扇風機のおすすめ処分方法を紹介!ゴミ分類や高価買取のポイントも!

「扇風機の処分方法が分からない」という人は多いでしょう。夏に重宝する扇風機ですが、年々新しい機能が搭載されたものが発売されているため、買い替えを検討することもあると思います。また、「壊れてしまった」「エアコンを購入したのでもう必要なくなった」という理由で処分することもあるでしょう。

この記事では、扇風機のゴミ分類や処分方法・買取に出す方法などを詳しくご紹介します。

  1. 扇風機は何ゴミに分類されるのか?
  2. 扇風機を自治体の回収で処分する方法
  3. 扇風機を自治体以外の方法で処分する場合
  4. 扇風機を買取に出すには?
  5. 扇風機を高価買取してもらうコツ3つ
  6. 扇風機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、扇風機を手間なく処分する方法や、買取対象になる条件などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.扇風機は何ゴミに分類されるのか?

まずは、扇風機のゴミ分類について解説しましょう。

1-1.粗大ゴミになる自治体が多い

扇風機は粗大ゴミとして捨てられる自治体がほとんどです。ただし、小型の卓上扇風機や、扇風機を小さく分解できる場合などは、不燃ゴミ扱いになる自治体もあります。どのようなルールになっているかは自治体によって異なるため、必ず事前に確認しておきましょう。

1-2.小型家電として回収している自治体もある

扇風機は小型家電リサイクル法の対象になるため、小型家電として無料回収している自治体もあります。扇風機に含まれる資源を再利用するのが目的です。この場合の回収方法は自治体によって異なるため、確認しておきましょう。また、自治体によって小型家電リサイクル法の対象品目にも違いがあります。扇風機を小型家電として回収しているか、自治体のホームページなどで調べておくとよいでしょう。

2.扇風機を自治体の回収で処分する方法

自治体による回収を利用して扇風機を処分する方法についてまとめました。

2-1.粗大ゴミとして捨てる場合

扇風機が粗大ゴミに分類されている場合、まずは役所の窓口に回収の申し込みをする必要があります。その際、回収日時と回収場所・料金を確認してください。料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、扇風機の目立つ場所に貼りましょう。指定された回収日の朝に、回収場所に扇風機を持っていってください。

2-2.小型家電として捨てる場合

前述したように小型家電の回収方法は自治体によって異なりますが、一般的には回収ボックスに投かんする形で回収している自治体が多くなっています。回収ボックスは市役所や区役所などの公共施設・大型スーパー・大型家電量販店などに設置されており、具体的な場所はこちらから検索可能です。事前の申し込みや連絡は不要で、投かん口に入れるだけで無料回収してもらえます。

3.扇風機を自治体以外の方法で処分する場合

扇風機の処分方法には、ほかにも以下のようなものがあります。

3-1.販売店に引き取ってもらう

扇風機を販売している家電量販店などに、引き取りを依頼できる場合もあります。回収は有料の場合がほとんどですが、新しい扇風機の購入を条件に下取りしてもらえることもあるため、確認してみるとよいでしょう。ただし、このようなサービスを行っていない販売店も多いため、持ち込む前に電話などで問い合わせておくことをおすすめします。

3-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼すれば、希望の日時に自宅まで回収に来てもらえます。ただし、扇風機1台だけの回収を依頼するのは現実的ではないため、ほかにも不用品が多数ある場合に利用するのがおすすめです。状態によっては不用品を買取してくれる業者もあるため、処分費用を抑えられる可能性もあるでしょう。

3-3.売る

比較的状態のよい扇風機であれば、売るという選択肢もあります。不要になった扇風機を処分してお金がもらえるのは、大きなメリットですよね。発売から5年以内で正常に動作するものであれば、買取対象になる可能性は十分にあるでしょう。

4.扇風機を買取に出すには?

扇風機を買取に出す方法をご紹介しましょう。

4-1.リサイクルショップ

まずは、リサイクルショップに買取してもらう方法です。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人は持ち込んでみるとよいでしょう。ただし、一般的なリサイクルショップは家電の買取に特化しているわけではないため、買取金額はさほど期待できません。「少しでもお金になればよいので売りたい」という人におすすめです。

4-2.家電買取業者

もともとの値段が高い有名メーカーの扇風機や高性能な扇風機の場合は、家電買取業者を利用するのがおすすめです。家電の価値が分かる査定員がいるため、適切な価格で買取してもらえるでしょう。また、宅配買取や出張買取に対応している業者が多いので、自分に合った方法を選択できるのもメリットです。

4-3.ネットオークションやフリマアプリ

ネットオークションやフリマアプリに出品する方法もあります。利用者が非常に多いため、買い手が見つかる可能性は十分にあるでしょう。うまくいけば高額で売れることも期待できます。ただし、いつ売れるか分からないこと・こん包や発送の手間がかかることなど、デメリットもあるということを覚えておきましょう。

5.扇風機を高価買取してもらうコツ3つ

扇風機を少しでも高く買取してもらうためのコツをご紹介します。

5-1.買取相場を把握しておく

扇風機の買取金額はショップや業者によって異なるため、事前に大まかな相場を把握しておくことが大切です。相場を知らないままだと、提示された買取金額が高いのか安いのかも分からず、損をしてしまう可能性があります。扇風機の買取相場を調べるには、複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較するとよいでしょう。

5-2.できるだけ早く売る

扇風機に限らず、家電はできるだけ早く売ることが高価買取のポイントになります。家電は中古市場での寿命が短く、発売から時間がたつほどその価値が下がってしまうのです。不要になったらすぐ買取に出すことを検討しましょう。

5-3.きれいに掃除し、付属品をそろえておく

できるだけ新品に近い状態にしておくことも重要です。扇風機をすみずみまで掃除し、汚れや傷が目立たない状態にしておきましょう。また、説明書や外箱などの付属品がそろっていると、買取価格はさらにアップします。

6.扇風機の処分に関するよくある質問

「扇風機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.扇風機の寿命はどのくらいでしょうか?
A.使用する頻度や環境・メンテナンスの仕方にもよりますが、一般的には8年前後といわれています。

Q.扇風機を処分すべき症状にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.羽根が回転しない・異音や異臭がする・動きがおかしい・振動するなどの症状は、寿命が近いサインです。

Q.扇風機を粗大ゴミとして捨てる場合の費用はどのくらいでしょうか?
A.自治体によって違いはありますが、200~400円前後が平均です。

Q.高価買取が期待できる扇風機のメーカーを教えてください。
A.シャープや日立・ダイソン・バルミューダなどの扇風機は、中古市場でも人気があります。

Q.無料の不用品回収業者は利用しないほうがよいでしょうか?
A.無料の業者がすべて悪徳業者というわけではありませんが、無料で回収できる理由をきちんと説明できないようであれば、利用しないことをおすすめします。

まとめ

扇風機のゴミ分類や処分方法・買取に出す際のポイントなどを詳しくご紹介しました。「処分方法が分からなくてそのままにしてある」という扇風機は、ご自宅にありませんか? 方法によってはお得に処分することも可能なので、ぜひこの記事を参考にしてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。