桐タンスなどの婚礼家具はどうする?リメイク・買取・処分をご紹介

結婚する際に婚礼家具と一緒に嫁入りしていた時代が去り、住宅の狭小化によって不用となるケースが増えています。住宅そのものにクローゼットや押し入れが設置され、大きな婚礼家具を置くと邪魔というのも背景にあるのです。婚礼家具は桐(きり)タンスが代表的ですが、処分するとなればどこへ依頼すればいいのだろう。タンスをリメイクして再利用することはできるの?数々の疑問が湧く気持ち、とてもよくわかります。

今回は、婚礼家具の処分方法やリサイクルについてご紹介です。

  1. 婚礼家具とは?
  2. 婚礼家具を処分したい場合
  3. 買い替えによる婚礼家具の処分
  4. 自治体に婚礼家具の回収を依頼する場合
  5. 婚礼家具のリサイクルをしたいなら?
  6. 婚礼家具の処分を回収業者に頼む場合
  7. 婚礼家具でよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、タンスなどの婚礼家具を適切に処分し、すっきりした新生活を送ることができるでしょう。処分方法に迷うこともなくなります。買取なども上手に活用し、無駄なく再利用することも大切です。

1.婚礼家具とは?

若い世代には、婚礼家具は身近なものではなくなってきています。晩婚や核家族化も進み、ひと昔前のような婚礼スタイルから変化しているためです。まず、婚礼家具の定義を知っておきましょう。

1-1.婚礼家具の定義

婚礼家具は、新婦が嫁入りに際して持参する家具を指します。新婦が用意するもので、古くから日本では花嫁が婚礼家具とともに嫁入りすることが慣習となっていました。

1-2.婚礼家具の種類

着物を収納する桐(きり)タンス・縦長にできている洋服ダンス・さまざまなものを収納できる整理ダンスです。加えて、鏡台を持参することもありました。

1-3.婚礼家具の歴史

婚礼家具は、300年前から始まったとの説があります。大正・昭和の時代は、婚礼家具を持って嫁入りすることがほとんどでした。結納で収める風習もあり、見栄えのいいものが好まれていた家具です。

1-4.婚礼家具の目的

婚礼家具は、結婚する娘へ親から贈られる祝いの品です。紅白で彩られた包装で届く「名古屋式」もあります。花嫁がやってくることを知らせるため、華やかな儀式のように新居周辺を回ってから納入する動きもありました。親の思いを込めて、立派な桐(きり)タンスが好まれていたのです。

1-5.婚礼家具の現状

住宅事情が昔とは大きく変わり、今では婚礼家具を持参するケースが減りました。生活スタイルの変化による影響もあります。狭い住宅でも使い勝手がいいように、クローゼットや押し入れを活用し、場所を取る婚礼家具が不用になってきているのです。現代の結婚事情には合わないとされ、近年では持参する花嫁は激減しています。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!