汚部屋を片付ける際に心がけるポイント〜片付ける手順とキープするコツ〜

汚部屋はたくさんの不用品やゴミが散らかっている状態です。自分で片付けようと思っていてもなかなか進めることができなかったり、途中で諦めてしまったりすることもあるでしょう。また、せっかく片付けても再び汚部屋に戻ってしまう……とリバウンドに悩んでいる方も多いはずです。

そこで、本記事では、汚部屋を片付ける際に心がけるポイントや手順などを解説します。

  1. 汚部屋を片付ける際に心がけるポイント
  2. 汚部屋を片付ける手順は?
  3. 自分で片付けるのが難しい場合は?
  4. 片付いた部屋を汚部屋にしないためには?
  5. 汚部屋の片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、汚部屋を上手に片付けるコツやきれいな状態を維持し続ける方法などが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.汚部屋を片付ける際に心がけるポイント

まずは、汚部屋を片付ける際に心がけるポイントを解説します。

1-1.片付ける目的をハッキリさせる

汚部屋を片付ける際に、片付ける目的をハッキリとさせることが大切です。片付けられない多くの人は、ものが多くて荷物の置き場所がなくなったり、周囲の人に片付けるようにいわれたりしたなど、さまざまなきっかけで片付けを始めようとするでしょう。けれども、何となく始める片付けは部屋をきれいにできませんし、再び汚部屋になってしまう恐れがあります。きちんと片付けを終わらせるためにも、片付けをした後にどのような良いことがあるのか考えて、目的を明確にすることが大切なのです。

1-2.捨てることをためらわない

汚部屋を片付ける前に、捨てることをためらわないという心構えが必要です。正直、汚部屋にあるものはほとんど必要のないもの・使わないものといえるでしょう。身のまわりのものに感情移入をしすぎると、捨てることに抵抗感を覚えてしまい、要らないものでも残してしまいます。なかなか捨てられないのは当たり前ですが、捨てるという心構えをしておかなければ、片付けてもまた汚部屋に戻ってしまうので注意が必要です。

2.汚部屋を片付ける手順は?

汚部屋を片付ける手順を紹介していきましょう。

2-1.まずは大きいものから片付ける

どこから手をつければいいのか分からない方は、最初に、大きいもの・目につくものから片付けていきましょう。目に入る大きいものから片付けることで、部屋のスペースが広くなり、床が見えやすくなると思います。また、片付けたことが目に見えて分かるようになるため、モチベーションも維持し続けることができるでしょう。床が見えず移動が困難な汚部屋だからこそ、大きいものから片付けることで移動がしやすくなります。また、大きいものだけでなく、コンビニの袋や食べかけのものなど、明らかにゴミだと思えるものも一緒に片付けるといいでしょう。

2-2.床のものが片付いたら収納棚の整理へ

床に落ちているものをある程度片付けた後は、収納棚の整理を進めていきましょう。床にあるものは片付けが完了しているため、収納棚のものを出しても困ることはないはずです。最初に、収納棚にあるものをすべて出してください。そして、そこから自分にとって必要なものと要らないものに分けていきましょう。片付けを進めていく上で、自分にとって必要なものと要らないものに区別していくことになりますが、ここでのポイントは「今必要かどうか」です。「いつか使うかもしれない」「必要になると気がやってくるかも」と思うものは、ほとんど必要ないものなので処分しましょう。

2-3.上から下へ掃除する

ものを片付けた後は、部屋の掃除です。ずっと不用品とゴミがたまっていたと思うので、床が汚れていたり、棚の上にホコリがつもっていたり、途中で害虫が出てきたりすることがあるでしょう。害虫が出てきたときは除虫剤を使い、やっつけなければなりません。また、掃除をする際のポイントは「上から下へ」です。基本的に、高い場所の汚れやホコリから掃除をしててください。先に床から掃除をしてしまうと、高い場所を掃除した後にまた汚れてしまうことになるからです。二度手間にならないためにも、上から下へを意識しましょう。

2-4.片付けを効率よく進めるための三原則

汚部屋の片付けを進めていく上で、効率よく行うための三原則があります。それは以下のとおりです。

  • 自分は動かず、ものを動かす
  • ものを持ったらゴミ袋かダンボール箱へ入れる
  • 粗大ゴミは優先的に捨てる

どれだけ動作に無駄がなく作業を進められるかが、汚部屋を片付けるポイントとなります。できるだけ自分の足を動かさずに作業を進めていきましょう。ものを特定の場所に戻すことではなく、捨てる作業を行うことも汚部屋を片付ける大切なポイントです。そして、粗大ゴミの回収は多くの自治体で月に1~2回ぐらいしか行っていません。時間と手間がかかりやすいゴミなので、優先的に捨てることをおすすめします。

3.自分で片付けるのが難しい場合は?

では、自分で片付けるのが難しい場合は、どのようにすればいいのでしょうか。

3-1.家族や友人に手伝ってもらう

どうしても自分で片付けられない場合は、家族や友人に手伝ってもらう方法があります。一瞬、汚部屋を見せることに抵抗があるかもしれませんが、思いきって相談してください。誠実に悩みを打ち明ければ、家族や友人は力を貸してくれるでしょう。1人で行うよりも何人かで力を合わせて片付けたほうが、スピーディーに終わらせることができます。友人に手伝ってもらった際は、ご飯をおごるなどお礼を忘れないようにしてくださいね。

3-2.専門業者に依頼する

家族や友人に相談できない・誰も手伝ってくれない……と悩んでいる方は、片付けの専門業者に依頼する方法があります。不用品回収や片付けを行っている業者では、汚部屋の片付けサービスを請け負っているところもあるでしょう。専門業者に依頼すると費用がかかってしまいますが、自分ではできない作業をスピーディーに進めてくれるので、汚部屋に戸惑う心配がありません。また、要らない不用品をまとめて処分してくれるのも大きなメリットです。自分でゴミを分別したり、手続きをしたりする必要がないため、手間と時間をかけずに片付けることができるでしょう。

4.片付いた部屋を汚部屋にしないためには?

ここでは、片付いた部屋を汚部屋にしないためのポイントを解説します。

4-1.新しいものを買わない・増やさない

1番大切なことは、新しいものを買わない・増やさないことです。汚部屋になってしまう人は、ついつい必要ないものを買ってしまったり、セールや割引に弱かったりする傾向があります。今必要ないものなのに、誘惑されて買ってしまい、どんどんものが増えていってしまいがちです。そのため、きれいな状態をキープするためにも、新しいものを買わないように心がけてください。どうしても購入したい気持ちがあるのなら、今家に代用できるものがないか考える時間を作りましょう。「今自分に本当に必要なものなのか?」と自問自答することで、衝動買いを抑えることができます。また、新しいものを購入したら古いものを捨てるというルールを作るのも方法の1つです。

4-2.使ったものはすぐ定位置に戻す

汚部屋になってしまう人は、ものの定位置が決まっていないため、あちこちにものを置いてしまう傾向があります。たとえば、使った化粧ポーチをそのままテーブルの上に置きっぱなしにしたり、洋服を床の上に放り投げたりするなどです。洋服はクローゼットの中、化粧ポーチは化粧台の上など、ものの定位置を決めておきましょう。そして、使ったらすぐに定位置に戻すことを意識づけてください。意識を高めることですぐに片付けることができますし、散らかる心配もありません。

4-3.定期的に人を家に招く

定期的に家族や友人を家に招くことも、きれいな状態を維持し続けるコツです。自分でどうしても意識が低くなってしまうときは、なおさらのこと、友人を家に招きましょう。そうすることで、「人を家に招待するのだからきれいにしなければならない」という気持ちが強まります。強制的にきれいにすることを意識できますし、人を招くたびに部屋をきれいにしなければならなくなるのです。自分から進んで片付けることが苦手な方は、ぜひ定期的に人を招待してはいかがでしょうか。

4-4.掃除を習慣づける

部屋をきれいに維持する努力は、掃除を習慣づけるところから始まります。最初は、慣れるまで片付けや掃除が面倒に感じるかもしれませんが、毎日少しずつ意識を高めコツコツと続けることで、自然と習慣化するようになるでしょう。片付けたり掃除したりしなければ気が済まなくなるのが、理想といえます。習慣化するためにも、掃除道具を取りやすい位置に置いておくことも大切なポイントです。

5.汚部屋の片付けに関してよくある質問

汚部屋の片付けに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.汚部屋を片付けるメリットは?
A.精神的にも肉体的にも負担が少なくなることです。汚部屋の状態で生活し続けると、どこに何があるのか分からなくなっているので、必要なものが見つかりにくい傾向があります。急いでいるのに時間がかかってしまったり、精神的に休まらなかったりするでしょう。また、害虫や悪臭が発生する原因にもなります。汚部屋を片付けることで精神的に余裕が生まれ、生活環境がきちんと整えられるようになるのです。

Q.汚部屋を片付けるために必要な道具は?
A.ゴミ袋・ダンボール・手袋・ゴーグルなどを用意するといいでしょう。特に、ゴミ袋とダンボールは要らないものを入れるために必要なものです。不用品をたくさん処分することになるため、できるだけ多く用意しておくことをおすすめします。また、ゴミ袋は可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなど種類ごとのものを準備しておきましょう。さらに、自分たちでゴミを処分する際は、持ち運んだり運搬したりするための車両も用意しておかなければなりません。

Q.思い出の写真やアルバムはどうすべきか?
A.ついつい残してしまいがちな思い出の写真やアルバムは、ダンボール1箱分など残す量をきちんと決めることが大切です。どれも残しておきたい気持ちは分かりますが、量を制限することでものを減らすことができます。どうしても捨てられない場合は、データ化するといいでしょう。パソコンに保存するなどデータ化をしておけばかさ張ることもありませんし、整理や管理がしやすくなるのでおすすめです。

Q.汚部屋の片付けを業者に依頼する際の費用はいくらぐらいか?
A.作業員の人数や不用品の量などによって大きく異なりますが、目安は以下のとおりです。

  • 1R・1K(作業人数:1~2名):約30,000~80,000円
  • 1DK(作業人数:2~3名):約50,000~120,000円
  • 1LDK(作業人数:2~4名):約70,000~200,000円
  • 2DK(作業人数:2~5名):約90,000~250,000円
  • 3DK(作業人数:3~7名):約150,000~400,000円

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントは?
A.どの不用品回収業者に依頼すればいいのか分からないという方は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 不用品回収や片付けの実績があるか
  • 回収だけでなく買取も行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 親身になって話を聞いてくれるか
  • 口コミや評判がいいか

なるべく処分費用を抑えたい方は、不用品の買取サービスを行っている業者に依頼するのがおすすめです。不用品の中には、買い取ってもらえるものもあります。買い取ってもらえるものが多くなればなるほど、処分費用を抑えることができるでしょう。

まとめ

汚部屋はたくさんの不用品が散らかっている状態なので、時間と手間がかかってしまいます。自分たちで片付けられる状態ならいいですが、場合によっては専門業者に依頼したほうがいい場合もあるでしょう。まずは、汚部屋の状況をしっかりとチェックして判断することが大切です。専門業者に片付けを依頼する際は、どのような方法で片付けるのか・費用が総額でいくらになるのかなど、細部まで確認してください。きれいになった部屋をキープするためにも、極力、新しいものを買わないように意識を高めましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。