製品
  • たんす、テーブルなど木製品

などです。アイロンやバイクのヘルメットなど、大きさに関わらず材質によって粗大ゴミとして扱う自治体もあります。

1-2.粗大ゴミと法律

法律では「粗大ゴミ」という規定はありません。ゴミの処理は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により定められており、家庭から出るゴミは、自治体ごとに回収品目や回収方法が決まっています。
また、リサイクル法の定めにより、粗大ゴミとして処分できないものもあるため注意が必要です。たとえば、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)によってリサイクルが義務付けられているため、粗大ゴミとして処分することはできません。また、「PCリサイクル法」によって、パソコン・ディスプレイはメーカーにより回収され、資源としてリサイクルされます。

1-3.捨て方の決まりごとについて

ゴミ出しの細かなルールは自治体により異なりますが、ほとんどの自治体で、粗大ゴミを回収に出すには、事前の申し込みと、品目に応じた手数料が必要です。回収品の大きさには規定があり、長さが180cm以上のものは回収してもらえないこともあるので気をつけてください。以下に、東京都港区を例にとって流れを説明しましょう。

  • 電話またはインターネットで申し込む
  • 区の粗大ゴミ処理券を購入し名前を記入する
  • 粗大ゴミ処理券を貼って収集日の午前8時までに指定の場所へ出す

処理券は、スーパー、コンビニなどで購入することができます。200円券と300円券があるので、手数料に合わせて必要な枚数用意しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!