洗濯機のリサイクル料金はいくら? お得で便利な処分方法を徹底解説!

1.家電リサイクル法とは?

最初に、家電リサイクル法について詳しく学びましょう。目的や必要性だけでなく、対象の4品目や小型家電リサイクル法との違いも解説します。

1-1.家電リサイクル法について

家電リサイクル法は、2001年4月に施行となった法律です。家電メーカーは、指定を受けた品目にかんして、自社で責任をもって回収しリサイクルする義務を負います。大手家電メーカーでは、家電リサイクル工場を立ち上げ、法律に沿って家電を適切にリサイクルしているのです。

1-2.家電リサイクル法の目的や必要性を学ぼう

家電リサイクルの主な目的は、以下のとおりです。

  • 家電に使われているレアメタルなどの資源リサイクル
  • 家電に使われている鉛やフロンガスなど危険物質の適切な処分
  • ごみの総量の削減

1-3.家電リサイクル法の4品目とは?

家電リサイクル法では、以下の4品目を指定しています。

  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • 洗濯機・乾燥機

1-4.小型家電リサイクル法との違い

家電リサイクル法に関連する法律として、小型家電リサイクル法があります。小型家電リサイクル法では、スマートフォンや携帯音楽プレーヤーなどの小型家電に含まれるレアメタルおよびそのほかの資源を有効活用するためにできた法律です。家電リサイクル法はメーカーに回収義務がありますが、小型家電リサイクル法では自治体に回収努力を促すことにとどまっています。また、家電リサイクル法では指定4品目がハッキリしているのに対し、小型家電リサイクル法では各自治体に品目選択の自由がある点に違いがあることを覚えておきましょう。

2.洗濯機のリサイクル料金について

洗濯機のリサイクル料金について、具体的な金額や支払いの必要性・支払いのタイミングを解説します。

2-1.洗濯機のリサイクル料金はいくら?

洗濯機のリサイクル料金は、メーカーによって税込み2,484円・2,592円・3,202円のいずれかとなります。洗濯機の大きさによる区分はありません。なお、メーカーが不明の場合は、3,202円となります。より詳しい内容は、家電リサイクルセンターによる平成29年4月版のリサイクル料金(再商品化等料金)一覧表を確認してください。

2-2.リサイクル料金はなぜ必要?

洗濯機を処分するためには、リサイクル料金を支払う必要があります。洗濯機をリサイクルするためには、リサイクル工場への運搬費・人件費・リサイクル工場の稼働費などがかかるからです。そのため、リサイクル料金を負担する必要があります。資源リサイクルをスムーズに進めるためのものですから、理解してください。

2-3.リサイクル料金はいつ支払う?

洗濯機のリサイクル料金は、実際に処分を依頼するときに支払います。新品の購入時や処分後に支払うことはできません。メーカーや販売店などに規定の金額を支払って、処分を依頼しましょう。なお、リサイクル料金の支払いに何らかの不備がある場合は、洗濯機の処分が保留となってしまいます。支払いは確実に行ってください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!