布団の捨て方とは?自治体の処分方法・リサイクル・回収業者をご紹介

古くなった布団・使わなくなった布団・汚れた布団はありませんか?布団は家の収納を占領してしまいますよね。不用になった布団を処分して、すっきりした収納を取り戻したい。でも、布団はサイズが大きいだけに、捨てにくいと思うこともあるでしょう。
捨て方がわからないからそのまま放置しているけれど、何とかしたい。あなたの悩み、とてもよくわかります。
布団を通常のゴミとして扱えるのか、特別な処理が必要なのか、知っておかないと家の布団はいつまでも置くことになるでしょう。捨てる以外にも、リサイクルなど布団を再利用する動きも出ています。今回は、気になる布団の廃棄についてです。

  1. 布団を自分で捨てるには?
  2. 布団の処分を引っ越し業者に依頼する方法
  3. 販売業者に布団引き取りを依頼する方法
  4. 布団をリサイクルする方法
  5. 回収業者に布団引き取りを頼む方法
  6. 布団の処分でよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、布団をすっきり処分して、快適な環境を取り戻すことができますよ。ご自宅に溜(た)まった 布団を正しく捨てる知識を持つためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1.布団を自分で捨てるには?

布団って燃えるゴミになる?それとも粗大ゴミ?分別がわからなくてつまずく方が多いでしょう。布団は自治体のゴミ回収に出すことができるのです。ポイントをご紹介します。

1-1.自治体のゴミ回収を利用する

自分でゴミ集積所へ持ち込むことで、自治体のゴミ回収を利用して処分することができます。燃えるゴミ・粗大ゴミの区分は、大きさに左右されるため、コツを知っておくだけで通常の燃えるゴミとして扱うことができるのです。

1-1-1.布団が粗大ゴミに該当する場合

布団はサイズが大きいですよね。通常、燃えるゴミは1辺30cm以下または燃えるゴミ袋に入るものと規定されています。そのため、布団をそのまま捨てるとなるなら、粗大ゴミとして事前申し込みが必要です。

1-1-2.燃えるゴミとして布団を捨てるには?

サイズを小さくするなら、燃えるゴミとして捨てることができます。つまり、細かく裁断するということです。布団を切りわけ、燃えるゴミ袋に入れていきます。一度にたくさん出さず、少しずつ指定されたゴミの日に出すようにしてください。

1-2.自治体のルールで布団処分をするには?

燃えるゴミなら、切りわけて小さくし、燃えるゴミ袋に詰めて捨ててください。粗大ゴミは事前申込制ですので、決められた日時に粗大ゴミ処理券を貼り付けて出しましょう。粗大ゴミは、通常のゴミ集積所に出してはいけません。集合住宅の場合は、共有玄関の目立つ場所へ出しましょう。戸建て住宅の場合は、敷地内の目立つ場所へ置いてください。

1-3.自治体で布団を捨てる場合の手数料

布団のような大型ゴミは、粗大ゴミとして捨てるのが最も簡単です。粗大ゴミ手数料は、自治体ごとに定めていますので、事前に粗大ゴミ受付センターのホームページで確認しておきましょう。布団は200円と比較的安値で処分できますが、自治体によって粗大ゴミ手数料には幅があります。
細かく裁断し、燃えるゴミ袋に入れる捨て方は、燃えるゴミ袋購入費用だけです。

1-4.布団を自治体で処分する場合のメリット・デメリット

布団は大型ゴミのため、自治体のゴミ集積所へ持ち運ぶのに手間と労力が必要です。そのため、階段や段差などでつまずく危険も高まります。
裁断して燃えるゴミとして捨てるなら、1度にたくさん捨てることができないため、全部捨てるまでに時間がかかるデメリットもあるでしょう。
自治体で処分するメリットは、費用が最も安いということ。費用を抑えて処分したい方にはおすすめです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!