MacBookはどう処分するのか? データ消去も忘れずに安全に処分を!

「不要になったMacBookを処分する方法を知りたい」という人は多いでしょう。MacBookを処分する際は、資源有効利用促進法の改正法である通称PCリサイクル法が定めるとおりに正しくリサイクルに出す必要があります。不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることはできないため、注意してください。

この記事では、MacBookの寿命や処分前にやっておくこと・処分方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. MacBookの寿命は?
  2. MacBookを処分する前にやるべきこと
  3. MacBookの処分方法を紹介
  4. MacBookの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、MacBookのデータ消去方法や、お得に処分するためのポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.MacBookの寿命は?

まずは、MacBookの平均寿命や、寿命を見極めるポイントなどをまとめました。

1-1.平均寿命は4年前後

MacBookの平均寿命は4年前後といわれています。もちろん、使用頻度や使い方によって寿命に差が出るため、もっと短い期間で寿命を迎える場合もあれば、5年以上使える場合もあるでしょう。使用頻度が高いほどバッテリーが消耗し、MacBookの寿命も短くなります。

1-2.こんな症状が出たら寿命のサイン

MacBookの寿命を見極めるポイントには、以下のようなものがあります。このような症状が頻繁に起こるようになったら、買い替えを検討すべきです。

  • 途中で電源が落ちる
  • バッテリーの減りが早くなった
  • 短時間の使用で本体が熱くなる
  • フリーズが頻繁に起こる
  • 起動するまで時間がかかる

1-3.修理か買い替えかの判断は?

MacBookに不具合が発生した場合、修理に出すべきか買い替えるべきか迷う人は多いでしょう。判断基準になるのは、故障の内容とMacBookの使用期間です。たとえば、電源ユニットの故障や液晶割れ程度の軽い故障であれば、修理に出したほうが安く済む場合がほとんどでしょう。しかし、大掛かりな修理が必要となる故障や、保証期間が過ぎてからの故障だと、買い替えのほうがお得な場合もあります。購入から1~2年で故障した場合は保証期間内である可能性が高いため、無料で修理してもらえるか確認してみるとよいでしょう。

2.MacBookを処分する前にやるべきこと

MacBookを処分する前に、以下のことを行っておきましょう。

2-1.データを消去する

MacBookは必ず、データを消去してから処分しましょう。その必要性や方法についてまとめました。

2-1-1.個人情報が漏えいする恐れがある

MacBookには、氏名や住所・生年月日・メールアドレスなどの個人情報をはじめ、重要なデータが入っています。たとえば、知人や友人の連絡先や、ウェブサービスで利用していたIDやパスワード・ネットショッピングで利用したクレジットカード情報などもそうでしょう。こうしたデータを残したままMacBookを処分すると、重要なデータが漏えいして第三者の手によって悪用されてしまう可能性もあるのです。そのため、必ず完全に消去してから処分する必要があります。

2-1-2.データ消去の手順

MacBookのデータを消去する手順は、以下のとおりです。

  1. MacBookを再起動し、「command+R」を長押し
  2. 「ディスクユーティリティー」を選択し、消去したいHDDをクリック
  3. 「消去」タブをクリック
  4. 「セキュリティーオプション」をクリックし、消去方法を選択

2-2.重要なデータのバックアップをとる

新しいパソコンに移行する重要なデータがあれば、バックアップをとっておくことを忘れないでください。バックアップをとるには、MacBookに内蔵されている「Time Machine」というバックアップ機能を使うほか、iCloud保存するか、DVD・USBメモリーなどの媒体に保存する方法などがあります。

3.MacBookの処分方法を紹介

MacBookを処分するには、以下のような方法があります。

3-1.Appleに回収を依頼する

パソコンはPCリサイクル法により、メーカーが自主回収することが義務づけられています。インターネットで申し込むことも可能なので、こちらからチェックしてみるとよいでしょう。PCリサイクルマークがあるパソコンであれば、無料で回収してもらえます。マークのないパソコンは有料回収になるため、事前に確認が必要です。状態のよいパソコンであれば下取り扱いとなり、Apple Storeで使えるギフトカードがもらえることもあります。

3-2.家電量販店に回収・下取りしてもらう

家電量販店によっては、新しいパソコンの新規購入と引き換えに引き取ってくれるところもあります。無料引き取りになる場合や、下取りという形で新規購入代から割引してくれる場合など、店によってサービス内容が異なるため、確認してください。購入と処分が同時にできるため、手間がかからないのがメリットでしょう。ただし、データの消去は自己責任になる場合がほとんどです。

3-3.不用品回収業者に回収してもらう

急いで処分したいときやほかにも不用品が大量にあるときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。費用はかかりますが、自分の都合に合わせたタイミングで不用品を一気に処分できます。

3-4.買取に出す

まだ使えるMacBookは、買取に出すことも検討してみましょう。MacBookはもともとの値段が高いため、中古市場でも人気があります。人気の高いモデルだと高価買取も期待できるでしょう。ただし、状態の悪いものだと買取対象外になることもあるため、正常に動作するか・目立つ汚れや傷がないかなど、しっかり確認してから買取に出すことをおすすめします。

4.MacBookの処分に関するよくある質問

「MacBookを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.MacBookの寿命を延ばす使い方を教えてください。
A.ソフトウェアを最新のものにアップデートし、設定を最適化しておきましょう。また、極端な温度変化を避けること、使っていないときはWi-Fiの設定をオフにすることなどもおすすめです。

Q.壊れたMacBookを買取してくれる業者もありますか?
A.ジャンク品として買取している業者もあるため、事前に確認してみるとよいでしょう。

Q.MacBookの買取相場を調べるにはどうしたらよいですか?
A.複数の買取業者に無料見積もりを依頼し、比較することで、大まかな相場を把握できるでしょう。

Q.買取業者を選ぶ際の注意点を教えてください。
A.豊富な買取実績があるか・古物商の許可を得ているかなどをチェックしましょう。ホームページが存在しない業者や、所在地を明らかにしない業者などは利用しないことをおすすめします。

まとめ

MacBookの寿命や処分方法などを詳しくご紹介しました。MacBookはもともとの値段が高いため、不要になったときはできるだけお得な方法で処分したいものですよね。また、データを確実に消去して安全に処分しなければなりません。ぜひこの記事を参考に、MacBookの処分をスムーズに行ってください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。