ワンルームをすっきり片付けたい! 片付け手順や収納のポイントを紹介

「ワンルームならではの片付け方法を知りたい」という人は多いでしょう。ワンルームだと収納スペースも狭いため、部屋にものがあふれてしまいがちです。収納が少なくてもすっきり片付けて居心地のよい部屋にするためには、一体どうすればよいのでしょうか。

この記事では、ワンルームが片付かない原因や片付けの手順・プロに依頼した場合の費用などをご紹介します。

  1. ワンルームが片付かないのはなぜ?
  2. ワンルームの片付けは不用品の処分から
  3. ワンルームを片付ける際のコツとポイント
  4. ワンルームの場所別片付け方法
  5. ワンルームの片付けを業者に依頼する方法も
  6. ワンルームの片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、ワンルームを上手に片付けるポイントや業者に依頼するべきケースなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ワンルームが片付かないのはなぜ?

ワンルームがなかなか片付かない理由は何なのでしょうか。ワンルームならではの悩みをまとめました。

1-1.収納に対してものが多い

ワンルームが片付かない最大の理由は、「収納に対してものが多すぎる」というものでしょう。ワンルームにもともと付いている収納スペースは狭く、十分にものを収納できない場合がほとんどです。収納スペースに収まりきらない量のものがあると、当然部屋にあふれ返ってしまいます。「収納のことを考えずについ買いすぎてしまう」という人は注意が必要でしょう。

1-2.ものの定位置が決まりにくい

ワンルームの場合、「食事の場所」「寝る場所」というように生活するスペースがはっきり区切られていないため、ものの定位置が決まりにくいという特徴もあります。ものの定位置が決まっていないと、出しっぱなしの状態になってしまいがちです。

1-3.片付けの習慣が身についていない

ワンルームに限った話ではありませんが、そもそも片付けの習慣が身についていないと、部屋は散らかります。特に一人暮らしだと家族のために部屋をきれいにする必要がないため、片付けがなかなか習慣化しにくいでしょう。「仕事が忙しくて片付ける時間がない」「散らかっていても気にならない」などの理由で片付けを後回しにしてしまいがちです。

2.ワンルームの片付けは不用品の処分から

ワンルームを片付けるにあたって「どこから手を付ければよいのか分からない」という人も多いでしょう。片付けの手順をまとめました。

2-1.まずは不要なものの処分から

部屋を片付ける際は、まず不要なものを処分します。ワンルームの収納スペースは狭いため、ものを減らすことから始めましょう。最初に、明らかにゴミだと分かるものや取っておく必要がないものなど、捨てやすいものから処分し、ある程度のスペースを確保してください。

2-2.「捨てる」「捨てない」のルールを作る

ものを減らすために、捨てるか捨てないかを判断するための自分なりのルールを作りましょう。たとえば、「1年以上使っていないもの」や「持っていたことも忘れていたもの」は、自分にとって必要のないものです。また、「いつか使うかもしれないもの」ものも、いつまでに使わなければ処分するか期限を決める・期限が定まらないものは捨てるなど、独自のルールを決めましょう。

2-3.ものを分類する

次に、捨てずに残すものを分類していきましょう。衣類・キッチン用品・書籍・DVD・雑貨というように、収納しやすいように分類してまとめておいてください。さらに、使用頻度別に分類しておくと片付けがスムーズにすすみます。

2-4.ものの定位置を決める

同じ種類のものは同じ場所に定位置を決め、収納していきましょう。何がどこに収納してあるか分からないと使い勝手が悪くなってしまうため、注意してください。ものの定位置を決めるポイントは「使う場所の近くに収納すること」です。使いたいときにすぐ取り出せてすぐしまえるようにしておくと、部屋が散らかりにくくなります。

3.ワンルームを片付ける際のコツとポイント

ワンルームを上手に片付けるためのコツやポイントをいくつかご紹介しましょう。

3-1.収納用品を先に買うのはNG

何をどこに収納するかを決めずに収納用品を買うのはおすすめできません。「収納したいものが入らない」「ちょうどよい置き場所がない」などの理由で、無駄になってしまう可能性があるからです。かさばる収納用品でさらに部屋が散らかってしまうことがないよう、サイズや置き場所をしっかり考えて選ぶようにしましょう。

3-2.片付けリストを作る

「どこからどうやって片付けたらよいのか分からない」という人は、事前に片付けリストを作成する方法がおすすめです。片付けたい箇所を細かくリストアップし、具体的な片付け内容をまとめておきましょう。時間がない場合は、一気に片付ける必要はありません。片付けたところからリストにチェックを入れていけば、達成感も得やすくなるでしょう。

3-3.ものを持ちすぎない

ものを減らすことも大切ですが、持ちすぎないように注意することも必要です。たとえば、ほしいものがあってもすぐ買わず、いったん冷静になって考える時間を作るとよいでしょう。それでもほしいと思ったものだけを買うようにしてください。また、「一つ買ったら一つ捨てる」というように、自分なりのルールを作るのもおすすめです。

3-4.必要であれば収納スペースを作る

どうしても収納スペースに入りきらない場合は、新たな収納を作り出しましょう。ベッドの下やタンスの上部など、デッドスペースを活用して収納すれば部屋が狭くなることもありません。壁面収納やすき間収納を取り入れるのもよいでしょう。

4.ワンルームの場所別片付け方法

ワンルームの片付けポイントを場所別にご紹介しましょう。

4-1.リビングは収納もできる家具を置いて空間を広く

リビングは生活スペースが少しでも広くなるように、収納できる家具を選ぶのがおすすめです。下に引き出しが付いていたり足元に収納空間があったりするベッドやソファーなどを選ぶとよいでしょう。また、ワンルームはLDKと寝室の間仕切りがないため、収納家具を使って間仕切りする方法もおすすめです。

4-2.ものが多いキッチンはデッドスペースを活用

特にものが多いキッチンは、デッドスペースができやすいのも特徴です。たとえば、ガスコンロ前の壁に金網を設置し、S字フックを取り付けて調理器具を引っかけるのもよいでしょう。上部に棚がある場合は、そこにラックを引っかけて調味料などを収納することも可能です。

4-3.玄関は上部の空(あ)いているスペースに棚を取り付けて

ワンルームだと下駄(げた)箱も小さいため、「靴が入りきらない」という悩みも多いでしょう。そんなときは、玄関扉の上部に突っ張り棒を使って棚を作り、新たな靴の収納場所を作るのがおすすめです。普段あまり履くことがない靴を収納しておくとよいでしょう。

4-4.お風呂場は空中収納を取り入れるのがおすすめ

狭いお風呂場は空中収納ですっきり見せましょう。壁に取り付けるタイプのディスペンサーを使ってシャンプーなどのボトル類を収納するのもおすすめです。また、浴槽の上部に突っ張り棒を設置し、バスチェアや洗面器をつるしておくと、空間を広く使えます。

4-5.クローゼットの空間を仕切って無駄なく収納

クローゼットや押し入れがある場合は、できるだけ中の空間を有効活用しましょう。洋服をハンガーにかけてポールにつるすと、下に空間が余るはずです。そこに衣装ケースを置き、たたんだ洋服を収納するとよいでしょう。衣装ケースは積み重ねて置けるタイプのものがおすすめです。また、突っ張り棒を使って2段目のハンガーラックを作る方法もあります。

5.ワンルームの片付けを業者に依頼する方法も

自分で片付けをするのが難しい場合は、業者に依頼するのも一つの方法です。業者に依頼するべきケースや費用についてご紹介しましょう。

5-1.不用品が大量にある場合におすすめ

処分する不用品が大量にある場合は、自分で片付けるのが大変です。一つ一つ分別して適切な処分方法を考えるには、非常に手間と時間がかかるでしょう。そんなときは、不用品回収業者を利用する方法もあります。電話1本で自宅まで不用品を回収に来てもらえるため、手間や時間をかけることなく部屋を片付けることが可能です。不用品の格安回収を行っている「ダスト.net東京」では、「カゴ車おまかせパック」を用意しています。みかん箱16箱分の不用品を12,000円で回収してもらえるため、ワンルームの片付けに最適です。

5-2.費用を比較して選ぶ

不用品の回収を業者に依頼した場合の費用については、不用品の量だけでなく業者ごとに違いがあります。そのため、数社に無料見積もりを依頼して比較して選ぶのがおすすめです。「ダスト.net東京」ではこちらから無料見積もりを受け付けているため、チェックしてみてください。

6.ワンルームの片付けに関するよくある質問

「ワンルームを片付けたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.本を本棚に並べて収納する際のポイントを教えてください。
A.大きくて重い本は下段、大きくて軽い本は上段、サイズの小さい本は中段に配置すると、見やすく取り出しやすくなるためおすすめです。

Q.部屋を片付けるために断捨離をしようと思います。断捨離にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
A.部屋がきれいになるだけでなく、無駄な買い物をしなくなるためお金がたまるようになります。また、部屋が清潔になることで身体的・精神的にも健康になれる点もメリットです。

Q.ワンルームのなので災害用の備蓄を収納しておく場所がありません。どうすればよいでしょうか?
A.普段から食材を多めにストックしておき、使った分だけ買い足していく「ローリングストック法」を取り入れることをおすすめします。この方法だと広い収納スペースは必要ないでしょう。

Q.賃貸でも可能な壁収納の方法を教えてください。
A.壁に穴を開ける必要がないディアウォールがおすすめです。突っ張り棒の要領で柱を設置し、飾り棚や壁面収納として自由自在に活用できます。

Q.悪質な不用品回収業者も存在するというのは本当ですか?
A.残念ながら存在します。一般廃棄物収集運搬業の許可を持たずに営業する違法業者などを利用すると、高額な料金をだまし取られる可能性もあるでしょう。業者選びは十分慎重に行ってください。

まとめ

ワンルームを片付けるポイントやアイデアなどをまとめてご紹介しました。ワンルームは部屋自体も収納スペースも狭い場合が多いため、ものが散らかりやすく悩んでいる人はたくさんいるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、ワンルームならではの片付け法を実践してみてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!