スーツの長期保管方法をご紹介!保管する前のメンテナンス法について

着こなしが大切になる「スーツ」は、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
メンテナンスをしっかりすることでパリッとしたはりのあるスーツになります。
いつまでもキレイなスーツが維持できるよう、メンテナンスや長期保管のポイントをつかんでおきましょう。
これから、スーツを長期保管するときのポイントや注意点、基本的なメンテナンス法について説明します。
基礎知識を把握して上手に保管してください。

  1. スーツを長期保管するときのポイント
  2. 長期保管する際の注意点
  3. 基本的なスーツのメンテナンス法
  4. まとめ

1.スーツを長期保管するときのポイント

スーツの保管方法によって長く着続けることができるかどうか関係してきます。
長く着ることができるよう、正しい長期保管方法やポイントをつかんでおきましょう。

1-1.収納前は必ずクリーニングする

基本的に、スーツの着用後すぐに収納してはいけません。
収納前に必ず“クリーニング”をしてください。
着用後のスーツには細かいホコリがたくさんついています。
しっかりクリーニングをしてホコリを取りのぞくことが大切です。スーツについた汗や汚れが繊維の中に入ってしまいます。
また、カビや虫は汗・汚れを好むものです。よって、汚れた状態の長期保管はカビがいつの間にか生えてしまい着用できなくなってしまうでしょう。
収納前はクリーニングに出して、徹底的に汚れやホコリを取りのぞいてください。
できれば、防虫加工タイプのクリーニングが効果的です。
“クリーニング費用が高いから”とおこたってはいけませんよ。
長く着続けるためと考えたら、クリーニング代は安いものです。

1-2.防虫カバーや防虫剤・乾燥剤を活用する

ハンガーにかけてスーツを長期保管する場合、“防虫カバー”を活用してください。
普通のカバーでも良いですが、長期保存に向いているのは“防虫タイプ”です。
防虫カバーは普通のカバーよりも虫を寄せつけない工夫をほどこしています。
長期でクローゼットの中に収納するのなら、徹底的に防虫対策をしておかなければなりません。
後悔しないためにも防虫カバーを準備しておきましょう。
また、押入れにたたむ場合は防虫剤や乾燥剤を活用してください。
押入れの中は湿気がたまりやすいため、虫が寄ってきやすくなります。
湿気は衣類を傷める原因の1つです。
よって、防虫剤・乾燥剤を1~2個ほどいれておきましょう。

1-3.定期的に虫ぼしをする

長期保存といってもずっと押入れやクローゼットでのいれっぱなしはNGです。
シーズンオフだからと放置してはいけません。
シーズンオフだからこそ、定期的に虫ぼしをすることが長期保存のポイントになります。
定期的におこなう虫ぼしは湿気を取りのぞく効果があるのです。
防虫剤や乾燥剤を利用していても、湿気はたまってしまいます。
防虫剤・乾燥剤でカバーできないところは、虫ぼしでしっかり取りのぞかなければなりません。
虫ぼしをするときは湿気の少ない日を選んでください。
湿気の多い日はせっかくそとに出しても逆効果になります。
そして、直射日光が当たらない、風とおしの良い場所で1日ハンガーにつるしてください。スーツの虫ぼしを忘れないよう意識することが大切ですね。

2.長期保存する際の注意点

2-1.クリーニング後についてくるビニールは取りはずす

クリーニングに出した後、衣類をつつんでいるビニールがついてくるはずです。
ビニールをつけたまま保存すべきなのか、それとも取りはずしたほうが良いのか悩む人は多いでしょう。
基本的に、クリーニング後についてくるビニールは取りはずしてください。
ビニールをはずさないまま長期保存すると、ニオイやカビの発生原因になってしまいます。
なぜなら、クリーニングの薬剤が完全に抜けきっていないからです。
薬剤が中途半端に残ることで逆にスーツが傷んでしまいます。
ビニールを取りのぞいたら、数時間陰ぼしをしてください。陰ぼしで薬剤を抜きます。数時間陰ぼしをしてから防虫カバーにいれてクローゼットに保管しましょう。

2-2.クリーニングに出すときの注意点

長期保存の注意点は“クリーニングに出すとき”もあります。
クリーニングに出すときは汚れているほうだけスーツを出そうとしていませんか?
クリーニング代を節約しようとスーツのパンツや上着だけクリーニングに出す人はいます。しかし、別々にクリーニングに出してしまえば変色が目立ってしまうでしょう。
変色を防ぐためにもスーツは必ず上下セットで出してください。
逆に、上下セットで出したほうが特になるクリーニング店もあります。
また、クリーニングに出すタイミングも大切です。
長く着用し続けるためには“1シーズンに1~2回のクリーニング”が最適になります。
なぜなら、頻繁にクリーニングへ出してしまうと、洗剤や薬剤で傷めやすいからです。ただし、目立つシミや汚れができた場合は早めに持ちこんでください。

3.基本的なスーツのメンテナンス法

3-1.保管する前はブラッシングをする

効率的なスーツの保管方法は“ブラッシング”です。
スーツのブラッシング?と疑問に思いますが、保管する前のブラッシングによってスーツの質が変わってきます。
基本的なメンテナンス法は“ブラッシング”にかかっているのです。
ブラッシングに使うブラシはスーツ専用のタイプを使ってください。
スーツを販売しているお店では必ず販売しています。
ブラッシングのやり方はとても簡単です。
まず、前えりからブラッシングしていきます。うえからしたにかけてなぞっていき、軽い力でなでていってください。ホコリやフケがつきやすい肩の部分は念入りにブラッシングしていきましょう。
また、えりをめくった返り線もブラッシングが必要です。
前の部分が終わったら、後ろも同じようにブラシをなぞっていきましょう。

3-2.ハンガーの上手なかけ方

クローゼットに長期保管する際、気をつけておきたいのがハンガーのかけ方です。
ハンガーのかけ方によっては保管している間にシワができてしまいます。
正しいハンガーのかけ方をジャケットとパンツそれぞれ説明していきましょう。
まず「ジャケットのかけ方」は、肉厚なハンガーがおすすめです。
肉厚なハンガーほどジャケットの肩の部分がフィットするので型崩れがしません。
また、プラスチック製よりも木製のほうが除湿効果が高いですよ。
一方、「パンツのかけ方」はクリップのついたハンガーを選んでください。
すそをうえにしてクリップにかけつるした長期保存が好ましいです。すそをうえにすることでひざについたシワを取りのぞくことができます。

4.まとめ

スーツを長期保管するときのポイントや注意点、基本的なスーツのメンテナンス法について説明しました。いかがでしたでしょうか。
スーツの長期保管は収納前のメンテナンスが必要不可欠です。
着用後は必ずクリーニングでついているホコリや汚れを取りのぞかなければなりません。
スーツにしみついている汗や汚れはカビや虫のえさになるので注意してください。
クリーニング後についているビニールは取りはずしましょう。
また、長期保存方法は定期的に虫ぼしすることが大切です。
除湿剤や防虫剤を使用しても、湿気がスーツにたまってしまいます。
スーツにたまっている湿気を取りのぞくためにも虫ぼしが必要不可欠です。
しっかりポイントと注意点をつかんで、上手にスーツを長期保管していきましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!