衝動買いを抑える方法が知りたい!消費心理を把握して衝動買いを抑えよう!

いつの間にか部屋がものであふれてしまう人ほど、「衝動買い」をしてしまいます。
衝動買いで後悔したこともあるでしょう。
後悔しないため、できるだけ衝動買いを抑えなければなりません。
そこで、衝動買いをする消費心理や衝動買いを抑える方法、不用品の処分方法について説明します。
衝動買いを抑える方法が知りたい、部屋がものであふれている人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 衝動買いをする消費心理
  2. 衝動買いを抑える方法
  3. 不用品の処分方法について
  4. まとめ

1.衝動買いをする消費心理

なぜ衝動買いをしてしまうのでしょうか。
いけないとわかっていても、衝動買いをしてしまうことはあります。
衝動買いを抑えるためにも、消費心理について把握しておきましょう。
自分自身を見つめなおすことも大切なポイントになりますよ。

1‐1.テンションがあがっているとき

衝動買いとは、予定のなかったものを衝動的に買ってしまうことです。
「セール」や「割り引き」という文字を見ると「買わなきゃ」と思いますよね。
気分が高揚している、テンションがあがっているときは衝動買いしやすいのです。
心理において「気分一致効果」といいます。
「いつか必要になるから買っておこう」「ちょっと高いけれど運命を感じる」など、気分によって衝動買いをしてしまうのですね。
セールや割り引きは“期間限定”になっているケースが多いでしょう。
時間制限があると「今買わなきゃ」という意識が芽生えてしまうのです。テンションがあがっているからこそ、衝動買いには気をつけなければなりません。

1‐2.自分の価値をあげたい

衝動買いをする消費心理には「自分の価値をあげたい」気持ちが当てはまります。
自分の価値があがるようなブランド品など、つい手に入れてしまいたくなるのです。「自分の価値をあげたい」という心理が働いたとき、人によってさまざまな理由があります。
たとえば、仕事で嫌なことがあった、不当な扱いを受けた、理想と現実の自分が違うなどの理由によって心理が働くのです。
ストレスがたまるとショッピングをする女性が多いでしょう。
ショッピングでストレス解消をするのは、「自分の価値をあげたい」気持ちが奥底にあるからだといわれています。
買う予定がなくても運命的な商品に出会うとつい買いたい気持ちがあふれてくるのです。

1‐3.「正当な理由」をつけて衝動買いをする

衝動買いをする人は「正当な理由」をつけています。
買ったときは満足していても後でじっくり考えてみてください。
「やっぱり買わなきゃ良かった」「必要ないものだった」と後悔するときが多いでしょう。
衝動買いをするときは後のことを考えず、「正当な理由」をつけて買ってしまうものです。後悔することになるとは一切考えません。
正当な理由は人によってさまざまでしょう。
「限定品だから」「今しか安い値段で手に入らない」「残り少ない」「自分へのごほうびとして」など、理由は本当にさまざまです。
正当な理由をつけることで衝動買いを正しい行動だと認識しています。
このように、消費心理は人によってさまざまでしょう。
自分はどのような気持ちから衝動買いをするのか、ぜひ自分自身を見直してみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!