買い替えを検討している方向け! 洗濯機の正しい買い替え時期とは?

「洗濯機が古くなって故障しないか心配。そろそろ新しいものに買い替えたい」と考えておられる方、洗濯機を買い替えるのに適した時期を知っていますか。洗濯機は毎日の暮らしで欠かすことのできないものです。故障してから買い替えるのでは、洗濯ができず不便な生活を余儀なくされてしまいます。今回は、洗濯機の買い替えを検討中の方のために、洗濯機の正しい買い替え時期と選び方をご紹介しましょう。

  1. 洗濯機の正しい買い替え時期
  2. 洗濯機選びのポイント
  3. 古い洗濯機を処分する方法

1.洗濯機の正しい買い替え時期

いくら「故障する前に前倒しで買う」とはいっても、買い替えるのが早すぎてはもったいないことです。まずは、洗濯機を「買い替えても良い」と判断できる、平均的な寿命をご紹介しましょう。また、寿命が近くなると起きやすくなるよくある故障と、買い替えにベストな季節についてもご説明しますので、買い替えるタイミングの参考にしてください。

1-1.洗濯機の平均寿命は8年

洗濯機は、メーカーや製品の違いによらず、おおよその寿命は8年とされています。なぜ8年が寿命かというと、ほとんどのメーカーの「部品保有期間」が8年だからです。部品保有期間を過ぎると、洗濯機が故障したとしても修理のために交換する部品がありません。結果として、故障した洗濯機は捨てるしかなくなってしまうので、8年という期間が洗濯機の寿命となってしまうわけです。

1-2.洗濯機の寿命が近くなると起きる不具合

寿命が近づくと、洗濯機にはさまざまな不調が現れます。たとえば、脱水や乾燥といった機能が十分に働かなくなる、洗濯槽から水漏れが起きるようになる、といった現象です。このような不具合が現れたら、買い替えの時期だと判断していいでしょう。

一部の不具合は部品の交換によって対応することも可能ですが、致命的なのが洗濯や脱水が途中で勝手に停止してしまう不具合です。与えられた動作を最後まで実行できないのは、内部のコンピューター制御が正常に働いていない証拠。部品交換で対処するのは難しいので、買い替えるしかなくなってしまうでしょう。

1-3.縦式は5~8月、ドラム式は9~10月に買い替えよう

買い替えにベストなタイミングは、洗濯機のタイプによって異なります。一般的な縦型は5~8月、最近はやりのドラム式洗濯機は、9~10月に買い替えるのがいいでしょう。

なぜかというと、どちらの洗濯機もそれぞれ5~8月、9~10月にモデルチェンジが行われるからです。モデルチェンジに伴い、販売店では在庫を処分し、できるだけ新製品を置こうとする動きが活発化します。結果として、モデルチェンジが行われる時期の前後は、安価に冷蔵庫が売られることが多いのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!