「 不用品の処分方法 」一覧

IHクッキングヒーターの処分にお困りではありませんか? オール電化の家庭で使われるIHクッキングヒーターは、メンテナンスも楽で安全なことからも普及が進んでいます。しかし、電化製品は必ず寿命を迎えるものです。故障して使えなくなったもの、買い替えのため不要になったものは、処分しなければなりません。

この記事では、IHクッキングヒーターの廃棄に関して知っておくべきこと、おすすめの処分方法などをご紹介しましょう。

  1. 「IHクッキングヒーターを捨てたい」そんなときは?
  2. IHクッキングヒーターを自分で捨てるには?
  3. IHクッキングヒーターの処分を回収業者に依頼する場合
  4. IHクッキングヒーターをリセールしよう!
  5. IHクッキングヒーターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったIHクッキングヒーターを処分する方法が分かります。正しくお得に処分しましょう。

続きを読む


引越しの際に処分したい家具についてお悩みではありませんか? 引越しを機に買い替える家具、新居に入りきらない家具など、処分が必要になることも多いでしょう。しかし、大量の家具を処分するとなると、どうすれば手軽でお得に処分できるか考える必要がありますよね。自治体回収や買い取りなど、家具の処分方法はいくつか選択肢がありますが、その中でどの方法が自分に合っているかよく考えてみてください。この記事では、引越し時の家具処分にかんするさまざまな情報をまとめてみました。

  1. 引越し時の家具処分について
  2. 引越し時の家具処分方法
  3. 引越し時の家具をリサイクルに出す方法
  4. 引越し時の家具処分を回収業者に依頼する方法
  5. 引越し時の家具処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、引越し時の家具をどう処分するべきなのかが分かるはずです。ぜひ参考にして引越しをスムーズにすすめてください。

続きを読む


キャリーバッグは、海外旅行など数日間以上の旅行に欠かすことができないツールです。しっかりしたキャリーバッグがあるからこそ、快適な旅行ができると言えます。しかし、キャリーバッグに傷みや不具合が出ると使いにくくなるだけでなく、防犯面でも心配です。そろそろ買い替えを考えている人の中には、古いキャリーバッグの処分で悩んでいる人もいることでしょう。

そこで今回は、キャリーバッグの捨て方や処分方法について詳しく解説します。

  1. キャリーバッグを捨てる前に基本を学ぼう
  2. キャリーバッグを自分で捨てるには?
  3. キャリーバッグの捨て方:業者の下取りによるもの
  4. キャリーバッグの捨て方:不用品回収業者に依頼する場合
  5. キャリーバッグの捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、キャリーバッグの捨て方について詳しい知識が身に付くだけでなく、適切な方法で処分することができます。また、キャリーバッグの捨て方で最も便利でお得な方法を選ぶことができるはずです。まずは、記事の内容をひとつずつ理解しながら読み進めてみてください。

続きを読む


オーブントースターは、トーストやピザを焼いたり買ってきたお惣菜(そうざい)を温めたりと、何かと重宝するキッチン家電です。「毎日の食事作りには欠くことができない」というご家庭も多いでしょう。必需品ともいえるアイテムなのに、突然正常に機能しなくなったら困りますよね。取り扱い説明書を読んでも、原因や対処法がわからない場合もあるものです。そんなときは、修理に出したほうがいいのか買い替えたほうがいいのか判断に悩みます。

そこで、ここではオーブントースターの寿命、修理や買い替え、処分方法などについてご紹介しましょう。

  1. オーブントースターのゴミ分類について
  2. オーブントースターの捨て方〜自分で捨てる場合〜
  3. オーブントースターの捨て方〜販売業者の下取り〜
  4. オーブントースターの捨て方〜リセールする場合〜
  5. オーブントースターの捨て方〜回収業者に頼む場合〜
  6. オーブントースターの捨て方〜よくある質問〜

この記事を読むことで、オーブントースターの処分にかんしてのお悩み解決策が見つかります。ぜひお役立てください。
続きを読む


出火ややけどといった事故が起こりにくいオイルヒーターは、家庭で幅広く活用されています。冬はオイルヒーターがなければ過ごせないという方までいるほど、人気のある暖房器具です。使用期間が長くなるにつれ、劣化は自然と起こります。そのため、長く愛用して古くなったオイルヒーターが故障したら、処分を考えなければなりません。生活スタイルの変化で、ほかの暖房器具に変える目的もあるでしょう。いざ処分となったとき、すぐに捨て方が思い浮かばないのが、オイルヒーターの困るところです。

今回は、オイルヒーターの捨て方や廃棄にあたって必要なことなどをご紹介します。リセールを希望する方は、評価の高い人気機種を知っておき、売る際のポイントにしてください。

  1. オイルヒーターの基礎知識
  2. 小型家電リサイクル法とオイルヒーターの関連
  3. 自分でオイルヒーターを処分する場合
  4. 販売業者によるオイルヒーターの下取りはある?
  5. オイルヒーターを買取に出す方法
  6. 回収業者にオイルヒーターの処分を依頼する
  7. オイルヒーターの処分でよくある質問

この記事を読むことで、オイルヒーターの正しい捨て方を学び、捨てずにリサイクルする方法を覚えるきっかけにもなるでしょう。オイルヒーターの廃棄で迷っていた方は、希望に添う処分方法を見つけてみてください。

続きを読む


こたつの処分を検討している方は、「故障した」「もうひとサイズ大きいものが欲しい」「新しい機能が気になる」とさまざまな理由を胸に秘めていると思います。こたつは日本の冬の風物詩ともいえ、近年は省エネ性にも優れてエアコンよりも電気代が安いことから、積極的に購入している方も多いです。ところが、いざ処分するとなると捨て方に困りませんか? 「テーブルだから粗大ゴミ?」「 でも布団もあるし……」と頭を悩ませてしまうと思います。

そこで、まだ寒さも厳しいこの時期に、一足早くこたつの処分方法を記事にまとめてみました。

  1. 近年のこたつ事情
  2. こたつの処分~自分で捨てる~
  3. こたつの処分~販売業者の下取り~
  4. こたつの処分~リサイクルする~
  5. こたつの処分~回収業者に頼む~
  6. こたつの処分にかかわるよくある質問

最後までお読みいただければ、こたつを処分する正しい知識がわかり、自分に適した捨て方を選ぶことができます。「難しいことは考えたくない」という方もご安心ください。情報は簡潔にかみ砕いて提供します。

続きを読む


ご家庭でお使いのファックスが古くなり、処分を検討することがありますよね。ファックスに限らず、家電製品の捨て方は厳しくなってきており、すぐに捨てることができません。
「ファックスの捨て方が知りたい」「ファックスのリサイクルはできる?」といった疑問、捨てにくい家電だけにとてもよくわかります。細かなパーツが多く、内部にメモリー機能を備えている機種は、廃棄に気を使うはずです。早く捨てる方法はないか、リサイクルでわずかでも処分費用を軽くしたいと思うこともあるでしょう。ファックスは小型家電製品として、リサイクル可能な製品です。資源の有効活用を目的に、捨てずに再利用してみてください。

  1. ファックスを捨てたい
  2. 自分でファックスを捨てる場合
  3. 販売業者の下取りでファックスを捨てる場合
  4. ファックスをリサイクルする場合
  5. 回収業者にファックスの処分を依頼する場合
  6. ファックスの捨て方でよくある質問
  7. まとめ

 メモリー機能を搭載したファックスは、パソコンと同じように個人情報保護を意識して処分すべきです。家電を処分するのにリサイクル料金がかかるように、ファックスの廃棄にもお金が必要か気になりますよね。ファックスの処分でお困りの方は、この記事を参考にして捨て方を覚えておきましょう。

続きを読む


車の廃バッテリーを処分しようとしたとき、「危険物だ」「爆発する?」「燃えるごみではないだろう」といった電池関連特有の迷いが生じませんか? バッテリーは重いですし、大きさもそれなりにあります。自治体の処分方法を確認して余計に困ってしまった方もいるでしょう。そこで、今回は車の廃バッテリーを処分する方法に注目して情報をまとめていきます。初心者の方でも、わかりやすく解説しますので必見です。

  1. 車の廃バッテリーを処分したい!
  2. 車の廃バッテリーをリサイクルする
  3. 車の廃バッテリーを処分する~買い替えのケース~
  4. 車の廃バッテリーを処分する~DIY交換のケース~
  5. 車の廃バッテリーを処分する~不用品回収業者に頼むケース~
  6. 車の廃バッテリーを処分するときによく挙がる質問
  7. まとめ

記事を最後までお読みいただければ、車の廃バッテリーを処分する方法がわかるとお約束します。順を追って見ていきましょう。

続きを読む


ダイエットや健康増進目的でエアロバイクを購入しても、すぐに使わなくなってそのまま放置してしまうことはよくあります。また、以前はよく使っていた人も何らかの理由で不用になることもあるでしょう。不要になったエアロバイクは、保管するにも場所を取ってしまうのでとても邪魔になります。

そこで今回は、エアロバイクの処分をしたい人のために、おすすめの処分方法や買取方法を伝授することにしましょう。すぐにでもエアロバイクを処分してスッキリした部屋にしたい人は、必見ですよ。

  1. エアロバイクの処分について
  2. エアロバイクの処分はリサイクルがおすすめ
  3. エアロバイクをリサイクルするためのポイント
  4. エアロバイクの処分でよくある質問

記事を読むことで、エアロバイクの適切な処分方法を理解することができます。エアロバイクの処分方法は、ごみとして捨てるだけではないのです。不要になったエアロバイクも、実はさまざまな処分方法があることを知ってください。まずは、記事をじっくり読んでエアロバイクの処分の基本をしっかり頭に入れましょう。
続きを読む


大切にしていたギターを処分するときには、いろいろな思い出がよみがえりますよね。今までも、なかなか処分することができなかった人もいるのではないでしょうか。思い出の詰(つ)まったギターは、手離すのに思いきりが必要なだけでなく、できるだけいい方法で処分をしたいですからね。しかし、実際にはどうやって処分をするべきかよくわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、ギターの処分方法に関するマニュアルをお届けします。ギターを処分したい人は、ぜひ読んでみてください。

  1. ギターについての基本を確認しよう
  2. ギターの処分について
  3. ギターの処分でリサイクルする方法を紹介
  4. ギターのリサイクルを業者に依頼するためのポイント
  5. ギターの処分に関するよくある質問に回答

不要になったギターでも、処分方法によってはリサイクルできたり、ほかの人の手に渡って再度日の目を見たりできるのです。いい加減に処分しては、ギターも悲しみます。記事には、ギターを処分するために最低限知っておきたいことだけでなく、処分を依頼する業者の選び方についても詳しく触れているので役に立つでしょう。ギターの処分で後悔しないためにも、じっくり学んでください。

続きを読む