古い布団の捨て方は? 困ったときはここに相談!

どんなご家庭にも必ずある布団。一昔前は財産として何度も打ち直しに出したりしていましたが、今では古い布団は処分をするのが一般的です。

でも、今は自治体のごみの回収はどんどん厳しさを増しています。布団を捨てたい、と思った場合はどうしたらよいのでしょうか。

今回はその方法をご紹介しましょう。古い布団の処分に困っている方は必見ですよ。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.家庭ゴミとして出す場合は?

布団は自治体に処分を依頼することができます。何ゴミになるかは自治体によって異なりますが、大きさから粗大ごみになるところが多いようです。回収が有料の場合は回収日までに料金を払っておきましょう。

細かく切れば可燃ごみで出せる、という意見もありますが、布団を45リットルのゴミ袋に入る大きさに裁断するのは骨が折れる仕事です。

また、羽毛布団の場合は部屋中に羽毛が飛び散って掃除が大変になることもあるでしょう。数百円の処分料を節約するために無理はしすぎないようにしてください。

2.どうしても捨てたくない場合は?

年配の方などは布団が貴重品という意識があり思い入れの深い布団の場合はどうしても捨てたくない、という方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は布団を集めて海外などに送る活動をしている団体がありますので、そこに寄付をするという方法があります。

ただし、寄付は不用品を押し付けることではありません。汚れが目立つ布団や古すぎる布団は受け取ってくれませんので注意しましょう。

また、いきなり送り付けるのではなく、布団の形状や状態などを説明したうえで引き取ってくれるかどうかを尋ねてから寄付をしましょう。

3.いざというときは不用品回収業者に頼ろう

  • 家に大量の布団があり処分に困っている
  • 事情があって今すぐ布団を処分したい

このような場合は不用品回収業者を利用しましょう。早ければ依頼をしたその日のうちに回収に来てくれます。不用品回収業者に依頼をした場合は家まで回収に来てくれますので、重い布団を持ち歩く必要もありません。

回収料金が心配という方は事前に見積もりを取っておくと安心です。優良な業者ならば家庭用の布団と電話で説明されれば現物を見なくても見積もりを出してくれるでしょう。

また、リサイクルショップに売れないだろうか? と考えている方もいるかもしれませんが、布団は肌に直接触れる可能性のあるデリケートなものです。例えブランド品でも未使用なものでない限り中古品としての需要はほとんどありません。寄付ができないならば潔く処分をしましょう。

まとめ

今回は古い布団の捨て方についてご紹介しました。使わない布団が家に溜まってしまっているという方は、この機会に古い布団を処分して、押し入れをスッキリさせてみてはいかがでしょうか?

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。