【保存版】退去時になぜ掃除をする? 原状回復のカラクリを徹底解説

退去時の掃除を気にされる方は「敷金返還」を心配されているのでしょう。もちろん、間違いではありません。部屋をきれいにしておけば退去時に確認されても印象がよく、かつ敷金返却につながることも見込めます。引越し資金に回すこともできるでしょう。ですが、どこまで掃除すればよいのか正しく理解できている方は少ないと思います。

そこで、「原状回復」にまつわる退去時の掃除について記事にまとめてみました。

  1. 賃貸物件における「退去時の掃除」について
  2. 原状回復とは?
  3. 退去時のトラブルについて
  4. プロに頼んだ方がよい掃除は?
  5. 退去時の掃除にかかわるよくある質問
  6. まとめ

賃貸の契約書に記されている「原状回復の義務」とはどういうことなのか? 不明確な貸主・借主の領分についても解説しますので、記事を読むことで不安が軽減されることでしょう。これから部屋を借りるという方も、ぜひご覧ください。

1.賃貸物件における「退去時の掃除」について

そもそもなぜ退去時に掃除する必要があるのか? この項では原状回復のカラクリに一歩足を踏み込み、敷金についても解説していきます。

1-1.定義

普段から掃除が行き届いているなら、退去時に気張る必要はありません。誤解されがちですが、掃除は必ずしなくてはいけないものではないのです。ただ、「入居時」と「退去時」の状態を比べて悪化しており、原因が借主にあると判断されると原状回復を怠っていると見なされます。当然ながら、敷金は返還されません。

そのため、確認の意味も込めて、一度きれいに掃除することが好ましいでしょう。どこがどう汚れ、自分に非があるのか否かを判断できます。少しの手間で修繕できた傷が原因で「敷金が返還されない」というのは避けるべきです。

1-2.必要性

退去時に掃除をする理由は「敷金返還」が第一に挙げられるでしょう。移動した家具の位置にホコリが積もったままだと、どこかしこに「問題があるのでは?」と確認が厳しくなります。

賃貸では入居者が出ていくとハウスクリーニングは必ずおこなわれますが、汚れていれば清掃費も割高になりかねません。借主の負担ではないにしろ、借りたものはきれいにして返すのが礼儀というものです。気持ちの問題ですが、今まで住んだ部屋に別れを告げる意味でも掃除はしておきましょう。

1-3.借主の義務? 貸主の義務?

退去時に掃除をするとき、気になるのがどこまできれいにすればよいのかということでしょう。基本は「事前の契約」で決められているはずです。場合によっては貸主・借主の領分が明確に記されていると思います。

東京都では「通常の生活で損耗してしまう部分」にかんしては貸主の負担とされていると覚えておいてください。簡単なものですと電球の交換が挙げられるでしょう。

なお、上記の「通常生活」に当てはまらないのは、

  • ペット可能物件ではないが、犬・猫を飼い柱に引っかき傷が付いている
  • キッチン回りに油が飛びはねても気にしない
  • 雨漏りがあっても放置してクロスにカビが発生している
  • 風が入ってこないにしろ窓にヒビが入ったまま無視されている
  • 壁の縁でいつも懸垂をしていて亀裂が走っている

などという「明らかに管理を怠っているケース」が該当します。

1-4.敷金について

敷金は「保証金のようなもの」という認識を持った方がよいでしょう。ホテルに宿泊する際にクレジットカードなどで支払うデポジットと同じ要領となります。ですから、通常は退去時に返還されて「当たり前」ということです。

なお、敷金の使い道は、

  • 家賃の滞納
  • 入居者が出る際にダメージを受けている部屋を修復する

といった事柄に自動で宛(あて)がわれるシステムになっています。退去時には引越し資金などで費用がかさむものです。そのため、事前に貸主がある程度のお金を借主から預かっていないと、もし壁が砕けていても「支払えない」といった問題が発生しかねません。つまり、貸主が一方的に損をすることがないよう採用されたデポジットということです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!