スプレー缶の捨て方とガス抜きをする際の注意点〜捨てる前の準備〜

最近、スプレー缶の処分方法を誤ったことによる爆発や火災などのトラブルが発生しています。「どうすれば正しく処分できるんだろう?」「適切な捨て方は?」と悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。特に、中身が入ったスプレー缶を処分する際は十分に注意しなければなりません。

本記事では、スプレー缶の処分方法や注意点などについて解説します。

  1. スプレー缶のゴミ出しルールは?
  2. スプレー缶でよくある事故は?
  3. スプレー缶を捨てる前に確認すること
  4. スプレー缶を捨てる方法と注意点
  5. スプレー缶の捨て方に関してよくある質問

この記事を読むことで、スプレー缶の正しい捨て方と注意点が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.スプレー缶のゴミ出しルールは?

まずは、スプレー缶の一般的なゴミ出しルールをチェックしておきましょう。

1-1.中身を使い切ってから捨てるのが基本

スプレー缶の捨て方で押さえておきたい基本は、必ず中身を使い切ってから処分することです。ゴミの分別や捨て方は自治体によって少しずつルールが異なりますが、スプレー缶に関しては中身を使い切って捨てることが共通事項になっています。中身を使い切って捨てることは基本中の基本なので、しっかり守るように心がけてください。どうしても中身を使い切るまでに処分したい場合は自分で中身を抜く方法がありますが、中身を抜く際は十分に注意しなければなりません。後ほど、【4.スプレー缶を捨てる前の準備と注意点】で具体的な方法を説明するのでぜひチェックしてください。

1-2.そのままもしくは穴をあけてゴミ出し

中身を使い切った後、スプレー缶をそのまま捨てるか、缶に穴をあけてゴミ出しするの自治体によってルールが異なります。たとえば、東京・大田区の場合は、使い切った後にそのまま中身の見える袋に入れて処分するのがルールです。自治体によって、スプレー缶の分別方法だけでなく使用するゴミ袋にも違いがあるので気をつけてください。ほとんどの自治体は穴をあけずにそのままゴミ袋に入れるよう指示していますが、念のため自治体のホームページ等で確認することをおすすめします。

1-3.資源ゴミ・不燃ゴミ・小型金属類などゴミの分別もさまざま

スプレー缶のゴミ出しルールで必ずチェックしてほしいのが、お住まいの地域が何ゴミに分類しているのかです。ほとんどの自治体では、スプレー缶を資源ゴミまたは不燃ゴミ扱いにしていますが、有害ゴミ・小型金属類・火災危険物・発火性危険物などさまざまな分別方法があります。整髪料・消臭剤・塗料・殺虫剤・カセットボンベなどさまざまな種類のスプレー缶が使われているからこそ、どの種類がどのゴミに分類されるのか確認が必要です。

2.スプレー缶でよくある事故は?

スプレー缶を捨てる前に、よくある事故をチェックしておきましょう。どのような事故が起きているのか把握しておけば、どれだけ危険なことなのか十分に気をつけて作業できるはずです。

2-1.よく起きているのは引火・爆発事故

スプレー缶による事故でよく起きているのは、引火・爆発事故です。たとえば、2018年に北海道でスプレー缶による爆発事故が発生しました。原因は室内でスプレー缶のガスを抜いた後にガス湯沸かし器を点火したからではないかと言われています。スプレー缶のガスを抜いた後の部屋はガスで充満しているため、火の気がある場所では絶対にガス抜きをしてはいけません。北海道の事件はスプレー缶が120本もあったため、大爆発になってしまいました。幸いにも死亡者はいませんでしたが、死者を出す可能性は十分に考えられた爆発事故と言えます。

2-2.収集車からの出火事故も増えている

スプレー缶のガス抜きをしている最中に点火・爆発する事故がほとんどですが、収集車から出火する事故も増えています。2019年1月に上田市で不燃ゴミの収集作業をしていた収集車から出火した事故が起きました。ゴミの中に含まれていたスプレー缶が出火の原因だったそうです。きちんとスプレー缶の中身を抜き出していなかったこと・ゴミの分別をしていなかったことが原因となって収集車の出火につながります。

2-3.スプレー缶は引火しやすい

日常で頻繁に使用されているスプレー缶は、可燃性のガスが含まれています。使用方法や処分方法を誤るだけで簡単に引火・爆発しやすいことをきちんと把握しておかなければなりません。スプレー缶による火災で負傷者も発生しているため、各自治体ではホームページ等で注意喚起を促しています。スプレー缶による火災を防ぐためには、きちんと捨てる前に注意点などを確認しておかなければなりません。

3.スプレー缶を捨てる前に確認すること

ここでは、スプレー缶を捨てる前に確認すべきことを紹介します。

3-1.中身が入っていないか必ず確認する

必ず確認してほしいことが、スプレー缶の中身が入っているか入っていないかの確認です。前述したように、スプレー缶の中身が入ったまま処分してしまうと火災・爆発事故の原因になります。安全に捨てるためには、きちんと使い切ったことを確認してから処分しなければなりません。中身を使い切るまで使い続けることが理想ですが、どうしても処分したい場合はガス抜きを行ってから処分する必要があります。

3-2.自治体のゴミの分類や処分ルールを確認する

スプレー缶を捨てる前に、ゴミの分類や処分ルールを自治体のホームページまたは掲示板などで確認することも大切です。きちんと確認しておかなければ、間違った方法で捨ててしまい火災・爆発のきっかけになります。死人が出てしまえば取り返しのつかない状態になるので、スプレー缶を捨てる前に必ず確認してください。ホームページや掲示板を確認しても分からない場合は、窓口に直接尋ねることをおすすめします。

3-3.作業場所を確保する

自分で中身が入っているスプレー缶を処分する場合、ガス抜きの作業を行わなければなりません。ガス抜きをするためには、屋内ではなく必ず屋外の十分なスペースを確保する必要があります。スプレー缶を処分する前に、作業場所が確保できるか確認してください。また、作業場所を選ぶ上で注意してほしいのが、火気のない場所・風とおしのいい場所にすることです。スプレー缶に含まれるLPガスやDME(ジメチルエーテル)は引火性があり、空気より重く下にたまる性質を持っています。そのため、室内や火気がある場所などでは絶対にガス抜きをしないでください。

3-4.ガス抜きに必要な道具を用意する

スプレー缶のガスを抜くためには、必要な道具を準備しなければなりません。主に必要な道具は以下のとおりです。

  • バケツ
  • トイレットペーパー
  • ゴミ袋

また、スプレー缶に穴をあける場合は、スプレーパンチやガス抜きグッズなどを用意しておくとスムーズに穴をあけることができます。なお、汚れても大丈夫な服装や引火しにくい素材などを着用することも安全対策になるでしょう。

4.スプレー缶を捨てる方法と注意点

それでは、スプレー缶を捨てる方法と注意点について解説します。

4-1.中身をすべて出す手順

スプレー缶の中身を自分で出したいときは、以下の手順を参考にしてください。

  1. バケツにビニール袋をかぶせて、ビニール袋の中にトイレットペーパーを入れる
  2. スプレー缶をトイレットペーパーに押しつけるようにして中身を噴射する
  3. スプレー缶の中身がなくなるまで噴射し、必ずスプレー缶を振って音がしないか確かめる
  4. 中身を出し切った後、ゴミ袋は数分間そのまま放置する
  5. ガスが抜けきったら袋をしばり、燃えるゴミの日に出して完了

スプレー缶を振ってシャカシャカ音がするうちは、まだ中身が残っている証拠です。音が出なくなるまで必ず噴射して出し切るようにしてください。だいたい、中身を出し切るまでにかかる時間は未使用の450mlスプレー缶で約8分でしょう。また、中身を出し切った後は袋の中に可燃性ガスがたまっているので、ガスが抜けるまで放置することが大切です。

4-2.ガス抜きキャップがついている場合のガス抜き

スプレー缶の中には、ガス抜きキャップがついているタイプがあります。ガス抜きキャップがついている場合は、簡単に中身を排出する機能がついているので安心してください。主な方法は、10円硬貨と同サイズのコインをボタン上部のガイド下に差し込みガスを抜くという方法です。ガス抜きキャップがついていても、必ず火気のない屋外で人や植物等にかからないように行ってください。また、ガス抜きキャップでも商品によってやり方が変わるケースがあります。スプレー缶にやり方が記載されているので、必ず確認してから作業に入りましょう。

4-3.グッズを活用してスプレー缶に穴をあける

自分で穴をあける場合は、グッズの活用をおすすめします。たとえば、缶用穴あけ器としてのスプレーパンチはテコの原理を利用して力を入れなくても穴をあけることが可能です。ガスを出し切ってから使うのが基本ですが、針が体の反対側になるように持ちましょう。また、足で踏むだけで簡単に穴をあけるグッズもあります。顔から離して使うことができるため、スプレー缶の中身が顔にかかる心配がありません。100均ショップやホームセンター等で購入できるのでぜひチェックしてみてください。

4-4.自分でするのが不安な方は不用品回収業者に依頼しよう

自分でスプレー缶を処分したり、穴をあけたりするのが不安な方は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者の中には、スプレー缶の回収を行っているところがあります。回収業者に依頼すれば、自分で中身を取り出したり穴をあけたりする必要がありません。時間と手間をかけることなく処分できるのが大きなメリットです。ただし、処分費用がかかるので、無料見積もりで確認する必要があります。

5.スプレー缶の捨て方に関してよくある質問

スプレー缶の捨て方でよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.中身が入ったまま処分するとどうなるのか?
A.火災・爆発の危険性が高まります。中身をしっかりと出し切ってから処分するのはもちろんのこと、スプレー缶は長期保管ができるので1年に1度は見直しをすることが大切です。特に、ガスボンベ類はアウトドアで使うことが多く、長期保管をする方が多いでしょう。災害時の備蓄用として需要が高まっているため、定期的な見直しを心がけてください。

Q.スプレー缶による火災の防止策は?
A.火の気のある場所では使用しない・たき火や焼却火の中に投げこまないなどがあります。また、保管する場合は火の気や暖房器具の近くなど高温となる場所には置かないようにしてください。直射日光に当たる場所や車内もNGです。中身が入っていると直射日光で熱が伝わり、火災・爆発につながる恐れがあるので注意しましょう。

Q.大量のスプレー缶を処分する際の注意点は?
A.自治体のホームページにも記載されていますが、大量のスプレー缶を処分する場合は問い合わせて処分方法を確認する必要があります。大量のスプレー缶を一度に処分したり、ガス抜きをしたりしてしまうと火災・爆発につながる恐れがあるからです。自分で勝手に判断して処分しないように気をつけてください。

Q.ガス抜きを待っている間に絶対やってはいけないことは?
A.ガス抜きの間にタバコを吸うことです。ガスが抜けるのを待っている間に、同じ場所でタバコを吸ってひと息つこうとする方がいます。タバコを吸ってしまうと残っている可燃性ガスに引火して爆発する恐れがあるので要注意です。気をつけていても無意識にタバコに手が伸びる人もいるので、吸わないように意識しましょう。タバコを吸うときは、別の場所で吸うことをおすすめします。

Q.不用品回収業者の選び方は?
A.産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか・スタッフが丁寧かつスピーディーな対応をしてくれるか・見積書の内容が細かく記載されているかなどを確認してください。不用品回収や買取を行っているダスト.net 東京では、即日対応も可能です。無料見積もりや無料相談も行っているのでぜひ1度お問い合わせください。

まとめ

スプレー缶を間違った方法で処分してしまうと、火災・爆発の危険が高まります。基本的に、必ず中身を使い切ってから処分しなければなりません。ゴミの分類や処分ルールは自治体によって異なるため、事前に確認する必要があります。大量のスプレー缶がある・自分で処分するのが怖いという方は、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。できるだけ、回収実績がある業者を選んでください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。