小物を収納するコツは? 分類力を身につけるポイントをチェック!

「部屋をきれいにしたいけれど、整理整頓が苦手…」という人は多いでしょう。整理整頓が苦手な人にとって、部屋の片付けは苦痛なはず。しかし、いつでも人を呼ぶことができるスッキリとした部屋を手に入れたいと思いますよね。整理整頓は、コツさえ分かれば簡単にできるのです。最近は「分類力」という言葉をよく耳にするようになりました。ものを分類する力を身につけることで、上手に整理整頓ができるようになるでしょう。

今回は、小物を分類して収納するときのコツをご紹介します。「小物が多すぎて部屋が散らかる」「小物を分類して収納したい」「分類するときのポイントは?」そんな人たちのために、分類して収納することのメリットやコツをまとめてみたいと思います。

  1. 分類して収納するメリット
  2. 小物を分類して収納するときのポイント
  3. 分類ついでに物を減らす
不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.分類して収納するメリット

いつの間にか増えてしまったアクセサリーや文房具など。小物を分類して収納することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

1-1.物を見つけやすくなる

たくさんの小物を適当に収納しておくとどうなるでしょう。「どこに何があるのか分からない」という事態が起こります。欲しいときに見つけることができないため、また同じようなものを購入してしまいがちです。そして、その結果、どんどんものが増えていってしまうでしょう。ものが増えた部屋は、余計に散らかりやすくなります。

整理整頓どころではなくなってしまうでしょう。小物を分類して収納しておくことで、そのような事態は起こらなくなります。何がどこにしまってあるか分かっているため「使いたいときに見つからない」ということがなくなるのです。

1-2.収納スペースを増やすことができる

小物は増えると場所をとります。あちこちに小物が散らかっていると、部屋は雑然として見えてしまうでしょう。そして、ほかのものを収納するスペースまでなくなってしまいます。小物を分類して収納するということは、決まった場所に小物の置き場所ができるということ。今まで散らかっていた小物がなくなる分、ほかのものを収納するスペースを増やすことができるでしょう。

1-3.部屋が散らかりにくくなる

小物に限らず、物の定位置が決まるということは、部屋が散らかりにくくなるということです。「使った後はここにしまう」というルールが決まっていれば部屋は散らかりません。しまう場所が決まっていないから、部屋は散らかるのです。

分類して収納するメリットはいろいろあるんですね。
はい。ぜひ収納方法としてマスターしましょう。

2.小物を分類して収納するときのポイント

小物を分類して収納するにはコツが必要です。収納する際のポイントをご紹介します。

2-1.同じ用途のものを分類する

まずは、「どのように分類するか」という問題です。自分がその小物を使うときのことを考えてみましょう。同じ用途のものを同じ場所に収納しておくと大変便利ですよね。

たとえば、以下のような分類の仕方があります。

  • テレビやDVD、エアコンなどのリモコン類
  • 爪切りや綿棒、ばんそうこう、頭痛薬などの衛生用品や薬
  • ハサミやセロハンテープ、ボンドなどの文房具
  • 指輪やネックレス、ピアスなどのアクセサリー類

2-2.収納グッズを利用して「見せる収納」を

さまざまな収納グッズを利用することで小物をオシャレに収納することも可能です。たとえば、ノートや封筒、書類などのペーパー類は、透明のアクリル板に立てて収納すると便利でしょう。取り出しやすくしまいやすいため、散らかる心配もありません。

100円ショップに売っているミニバケツを利用してペン立てにするのもオシャレですよね。ふたを外した瓶を横にして文房具入れにしてみてください。かわいらしく収納することができます。

2-3.使う場所に置く

小物はどこに置いたか分からなくなりやすいため「使う場所に置く」のが鉄則です。たとえば、リビングの場合だと、実際に作業するのはテーブルの上。収納するなら、そのすぐそばがよいでしょう。「取り出しやすく、片付けやすい場所」に置くのがベストです。そうすることで、使った後に片付けるのが面倒になりにくいでしょう。

使うものごとに分けて収納するのがポイントなんですね。
はい。また、収納グッズをうまく活用しましょう。

3.分類ついでに量を減らす

小物を分類して収納する方法に成功するためには、量を減らすことも大切です。収納するものが少なくなれば、スムーズに収納することができるようになるでしょう。分類するついでに、減らしていきましょう。

2-1.処分する物を決める

まずは、残すか捨てるかを決めていきます。すべての小物を「毎日使うもの」「時々使うもの」「あまり使わないもの」「全く使わないもの」に仕分けしてください。「あまり使わないもの」と「全く使わないもの」に関しては、処分しても問題ないでしょう。あなたにとって不要なものであると考えてください。

もし、処分するかどうか迷うものがあったら、一時的に残しておきましょう。迷っていると分類に時間がかかり、途中で面倒になってしまいます。処分するかどうかは、後で冷静になってから考えましょう。

2-2.処分する方法

不要な小物を処分する方法はいくつかあります。「まだ使えるのでもったいない」と思うものは、捨てる必要はないでしょう。リサイクルショップやネットオークションで売る方法を考えてください。

また、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。依頼すれば即日対応してくれる業者もあります。「すぐに処分したい」という人には大変おすすめでしょう。買い取りも同時に行っている業者もあり、状態のよいものは買い取ってもらうこともできます。まとめて依頼することでお得になるケースも多いため、ほかにも処分したいものがないか探してみてください。

ただし、業者選びには注意が必要です。信頼できる良心的な業者を選ぶためにも、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼してみるとよいでしょう。実際にその業者を利用した人たちの口コミを参考にするのもおすすめです。

量を減らすことも重要なんですね。
はい。ものの分類しがてら、不用品を捨てていきましょう。

まとめ

小物を分類して収納する方法についてご紹介しました。

  • 分類して収納するメリット
  • 小物を分類して収納するときのポイント
  • 分類ついでに物を減らす

「整理整頓が苦手なので困っている」「小物を分類して収納する方法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。