不用品回収業者の選び方を解説! 注目すべきポイントはココ!

今すぐ不用品を処分したいという方にとって、不用品回収業者はとても便利です。しかし、不用品回収業者への需要が高まるほど、トラブルも増えています。「不用品回収業者を利用したいが、トラブルが不安で二の足をふんでいる」という方もいるでしょう。そこで今回は、不用品回収業者の選び方を紹介します。不用品回収業者を選ぶにはコツがあるのです。

  1. こんな不用品回収業者には要注意
  2. 悪質業者とのトラブル事例
  3. 不用品業者を見極めるポイント
  4. 不用品回収業者の種類をチェック
  5. 不用品回収業者に回収してもらえる不用品とは?
  6. 不用品回収業者に関するよくある質問

この記事を読めば、不用品回収業者の選び方はバッチリです。不用品回収業者選びに悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね。

不用品買取・回収業者をお探しなら以下の記事もチェック!

1.こんな不用品回収業者には要注意

不用品回収業者はたくさんあります。盛んに宣伝をしている業者もありますが、以下のような業者には注意しましょう。

  • 見積もりを出さない、とにかく安くするからと契約を迫る
  • しつこい電話営業や飛び込み営業をする
  • 家具や家電の回収を依頼したのに貴金属を査定してほしいと迫る
  • 町を軽トラックで流している
  • 何でも無料で回収すると宣伝する

この中の1つでも当てはまることがある業者には依頼してはいけません。

2.悪質業者とのトラブル事例

では、悪質業者に依頼してしまった場合、どのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか? この項では、その一例を解説します。

2-1.不用品をトラックに積みこんでから高額請求をされた

見積もりを作らず、不用品をトラックに積んだ後で「人件費」や「作業料」を請求されたというケースは決して珍しくありません。国民生活センターにも多くの相談が寄せられています。断ると「自分でトラックから降ろしてくれ」と言われるので、やむなくお金を払ってしまうという手口です。

2-2.貴金属を不等に安く買われる

不用品回収をするという名目で家に入りこみ、貴金属を査定して安価、もしくは無料で持ち去ってしまう手口です。不用品回収を依頼したのに、しつこく「貴金属はありませんか?」と尋ねてくるのが特徴となっています。セールスの段階から貴金属のことを口にするような業者は依頼しないようにしましょう。

2-3.不法投棄される

不用品を回収後、野山に不法投棄する悪徳業者もいます。不法投棄をしたものの所有者が判明した場合、責任を問われる可能性もあるでしょう。また、業者によっては不用品を回収してすぐに不法投棄をした例もあります。「家のすぐ脇に回収してもらったはずの不用品が不法投棄されていた」となれば、依頼した方にとっても大変迷惑で悪質です。

3.不用品回収業者を見極めるポイント

では、どのようにして優良な不用品業者を見極めればいいのでしょうか? この項では、そのポイントを解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.実績を確認する

不用品回収業者の実績を確認しましょう。実績が豊富なほど優良な業者の可能性が高くなります。また、事業を行っている年数もチェックしましょう。事業を開始したばかりの業者の中にも優良な業者はいます。しかし、歴史がある業者のほうが信頼はできるでしょう。

3-2.社名で検索してみる

社名で検索をかけてみると、評判が出てくることもあります。口コミサイトで問題がない業者でも、個人のブログなどには真逆のことが書いてあることもあるでしょう。また、何度も名前を変える悪質業者の情報がヒットすることもあります。

3-3.社員の態度

優良な業者は、社員の態度もしっかりしています。電話の受け答えも礼儀正しく、こちらの疑問にははっきりと答えてくれるはずです。一方、悪徳業者は従業員の態度がよくありません。ぶっきらぼうだったり乱暴だったりするケースもありますが、妙になれなれしく、友達感覚ですり寄ってくることもあります。どちらにしろ、業者と依頼者という立場にはふさわしくない態度です。社員の態度も業者を決める目安にしましょう。

4.不用品回収業者の種類をチェック

不用品回収業者には、「リサイクル業者」と「廃棄物収集業者」がいます。「リサイクル業者」は不用品を回収し、リサイクルやリユースをする業者です。ですから、リサイクルやリユースできる家具・家電・古着などしか回収してくれません。一方、廃棄物収集業者は、壊れたり腐敗したりした廃棄物を回収してくれる業者です。数としてはリサイクル業者のほうがたくさんあります。廃棄物収集業者になるには、自治体の許可を得る必要がありますがその基準は厳しく、新規参入できる業者はめったにありません。ですから、不用品回収を行っている業者の9割はリサイクル業者です。

5.不用品回収業者に回収してもらえる不用品とは?

リサイクル業として不用品回収を行っている業者は、リサイクルやリユースできる家具・家電・古着などしか回収できません。また、古紙回収業者など限られた不用品だけを回収している業者もあります。ですから、腐った家具・廃材・生ゴミや壊れた家電などは「廃棄物収集業者」に回収を依頼しましょう。「廃棄物収集業者」は、自治体のホームページに一覧が載っていることもあるので、確認してみてください。また、不用品回収業者に回収してもらえるかどうか迷った場合は、遠慮なく尋ねてみましょう。

6.不用品回収業者に関するよくある質問

この項では、不用品回収業者に関するよくある質問を紹介します。

Q.不用品回収業者は生ゴミは回収不可ですか?
A.はい。ほとんどの業者で不可です。

Q.ゴミ屋敷の片付けなどは不用品回収業者には依頼できないのでしょうか?
A.ゴミ屋敷の片付けを事業の一環としている業者ならば依頼できます。

Q.不用品回収の費用相場が分かりません。
A.複数の不用品回収業者に相見積もりを取ってみてください。そうすれば、おおよその相場が分かります。

Q.無料で不用品を回収する業者の全ては詐欺ですか?
A.いいえ。パソコンやエアコンなど部品もリサイクルできる機器は無料で回収しても利益が出ます。ですから、品目を限って無料回収する業者もあり、全部が詐欺ではありません。

Q.不用品回収業者は見積もりを作成してくれるものですか?
A.はい。優良な業者は必ず見積もりを作成してくれます。逆に作成してくれない業者に依頼しないほうがいいでしょう。

まとめ

今回は、不用品回収業者の選び方について解説しました。不用品回収業者は玉石混合なのでいきなり依頼をするのではなく、まずは見積もりを作ってもらい、業者の質を見極めることが大切です。また、しつこい訪問・電話セールスを行う業者のほとんどが悪徳業者なので、取り合わないようにしましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。