家電を廃棄する方法を解説! 買取対象になる家電や高価買取のポイントも

要らなくなった家電を廃棄する場合、どうすればお得に捨てることができるのか方法を知りたいと思っている人は多いでしょう。自分にとっては必要ない家電でも、高値で買い取ってもらえるケースがあります。特に、発売されたばかりの最新機種は高価買取が期待できる家電です。

本記事では、家電の処分方法や買取に出す方法などを解説します。

  1. 家電を処分する方法と注意点
  2. 家電を買取に出す方法
  3. 家電を高く売るポイント
  4. 家電の廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、家電をお得に廃棄する方法や高価買取のポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.家電を処分する方法と注意点

最初に、家電を処分する方法と注意点を紹介します。

1-1.家電は不燃ゴミまたは燃えないゴミ

家電は自治体回収で処分できますが、各自治体でゴミの分類が異なります。一辺が30cm以上となるサイズの家電は粗大ゴミに分類されるケースが多いでしょう。そのほかの家電は燃えないゴミ扱いとなります。ただし、あくまで目安となるため、具体的な分類やゴミの処分ルールに関してはホームページまたは掲示板等で確認してください。なお、粗大ゴミの場合は事前の申し込みが必要だったり、粗大ゴミ処理券を購入して指定場所まで持ち運んだりする必要があります。処分費用を抑えることはできますが、時間と手間がかかるので注意してください。

1-2.家電リサイクル法の対象品目は自治体で処分できない

家電リサイクル法の対象品目となっているテレビ・洗濯機(衣類乾燥機)・冷蔵庫(冷凍庫)・エアコンの4品目は自治体で処分できません。家電には鋼・銅・レアメタルなどの貴重な資源が含まれているため、資源の再利用・ゴミの量を少なくするために定められました。家電リサイクル法に基づいて処分することになりますが、基本的に製造メーカーによるリサイクル・回収となります。まずは製造メーカーのホームページを確認し、いくらで回収してもらえるかチェックしましょう。

1-3.小型家電リサイクル法に基づいた処分が必要になることも

自治体の中には、小型家電リサイクル法に基づいた処分が必要になるケースもあります。小型家電リサイクル法は、小型家電に含まれている貴重な資源を再利用するために制定されました。電子レンジ・スマートフォン・電子辞書・パソコンなどが小型家電リサイクル法の対象品目となります。対象品目になっている小型家電は、公共施設や家電量販店に設置されている小型家電リサイクル回収ボックスに投かんすることになるでしょう。投かんできないサイズの場合は、自治体に問い合わせてください。

1-4.不用品回収業者にまとめて依頼する

処分したい家電がたくさんある場合は、不用品回収業者にまとめて依頼することをおすすめします。不用品回収業者は家電だけでなく、家具・衣類・楽器・おもちゃなど幅広いジャンルの回収も可能です。大型家電を処分したり、不用品の数が多かったりすると運搬やゴミの分類に時間と手間がかかりますが、不用品回収業者の出張回収を利用すればスピーディーな処分ができます。不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つに加えておきましょう。

1-5.まだ使えるものは買取に出す

まだ使えるものは、処分ではなく買取に出す選択肢もあります。家電を処分するには何かと費用がかかってしまいますが、買い取ってもらうことができれば費用をかけずに手放すことができるでしょう。では、どんな家電が買取対象になるのか、次の項目で買取に出す方法を紹介します。

2.家電を買取に出す方法

それでは、買取対象になる家電や買取に出す方法について解説します。

2-1.正常に稼働できるか・不具合がないか

多くの買取業者では、正常に稼働できるか・不具合がないかをチェックします。動作確認が取れる家電でなければ買取対象にならないので注意が必要です。スムーズな買取が進められるように、あらかじめ動作確認を自分で行うといいでしょう。少しでも動作に不具合があれば、その点を買取業者に伝えることも大切です。完全に壊れている家電は買取不可になるため、不用品回収業者に依頼するなどほかの方法で処分してください。

2-2.製造年月から3~5年以内か

家電を買い取ってもらう場合、製造年月にも注意が必要です。家電の種類によって寿命は大きく異なりますが、製造年月から3~5年以内の家電は買取対象となります。逆に、製造から5年以上経過している家電は買取不可になるケースがあるので注意が必要です。よく、家電の需要が高まる3~4月の引っ越しシーズンに売ったほうが買取額が高くなるといわれていますが、製造年月から5年近く経過しそうな家電は早めに売却することをおすすめします。

2-3.高価なものは買取専門業者に依頼する

主な買取先としては、買取専門業者があります。家電を中心に買取を行っている専門業者は、中古市場でどんな家電に需要があるのか把握しているので適切な査定額が提示可能です。高価な家電や人気メーカー・最新機種・未使用品または新品同様の家電ほど、高値で買い取ってもらえるでしょう。だからこそ、高価なものは価値が分かっている買取専門業者に依頼することをおすすめします。買取専門店で買い取ってもらえなかったものは、リサイクルショップに依頼するといいでしょう。

2-4.リサイクルショップに依頼するのも選択肢の1つ

家電以外にも多数のジャンルを扱っているリサイクルショップは、買取専門業者よりも安く買い取られる可能性があります。専門業者よりも買取額が低くなりますが、買い取ってもらえるなら処分するよりもお得です。ただし、リサイクルショップは出張買取を行っているわけではないため、自分たちで持ち込まなければならない可能性があります。大量の家電を処分しなければならない場合、運ぶ手間と時間がかかるので注意が必要です。

2-5.ネットオークションやフリマアプリに出品する

買取泉温業者やリサイクルショップに依頼するほか、ネットオークションやフリマアプリを利用して出品する方法があります。ネットオークションやフリマアプリを利用するメリットは、自分で出品額を決めることができる点です。買い手が見つかれば、希望額で売れる可能性があります。けれども、デメリットがあるので注意が必要です。買い手が見つかっても自分で家電をこん包して相手に送らなければならないデメリットがあります。手間と時間がかかることを踏まえた上で利用しましょう。

3.家電を高く売るポイント

ここでは、家電を高く売るポイントをいくつか紹介します。

3-1.家電をまとめて買取に出す

家電を高く売るポイントは、まとめたりセットにしたりして売ることです。1つずつ買取に出すだけでなく、複数をまとめて売ることで高価買取が期待できるでしょう。そのほうが、買取業者側にとっても手間がかからないからです。特に、電子レンジ・炊飯器・冷蔵庫といった生活家電類は新生活をスタートさせる学生や社会人に人気があります。家電をまとめて処分しようとしている方は、セットとして買取に出すといいでしょう。

3-2.できるだけ付属品をそろえる

購入時についてきた取扱説明書・予備の部品など付属品をできるだけそろえることも買取額アップにつながる大切なポイントです。付属品があれば買い手がつきやすくなるため、買取業者も進んで買い取ろうとします。先のことを考えて付属品が入っていた箱なども保管しておくと高価格で買い取ってもらえるのでおすすめです。査定を依頼する前に、付属品がないか必ず確認してください。

3-3.未使用品・新品の家電はそのまま査定に出す

1度も使っていない未使用品の家電は、高価買取が期待できます。未使用品や新品の製品は高価格で買い取ってもらえるからこそ、そのままの状態で査定に出してください。表面が汚れていたり、1回でも使ったりしてしまうと未使用品として売ることができません。たとえ、まったく使っていないものだとしても表面が汚れていれば使用済みと判断される可能性があります。そのため、使用していないことを事前に伝えることも大切です。保管状態によっては買取額が安くなる可能性もあるので、きれいな状態にしておく必要があります。

3-4.きれいに掃除する

査定前に、目立つ傷や汚れが付着していないかチェックすることも大切です。汚れがついている家電は、きれいにしてから査定に出しましょう。たとえば、電子レンジやコーヒーメーカー等は汚れが付着しています。使用感が出てしまうため、ある程度きれいに掃除することで新品に近い状態にすることができるでしょう。きれいにすればするほど、高価買取が期待できます。ただし、家電は水に弱い傾向があるので、固くしぼった雑巾で拭き取りましょう。

3-5.複数の業者に見積もりを依頼する

高値で買い取ってもらいたい場合は、複数の業者に無料査定を依頼してください。最初から1社だけにしぼるのではなく、複数の業者を比較することで高値がついた業者に買い取ってもらうことができます。また、悪徳業者を見極めることもできるでしょう。業者によってどんなジャンルの買取に強みがあるのか把握しやすくなり、家電の買取に強い業者を選ぶことができます。

4.家電の廃棄に関してよくある質問

家電の廃棄に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.買い替えの際は家電量販店に引き取ってもらえるのか?
A.家電量販店の中には、新しい家電購入者限定で古い家電の引き取りを行っているところがあります。できるだけ費用をかけたくない方や、買い替えを検討している方は家電量販店のサービスを利用するのも選択肢の1つです。買取サービスを行っているところもあり、家電の状態がよければ下取りにまわすこともできるでしょう。購入予定の店舗でそのようなサービスを行っているか尋ねてください。

Q.どんな家電が高く売れるのか?
A.冷蔵庫・炊飯器・洗濯機といった生活家電が高く売れる可能性があります。特に、新生活セットとして同じメーカーのものは高価買取が期待できるでしょう。また、発売されたばかりの新製品や高性能の家電は高く売れる可能性があります。新商品が発売されると型落ちしてしまうため、早めに売ることが大切です。

Q.主な家電の買取相場は?
A.1人暮らし用の小型冷蔵庫は0~8,000円程度、ファミリーサイズの冷蔵庫は約20,000円で売れる傾向があります。掃除機は高性能で人気メーカーであれば3,000~15,000円の値がつくでしょう。洗濯機は型番や年式によって異なりますが、3,000~9,000円ほどで売れる可能性があります。一般的に、元値の約5%が買取額になるでしょう。

Q.引っ越し時に家電を処分する方法は?
A.引っ越しは急を要するケースが多いため、引っ越し業者の不用品回収サービスを利用する方法がおすすめです。引っ越し当日になってもサービスを利用することですぐに家電を引き取ってもらうことができます。買い取ってもらうことはできませんが、スピーディーに処分できる方法といえるでしょう。

Q.業者選びのポイントは?
A.複数の業者を比較した上で、スタッフの対応やサービスの内容・見積書がきちんと記載されているかなどをチェックしてください。また、不用品の回収と買取の両方を行っている業者に依頼するといいでしょう。たとえ、買取不可になったとしても処分してもらうことができるので、手間と時間がかかりません。ダスト.net 東京では即日対応でサービスを受けつけています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

まとめ

家電リサイクル法の対象品目となるテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目は、自治体回収での処分ができません。メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられているので、必ず処分ルールを守る必要があります。また、電子レンジやスマートフォンなどの小型家電類も、自治体によっては小型家電リサイクル法に基づいて処分しなければなりません。ただし、まだ正常に使うことができる家電なら捨てるのではなく、買取に出すという方法があります。買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけずに手放すことができるので一石二鳥といえるでしょう。買取のポイントを押さえた上で、買取業者に査定を依頼してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。