洗濯機は粗大ゴミとして処分できない!! その理由や処分方法を解説

「洗濯機が不要になったけれど、捨て方に迷っている」という人はいませんか? かつて洗濯機は粗大ゴミとして自治体が回収していましたが、今はどの自治体でもゴミとして回収してもらうことは不可能です。また、まだ使えるのに不要になった洗濯機は、売却や下取りが可能なこともあります。今回は、洗濯機の処分方法を紹介しましょう。

  1. 洗濯機を粗大ゴミに出せない理由と処分方法
  2. できるだけお金をかけずに洗濯機を処分する方法
  3. 洗濯機の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、洗濯機の処分に悩むことはありません。悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

1.洗濯機を粗大ゴミに出せない理由と処分方法

この項では、洗濯機の正しい処分方法について解説します。

1-1.洗濯機は家電リサイクル法対象家電

洗濯機は、冷蔵庫・テレビ・エアコンと共に家電リサイクル法対象家電に指定されています。指定されている家電は、どの自治体でも粗大ゴミとして回収することはできません。リサイクル料と運搬料を支払って家電量販店に回収してもらうか、自分で自治体が指定した収集場所まで持ち込む必要があります。なお、自分で収集場所まで持っていく場合も、リサイクル料は必要です。リサイクル料は郵便局でリサイクル券を購入するか、家電量販店に直接支払います。洗濯機のリサイクル料は、2,484~3,310円です。詳しくは家電リサイクルセンターのPDFを確認してみましょう。メーカーや大きさによって料金が異なります。

1-2.買い替えの場合は運搬料が安くなることもある

洗濯機を買い替える場合、新しい洗濯機を配送するついでに古い洗濯機を回収してもらえます。この場合、運搬料が若干割引されることもあるので、買い替えの際は、古い洗濯機の回収も依頼するのがおすすめです。ただし、リサイクル料金は通常どおりかかります。

1-3.急いで処分したい場合は不用品回収業者がおすすめ

事情があり、今すぐ洗濯機を処分したい場合は、ダストnet東京をはじめとする不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は、個人宅や企業から出る不用品を有料で回収してくれます。ダストnet東京は買取も行っているので、「可能ならば買取してほしい」というときにもおすすめです。早ければ、その日のうちに見積もりを出して回収に来てくれるでしょう。また、日時指定も可能です。回収料は業者によって異なります。ただし、街中を軽トラックで流しているような業者や、しつこいセールスをしてくるような業者は依頼しない方がいいでしょう。インターネットやイエローページを使って業者を探し、きちんと納得できる見積もりを作ってくれる業者に依頼してください。

2.できるだけお金をかけずに洗濯機を処分する方法

この項では、できるだけお金をかけずに洗濯機を処分する方法や注意点を紹介します。

2-1.下取りサービスを利用する

ショップによっては、洗濯機を買い替えると古い洗濯機を下取りしてくれることがあります。ただし、買取と再販を行っている販売店に限るサービスなので、あまり一般的ではありません。下取りと言っても、通常の買い替え時と同じく、リサイクル料金と運搬料がかかるケースが多いので、よく確認してください。また、下取りサービスができる洗濯機は限られています。5年以上使った洗濯機は不可のところが多いでしょう。

2-2.発売後5年以内の洗濯機は売却可能

発売後5年以内の洗濯機は、リサイクルショップで買取してもらえる可能性が高いでしょう。なお、発売後5~10年以内の洗濯機もショップによっては買取してもらえます。特に、日本製のメーカーで元値が高い高機能な洗濯機は中古でも需要が高く、元値の3~4割程度の値段で買取してくれるところもあるでしょう。特に、2~3月は新生活準備のために、洗濯機の需要が高まります。洗濯機は、店員が家まで査定しに来てくれる出張買取が基本です。洗濯機を買取するショップはその旨をサイトに記載してあることが多いので、まずは最寄りのショップを探しましょう。

2-3.搬送方法があるならネットオークションを使ってみる

ネットオークションを利用すれば、ショップで買取不可だった洗濯機でも買い手が見つかる可能性があります。ただし、洗濯機は大きいため、送料も高額です。正確な送料を調べて明記の上出品するか、引き取りに来てくれる人限定で落札者を募ってもいいでしょう。出品する場合は、メーカー・型番・状態・使用年数などを明記し、写真も添付しておくと入札されやすくなります。

2-4.寄付する

洗濯機は生活必需品なので、中古品の寄付を求めているところもあります。「古くて中古品として売却することは難しいが、まだ使えるので捨てるのはもったいない」という場合は、寄付先を探してもいいでしょう。ただし、必ず寄付したい旨を伝えて許可を取ってから洗濯機を持っていってください。いきなり送りつけたりしてはいけません。

3.洗濯機の処分に関するよくある質問

この項では、洗濯機の処分についての質問を紹介します。

Q.二槽式洗濯機でも、粗大ゴミとして回収してもらえませんか?
A.はい。洗濯機は大きさや様式に関係なく家電リサイクル法対象家電になります。

Q.洗濯機を高く買取してもらうコツはあるでしょうか?
A.洗濯機の外側をキレイにしておき、臭いなども取っておいてください。新品に近い状態にするほど高値がつきやすくなります。

Q.洗濯機を運送会社に配送してもらう場合、送料はいくらぐらいですか?
A.洗濯機の大きさや運送会社によっても異なりますが、引っ越し便扱いになると1万円以上になることもあります。

Q.リサイクル目的で洗濯機を回収してもらう場合、運搬料はいくらでしょうか?
A.ショップによって異なりますが、大手家電量販店では千円前後が相場です。

Q.洗濯機は高価であれば多少古くても買取してもらえませんか?
A.家電は元値よりも新しさで中古の需要が決まるため、古いものは元値が高価でも高値買取は期待できないでしょう。発売後10年に近くなれば、ほとんど値段がつかないこともあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は洗濯機を粗大ゴミとして回収してもらえない理由や、処分方法などについて解説しました。洗濯機が不要になったらすぐに処分したり売却したりしましょう。時間がたつほど価値は下がります。また、洗濯機の処分は時間に余裕を持って行うことが大切です。今日中に処分したいと思っても、難しいケースもあります。引っ越しの際に洗濯機を処分したい場合は、できるだけ早く処分方法を決めましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!