洗濯機を処分・リサイクルしたい人へ!方法・コツを伝授

3.洗濯機の処分を販売店やメーカーに依頼する方法

洗濯機の処分は、購入した販売店やメーカーに依頼する方法が正統派と言えるでしょう。ここでは、洗濯機の処分を販売店やメーカーに依頼する方法について、具体的に解説します。

3-1.洗濯機を販売店による下取りや引き取りに出す場合

新しい洗濯機を買い替えるタイミングの場合は、新しい洗濯機を購入する販売店に下取りや引き取りに出すと良いでしょう。販売店側のサービスとして、下取りをした分だけ値引きをしてくれるときがあるからです。また、下取り対象にならない場合でも無料で引き取りをしてくれることもあるでしょう。販売店に下取りや引き取りに出す場合の引き取り方法は、販売店によってまちまち。指定日時に引き取りの指定がある場合と、ある程度こちらの希望を聞いてくれる場合がありますので、新しい洗濯機を購入するときに販売店に確認してください。

3-2.洗濯機をメーカーによる下取りや引き取りに出す場合

洗濯機をメーカーに下取りや引き取りに出す場合は、メーカーに下取りもしくは引き取り依頼を行うことになります。自分でメーカーの担当窓口に連絡をして、引き取り方法の確認や回収日時の交渉を行いましょう。下取りとなる場合は、同じメーカーの洗濯機を新しく買うことが条件となるはずです。しかも、メーカーが下取りキャンペーンを行っていることを確認してください。メーカーに対して回収依頼をする場合は、引き取り依頼の形になることが多くなるでしょう。

3-3.販売店やメーカーに依頼するときのメリット・デメリット

では、販売店はメーカーに洗濯機の回収依頼をするメリットとデメリットについて解説しましょう。

3-3-1.メーカーに回収依頼をするメリット

洗濯機メーカーに回収依頼をする場合は、回収手順や方法がわかりやすいはずです。また、メーカーへの回収依頼は基本の方法となるので、安心感があると言えるでしょう。洗濯機のリサイクルが、確実に進むことも大きなメリットと言えます。

3-3-2.メーカーに回収依頼をするデメリット

洗濯機メーカーに回収依頼をするデメリットは、あくまでも自社のものしか回収してくれない点でしょう。たとえば、A社製の洗濯機をB社に回収依頼をすることはできません。大手メーカーの場合は、問い合わせ窓口もきちんとしているでしょう。しかし、小さなメーカーの場合は問い合わせ窓口がどこになるのか不明だったり、中には倒産している可能性もあったりします。自社製品しか回収依頼を受け付けない点は、依頼者側にはデメリットとなると言わざるを得ないでしょうね。

4.洗濯機をリサイクルショップへ売る方法

まだ使うことができる洗濯機は、リセール用にリサイクルショップで買い取りが可能な場合もあるでしょう。それでは、洗濯機をリサイクルショップへ売る方法についてもご紹介します。

4-1.買い取りしてくれるリサイクルショップを探そう

リサイクルショップへのリセールを狙うためには、買い取りを行ってくれるリサイクルショップを探す必要があります。リサイクルショップの中でも、洗濯機の買い取りを行っていないところもあるので注意しましょう。また、基本的には正常に動作しているものだけ買い取ってもらうことができますので覚えておいてくださいね。

4-2.洗濯機をリサイクルショップにリセールするメリットとデメリット

洗濯機をリサイクルショップにリセールするメリット・デメリットについて、確認しておきましょう。

4-2-1.洗濯機をリサイクルショップにリセールするメリット

洗濯機をリサイクルショップにリセールすることは、多少なりともお金が手に入ることになります。本来は、回収費用を支払う必要なのにお金が手に入る点は大きなメリットと言えるでしょう。金額は少額であっても、新しい洗濯機の購入費用に充てることもできます。

4-2-2.洗濯機をリサイクル業者にリセールするデメリット

リサイクルショップにリセールをしようとしても、買い取り不可能なこともあります。古過ぎる型式の洗濯機や、新しくても故障している洗濯機は、買い取りは難しいでしょう。買い取り不可になった洗濯機は、回収もしてもらうことができません。また、買い取り可能な場合であってもリサイクルショップに持ち込むことが条件になっていることもありますので注意しましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!