洗濯機の正しい処分方法は? リサイクル料金や買取に出すポイントも

洗濯機の処分方法が分からない」とお悩みではありませんか? 家電リサイクル法の対象品目である洗濯機は、処分する際にいくつか注意点があります。また、「手間をかけず処分したい」「お金をかけたくない」など、処分にあたって要望もあるでしょう。自分に合った方法で処分したいものですよね。

この記事では、洗濯機を粗大ゴミとして処分できない理由や、おすすめの処分方法などをまとめてご紹介します。

  1. 洗濯機は粗大ゴミとして処分できないのか?
  2. 洗濯機のリサイクル料金は?
  3. 洗濯機の処分方法5つ
  4. 洗濯機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、洗濯機の処分にかかる費用や買取に出す際のポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.洗濯機は粗大ゴミとして処分できないのか?

まずは、洗濯機を粗大ゴミとして捨てられない理由について解説しましょう。

1-1.家電リサイクル法によって処分方法が決められている

洗濯機は家電リサイクル法の対象になるため、処分方法が決められています。家電リサイクル法とは、家庭から排出された廃家電に含まれる資源を有効利用するための法律です。対象品目には、洗濯機のほかにエアコン・テレビ・冷蔵庫があります。この4品目を処分する際は、家電リサイクル法にのっとって行う必要があるのです。

1-2.リサイクル料金を支払って回収してもらう

不要になった洗濯機は、小売業者による回収と製造業者によるリサイクルが義務づけられています。私たち消費者は、リサイクル料金を支払って洗濯機を引き取ってもらう必要があるのです。洗濯機を自宅から運んでもらう場合は、さらに運搬料金も支払わなければなりません。リサイクル料金や運搬料金については、次項で詳しく解説しましょう。

1-3.小型家電リサイクル法との違いを理解しよう

家電リサイクル法とよく似た法律に、小型家電リサイクル法があります。どちらも廃家電に含まれる資源を有効利用することを目的とした法律ですが、対象品目や回収方法に違いがあるのです。小型家電リサイクル法は、スマホやデジタルカメラ・ゲーム機などの小型家電を対象としており、洗濯機は対象になりません。また、回収方法も自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。

2.洗濯機のリサイクル料金は?

洗濯機を処分する際にかかるリサイクル料金についてまとめました。

2-1.料金はメーカーや小売業者によって異なる

洗濯機のリサイクル料金はメーカーによって異なりますが、2019年現在、国内主要メーカーの洗濯機にかかるリサイクル料金は、税込み2,484円となっています。詳しい金額については家電リサイクル券センターのホームページから調べることができるため、チェックしてみるとよいでしょう。また、運搬料金についても、小売業者によって金額が異なります。一般的には3,000~20,000円前後が相場ですが、必ず事前に確認してください。

2-2.支払い方法は2種類

洗濯機のリサイクル料金は、販売店に支払う方法と郵便局で振り込む方法の2種類があります。洗濯機の引き取りを販売店に依頼する場合とそのほかの場合とで支払い方法が変わってくるため、しっかり把握しておきましょう。販売店に支払う場合は家電リサイクル券の記入などもしてもらえますが、郵便局で振り込む場合は備えつけの用紙に必要事項を記載する必要があります。

3.洗濯機の処分方法5つ

洗濯機を処分する方法をご紹介します。

3-1.販売店に引き取ってもらう

洗濯機を買い替える場合は、新しい洗濯機を購入する販売店に古い洗濯機を引き取ってもらうのがおすすめです。購入と処分が同時にできるのは大きなメリットでしょう。また、処分する洗濯機を購入した販売店に引き取りを依頼することも可能です。リサイクル料金と運搬料金がかかるため、事前に金額を確認しておきましょう。

3-2.指定取引場所へ持ち込む

郵便局でリサイクル料金を支払い、指定取引場所へ洗濯機を持ち込む方法もあります。直接自分で持ち込むため、運搬料金はかかりません。全国の指定取引場所は、こちらから検索可能です。ただし、自分で運搬するのが難しい場合は別の方法を検討する必要があるでしょう。

3-3.不用品回収業者に依頼する

洗濯機のほかにも処分したいものが多数ある場合などは、不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。希望の日時を指定すれば自宅まで引き取りに来てもらえるため、運搬についての心配はありません。ただし、業者選びには注意が必要です。回収した不用品を不法投棄するなどの悪徳業者も存在するため、慎重に業者を選んでください。

3-4.買取してもらう

比較的状態のよい洗濯機は、買取に出しましょう。使用年数が短いものや汚れ・傷が少ないものなどは買取対象になる可能性があります。有名メーカーのものや高性能なモデルだと高価買取も期待できるでしょう。買取先には、リサイクルショップや家電買取業者などがあります。査定基準は業者によって異なるため、数社を比較して選ぶのがおすすめです。

3-5.ネットオークションやフリマサイトに出品する

ネットオークションやフリマサイトに出品すれば、リサイクルショップなどより高く売れる可能性もあります。ただし、洗濯機は大きさと重さがあるため、こん包や発送の手間がかかる点がデメリットでしょう。また、買い手が見つかるまで手元に洗濯機を置いておかなければならず、引っ越しなどで急いで処分したい場合には不向きです。

4.洗濯機の処分に関するよくある質問

「洗濯機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.洗濯機の寿命は何年ぐらいですか?
A.平均寿命は6~8年といわれています。「使用中の音がうるさくなった」「途中で止まってしまう」などの症状が現れたら、寿命が近いサインと考えましょう。

Q.洗濯機の処分について、自治体に問い合わせることはできますか?
A.はい。自治体によっては、代行で引き取ってくれるところや、引き取り可能な業者を紹介してくれるところもあります。

Q.中古市場で人気の高い洗濯機メーカーにはどのようなところがあるのでしょうか?
A.日立やパナソニック・東芝・シャープ・アクアなどが人気です。

Q.  洗濯機を少しでも高く買取してもらうポイントを教えてください。
A.正常に動作するか確認し、きれいに掃除しておきましょう。付属品をすべてそろえておくことも重要なポイントです。

Q.悪質な不用品回収業者の特徴にはどのようなものがありますか?
A.ホームページがない業者や無料見積もりを受け付けていない業者などには十分注意してください。また、無料回収業者を利用する場合、なぜ無料で回収が可能なのかをきちんと説明できない業者は利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

洗濯機を処分する方法や発生するリサイクル料金について、詳しくご紹介しました。粗大ゴミとして捨てることができない洗濯機ですが、おすすめの処分方法がいくつかあります。ぜひこの記事を参考に、ベストな方法を見つけてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!