コレクションを悔いなく処分するには? 処分すべきかの判断基準も!

「コレクションを処分すべきか迷っている」「悔いなく処分するにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? せっかく集めたコレクションは、たとえもう不要だとしても捨てにくいものです。しかし、いつまでも残しておいても場所を取るため、家族から不満をいわれてしまうこともあると思います。処分すべきか迷ったときは早めに行動したほうがよいでしょう。

この記事ではコレクションを処分するタイミングや、残すか処分するかの判断基準などをまとめてご紹介します。

  1. コレクションを処分するタイミングは?
  2. 残すものと処分するものの判断基準を紹介
  3. コレクションを処分する前に確認すべきこと
  4. コレクションの処分方法5つ
  5. コレクションの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、コレクションのおすすめ処分方法や、悔いなく処分するためにやっておくべきことなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.コレクションを処分するタイミングは?

まずは、コレクションを処分するタイミングについてまとめました。

1-1.置き場所がなくなったとき

コレクションの置き場所がなくなったとき、処分すべきか考える人は多いでしょう。「棚に飾ってある」「箱にまとめて押し入れにしまってある」など、コレクションの保管方法は人それぞれだと思います。しかし、その保管スペースには必ず限りがあるのです。「コレクションが増えた」「ほかに保管しなければならないものができた」などの理由で、コレクションを保管しておくのが難しくなることもあるでしょう。

1-2.コレクションに対する気持ちが薄れたとき

好きでコレクションしたものだとしても、時間がたてば気持ちが薄れることもあります。「せっかく集めたのでもったいない」という理由で残している人も多いのではないでしょうか。しかし、そのコレクションがなくても問題なく生活できるのであれば、手放すことも検討すべきです。「収納スペースに余裕ができる」「ほかのものをコレクションできる」というように、コレクションを処分することで得られるメリットを考えるようになったときが、手放すタイミングでしょう。

2.残すものと処分するものの判断基準を紹介

コレクションを残すか処分するかを判断する基準をご紹介しましょう。

2-1.思い入れが強いか

まずは、そのコレクションに対する思い入れがどの程度のものかを考えてみましょう。「見ているだけで元気になれた」「そのコレクションを手放すことなど考えられない」というほど思い入れが強いものであれば、無理して処分する必要はありません。処分した場合の後悔が大きく、何のメリットも感じられないようでは意味がないでしょう。

2-2.保管に場所を取るか

コレクションの保管場所や保管方法も関係してきます。たとえば、保管に場所を取る大きなものや、着物のような保管に手間がかかるものは、処分したほうがすっきりする場合もあるでしょう。逆に、さほど場所を取らないので処分しても変わらない場合は、無理に処分しなくても問題ありません。本当に自分が「手放してもよい」と思えるようになるまで、手元に残しておくとよいでしょう。

2-3.ほかのものでさみしさを埋められるか

そのコレクションを失ったさみしさを、ほかのもので埋められるかどうかを考えてみましょう。大切に思えるものがほかにもあるのであれば、思いきって手放すのがおすすめです。多種類のコレクションをしているなら、そのうちの一部だけを処分してみてください。「ほかにもあるから大丈夫」と思えれば問題ないでしょう。

3.コレクションを処分する前に確認すべきこと

コレクションを処分する前に、以下のことを確認しましょう。

3-1.実用品として使えないか

手芸用品や雑貨など、実用性のあるものをコレクションしている人も多いでしょう。そういったものは捨てるのではなく、実用品として使うことができないか考えてみてください。コレクションすることをやめるにしても、処分するのと自分で使うのとでは気持ちも違うはずです。実用品として使ってボロボロになってしまった後なら、気持ちよく処分することができるのではないでしょうか。

3-2.買取に出すことはできないか

コレクションの中には、買取に出すことができるものも多いと思います。特に、美術品や骨とう品などは高額で買取してもらえる可能性があるため、廃棄するのはもったいないでしょう。プラモデルやアニメグッズなども、買取先によっては驚くような高値がつく可能性があります。

3-3.遺言書やエンディングノートが残されていないか

遺品としてのコレクションを処分する際は、遺言書やエンディングノートが残されていないか必ず確認してください。故人がそのコレクションをどう処分してほしいか記されている可能性があります。コレクションは、故人が生前大切にしていたものです。勝手な判断で処分する前に、故人の意志を確認しましょう。

4.コレクションの処分方法5つ

コレクションを処分する方法についてご紹介しましょう。

4-1.デジタル化して廃棄する

まず一つ目が、ゴミとして捨てる方法です。捨てることに抵抗がある場合は、写真に撮影するなどデジタル化してから処分するとよいでしょう。思い出として残すことができます。ゴミとして捨てる際は、何ゴミに分類されるかをきちんと調べるようにしてください。ゴミの分類方法や出し方は自治体によって異なるため、自治体のホームページをチェックしてみるとよいでしょう。

4-2.人に譲る

周囲に欲しい人がいないか探してみるのもよいでしょう。家族や親せき・知人や友人などに欲しいという人があれば、譲ってあげてください。譲り先が見つからない場合は、地域の掲示板サイトなどを利用する方法もあります。

4-3.寄付する

コレクションの種類によっては、寄付する方法もあります。おもちゃや人形なら児童福祉施設や保育園、本なら図書館というように、寄付を受け付けているところもあるでしょう。寄付して誰かの役に立つと思えば、気持ちよく手放すことができるはずです。

4-4.不用品回収業者に依頼する

コレクションが大量にある場合は、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。コレクション以外にも処分したいものがあれば、まとめて回収を依頼できます。出張回収や宅配回収に対応している業者も多いため、自分に合った回収方法を選択できるのもメリットです。

4-5.買取に出す

状態のよいコレクションは、買取に出して処分しましょう。買取先には、リサイクルショップや買取業者などがあります。人気モデルや限定品などは高額買取してもらえる可能性も十分にあるため、お得に処分できるでしょう。

5.コレクションの処分に関するよくある質問

「コレクションを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.コレクションが好きな人の心理にはどのようなものがあるのですか?
A.人から注目されたい・さみしさを埋めたい・コレクションしないと気が済まないなどの心理があるでしょう。

Q.大量のコレクションがあるため、処分すべきか判断するのに時間がかかってしまいます。どうすればよいですか?
A.一つ一つ考えていると時間がかかるため、迷ったものはいったん保留にしてひとまとめにしておきましょう。ある程度時間がたってから再び考えてみてください。

Q.  コレクションを増やしすぎないようにする方法はありますか?
A.同じようなものを持っていないか・日常で使うことはあるか・しまい込む可能性はないかなどを考えながら集めるようにしましょう。

Q.  不用品回収業者を利用したいのですが、業者選びのポイントを教えてください。
A.豊富な実績があり、料金体系が明確な業者を選びましょう。また、無料見積もりを受け付けているか・一般廃棄物収集運搬業の許可を持っているかなどもチェックしてください。

Q.  コレクションの買取価格相場を調べるには、どうしたらよいでしょうか?
A.複数の買取業者に無料見積もりを依頼し、比較することで大まかな相場を把握できます。

まとめ

コレクションを処分するタイミングや処分するかどうかの判断基準・処分方法について、詳しくご紹介しました。コレクションの処分を検討したときは、どうすれば自分が納得のいく方法で処分できるか考えてみましょう。ぜひこの記事を参考に、スムーズな処分をしてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。