収納にもテクニックがある? 収納の基本と考え方を学ぼう!

気がつくと乱雑に放置される洋服や漫画本……気がつけば部屋の中がぐちゃぐちゃになってしまっている、という方も多いことでしょう。散らかった部屋はホコリがたまりやすくなり、衛生的によくありません。

そこで、今回は収納の基本についてご紹介します。お部屋をしっかりと整理整頓して、広々とした快適な生活を手に入れましょう!

目次

  1. 収納の基本について学ぼう
  2. 場所ごとの収納テクニックについて
  3. 部屋を散らかさないための考え方

1.収納の基本について学ぼう

1-1.必要なものと不要なものに選別する

収納の基本においてまずやらなければいけないことは、必要なものと不要なものの選別です。これを行っておかないと、無駄なものを収納することとなり、スペースが圧迫されてしまって収納効果が半減してしまいます。

必要なものと不要なものの選別基準についてですが、1番分かりやすいのは使っているか使っていないかでしょう。たとえば、衝動買いしてしまったダイエット器具や便利グッズなどは、購入当初は使ってみたもののすぐに飽きて使わなくなってしまうことも珍しくありません。だいたい3か月以上使わないものは捨ててしまってください。

購入額が高かったものは処分にちゅうちょしがちですが、結局使わなければそれはただの障害物でしかありません。きっぱりと処分してしまいましょう。どうしても処分したくない場合は、ネットオークションやリサイクルショップを利用して売却を試みるのも1つの手ですよ。

1-2.収納物を減らそう

必要なものと不要なものの選別が終わったら、次は減らすという課程です。どんなに収納の方法を工夫しても、部屋が広くなるわけではありません。ある一定のキャパシティというのが必ずあり、それ以上にものがある場合はいくらがんばっても収納しきるのは不可能なのです。

ですから、収納することが可能なぐらいにまで不要なものは処分する必要があります。処分する上で大事なのは、なるべくかさばるものを捨てることです。たとえば古い布団や使わなくなった学習机、積み上がった雑誌や古本、古いゲームソフト、コンポなどのオーディオ機器などが挙げられるでしょう。

特に、雑誌や本は非常に場所をとります。もったいないと感じるかもしれませんが、この際きっぱりと捨ててください。特に雑誌の場合、大きい上に厚みがあることも多いので積極的の処分の候補へ入れましょう。

1-3.分類作業をしよう

分類作業というのは、書籍類、服飾類、食器類、掃除器具類……などのようにある程度の大きな分類に分ける作業のことをいいます。この作業を行わず適当に収納すると、後でどこに何をしまっていたのかが分からなくなって困ったことになってしまうので必ず行いましょう。また、考えなしの収納を行うと、収納物を取り出す際にほかの収納物が邪魔になったりもしますよ。

1-4.適切な場所に収納する

分類作業が終わったら最後に収納する作業に入ります。収納作業はしっかり行わないと利便性を下げることになるでしょう。適切な収納場所へ収納してください。

収納する際に利用するボックスには、分類ごとのシールなどを貼るなどして(ガムテープにマジックで書くなど)一目でそこに何が入っているのかが分かるようにしましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!