不良在庫をお得に処分する方法は? 不良在庫を抱える問題点と注意点も

「不良在庫をどうやって処分すればいいのか?」「できるだけお金をかけずに手放したい……」など、不良在庫の処分で頭を抱えている人は多いのではないでしょうか。不良在庫を持つだけでほかの在庫や経営に悪影響を及ぼすため、早めに解消しておかなければなりません。しかし、処分するにもお金がかかってしまいます。

そこで、本記事では、不良在庫の処分方法や注意点などについて解説しましょう。

  1. 不良在庫を抱えることの問題点
  2. 不良在庫を出さないコツと処分するメリット
  3. 不良在庫の処分方法を紹介!
  4. 不良在庫を処分する際の注意点
  5. 不良在庫の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、不良在庫を処分するメリットやお得に手放すコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.不良在庫を抱えることの問題点

最初に、不良在庫を抱えることの問題点をチェックしておきましょう。

1-1.工場・店舗・倉庫などに残っている在庫

不良在庫とは、工場・店舗・倉庫などに残っている在庫のことです。売れる見込みがまったくなく、経済的な悪影響がある不良品や欠陥品などが当てはまります。ただ、単にあまっている在庫だと思う方が多いのですが、不良在庫はほかの在庫に影響を与えてしまうのが特徴です。不良在庫そのものに価値がないのはもちろんのこと、ほかの在庫の価値も下げてしまいます。たとえば、劣化したジャケットがほかの服に色が移る・腐った食品がほかの食品を腐らせるなどです。

1-2.不良在庫は資金繰りを悪化させる

不良在庫を抱える大きな問題点は、資金繰りを悪化させてしまうことです。余計な経費が増えてしまうと利益が減り、資金繰りが悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。不良在庫を管理するにもお金がかかってしまうため、不良在庫が増えるほど資金が少なくなってしまうのです。だからこそ、不良在庫は早めに手放す必要があります。

1-3.コストが増加する

基本的に、小売業や流通業などは商品を安く仕入れて高く売り儲(もう)けを出します。そのため、ある程度の在庫は確保しておかなければなりません。しかし、不良在庫を抱えてしまうと在庫管理などに費用を費やし、コストが増えてしまうのです。保管・維持・管理・移動すべてにお金がかかってしまい、在庫の大きさと個数に比例してどんどん費用が大きくなります。

1-4.利益の圧迫につながる

資金繰りの悪化・コストの増加が止まらなくなると、不良在庫が利益を圧迫することになります。同時に、会社の利益に大きく響くことになるのが不良在庫の処分です。不良在庫は売れる見込みがないものなので、廃棄処分にするか・たたき売るかの方法で手放すことになります。売れれば問題ありませんが、売れなかったものは処分しなければなりません。不良在庫の数が増えるほど、処分費用が高くなってしまいます。

2.不良在庫を出さないコツと処分するメリット

それでは、不良在庫を出さないコツと処分するメリットを解説します。

2-1.不良在庫を出さない3つのコツ

不良在庫を出さないコツは、主に3つあります。

  • 適正な在庫の量を保つ
  • 在庫を減らす意識を持ち続ける
  • 在庫回転率を計算する

不良在庫を抱えてしまう大きな原因は、適正な在庫の量をつかんでおらず過剰な在庫を抱えてしまうことです。在庫管理システムをきちんと導入していない・在庫を把握していないなども原因となります。足りない在庫や多すぎる在庫を自動で検知してくれるシステムを活用することで、適正な在庫の量を保ち、維持し続けることができるでしょう。また、常に在庫を減らす意識を持ち続けること・一定期間に在庫が販売される回数(在庫回転率)も計算する必要があります。

2-2.不良在庫を処分するとコストが削減できる

不良在庫を抱えるだけで費用がかさばるため、早めに処分することが大切です。不良在庫を処分すれば、コストが大幅に削減できます。在庫管理には人件費・倉庫費などさまざまな費用が必要になるので、無駄なコストが削減できるのは大きなメリットです。

2-3.資産整理による財務体質が改善できる

不良在庫を処分することで、資産整理による財務体質が改善できます。効率よく商品が売れているか判断するために、在庫回転率という経営指標がありますが、融資を受ける際にも確認が必要です。不良在庫を処分すると在庫回転率が向上し、金融機関からの評価を高めることができます。つまり、銀行からの融資が受けやすくなるのです。

2-4.節税効果も期待できる

大幅に値下げすることで不良在庫でも売れる可能性があれば、在庫処分や決算セールなどで売ることができるでしょう。不良在庫の売却によって、節税につながる可能性があります。ただし、値引き販売が節税に役立つかは、売上原価の計算方法を把握しておかなければなりません。在庫は勘定科目で言うと資産に分類されるため、以下のように計算します。

売上原価=期首の棚卸し資産高+当期仕入れ高-期末の棚卸し資産高

売上原価が大きくなれば利益額が小さくなるので、当期仕入れ高が大きくなる・期末の棚卸し資産高が小さくなると売上原価が増え、節税につながります。

3.不良在庫の処分方法を紹介!

ここでは、不良在庫の処分方法をいくつか紹介します。

3-1.とにかく売り切る

不良品や欠陥品でも通常の価格より安い値段で販売すれば売れる可能性があります。企業や店舗の中には、決算セールや在庫処分として不良在庫を安く販売するところもあるのです。消費者の中には、できるだけ安く商品を購入したい人もいます。通常の販売価格よりも著しく低い価格で売りさばくことができれば、処分費用も抑えることができるでしょう。ポイントは、利益をあげることなど考えずに、とにかく売り切ることです。

3-2.廃棄処分にする

売り切ることができなかった不良在庫は、廃棄処分にするほかありません。基本的に、在庫処分を行っている不用品回収業者に依頼することになります。回収業者の中には、法人向けに在庫の処分を請け負っているところもあるので該当業者を見つけてみてください。廃棄処分は費用がかかりますが、中には低費用で回収してくれるところもあるでしょう。複数の業者に無料見積もりを依頼することがポイントです。不用品の回収を行っているダストマンでは、買取サービスも受けつけているので、回収と買取が同時に利用いただけます。ぜひ1度ご相談ください。

4.不良在庫を処分する際の注意点

不良在庫を処分する際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.まずは在庫管理を見直すことが大切

不良在庫を処分しても再び抱えてしまっては意味がないので、まずは在庫管理を見直すことが大切なポイントです。不良在庫が出る根本的な原因は、普段の在庫管理にあると言えるでしょう。だからこそ、不良在庫を処分する前に、ひとまず在庫をきちんと管理できているか見直す必要があります。そして、不良在庫がほかの在庫に悪影響を与える前に在庫処分セールのような形で売り切ってしまうのが理想的です。不良在庫はいつの間にか経営を圧迫して倒産の原因につながることもあるため、早めに手放しましょう。

4-2.廃棄損を計上する際は注意しよう!

不良在庫を廃棄する際、商品廃棄損という費用が発生します。廃棄損を計上すると、会社の利益が減る=税金も減ることになるので節税につながるのです。しかし、廃棄損は税務調査で狙われやすい項目なので注意しなければなりません。不良在庫の廃棄処分は、高い確率で税務調査時に追求されるでしょう。追求されたときのために、廃棄の理由を説明できるようにしておきます。なぜこのタイミングで廃棄をしたのか、税務調査の際の処分理由を明確にすることが大切です。また、廃棄した事実を証明するために、以下の資料を準備しておきましょう。

  • 廃棄処分を行った棚卸し資産のリストや明細表
  • 廃棄直前の棚卸し資産の写真
  • 廃棄処分を行う際の引っ越し時点の写真
  • 廃棄業者から受け取った請求書・廃棄証明書

4-3.大安売りは企業イメージ低下のデメリットも

できるだけ不良在庫をなくすこと・少しでも資金を回収することの2点に重点を置いて売ることができれば、不良在庫の廃棄費用を抑えることができます。ただし、業種によっては大安売りをすることでブランドイメージや企業イメージの低下につながるというデメリットもあるのです。デメリットのほうが大きいようであれば、たたき売りのほかに廃棄処分も検討したほうがいいでしょう。有名ブランドや大企業になるほど、企業イメージの低下を考慮しなければなりません。

4-4.悪徳業者とのトラブルに要注意!

不良在庫の処分を不用品回収業者に依頼するケースが多いですが、悪徳業者とのトラブルに注意が必要です。よくあるトラブルとしては、「回収後に追加料金を請求された」「不当な方法で廃棄されていた」などがあります。不良在庫の量が多くなるほど、悪徳業者に引っかかってしまうと大問題になりかねません。問題が起きると企業のイメージに大きな悪影響を受けてしまうので注意が必要です。悪徳業者の見極め方に関しては、以下のポイントを参考にしてください。

  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • 不用品回収・買取サービスを行っているか
  • 格安回収・高価買取が可能か
  • スタッフの対応がスピーディーで丁寧か
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 口コミや評判がいいか

5.不良在庫の処分に関してよくある質問

不良在庫の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんなときに在庫処分を行うべきか?
A.不良在庫が増えるほど悪い状態になりがちなので、在庫が増えた・処分が必要だと感じたときに在庫処分を行ってください。ただし、企業や店舗によっては決算のタイミングで在庫処分を先送りにすることがあるでしょう。在庫処分のほとんどが赤字を伴うため、利益状況を確認しながらタイミングを見極めることが大切です。多くの企業が、期末決算が近づいたタイミングで在庫処分を行います。

Q.買い取ってもられる在庫の特徴は?
A.基本的に、激しい傷や汚れがついていない在庫商品であれば買い取ってもらえるケースがほとんどです。不用品買取を行っている業者の多くは、ブランド商品・アパレル・雑貨・生活雑貨・オフィス用品などを買い取っています。ただし、すべての業者が買取を行っているわけではないため、事前にホームページ等で確認したほうがいいでしょう。

Q.在庫の高価買取のポイントは?
A.できるだけ在庫商品の状態をよくすることです。管理の仕方によっては、商品がダメになったり買い取ってもらえなかったりすることもあります。きちんと管理をしておけば商品の状態がいいまま売ることができるので買い取ってもらいやすくなるのです。また、1点ずつ売却するよりもまとめて売ったほうが高値がつきやすい傾向にあります。複数の業者を比較して、高値で売れる業者を見つけてください。

Q.在庫を管理する上で最も大切なことは?
A.在庫の保管場所がある・在庫の出入りを正確に把握する・正確に記録されていることの3点です。3点のポイントに気をつけて必ず実践すれば、不良在庫を抱えることはありません。優秀な管理システムソフトを導入していても、3点のことができていなければ宝の持ち腐れになってしまいます。特に、在庫管理の基本となる保管場所の確立と整理整頓は必要不可欠です。意外とできていない企業や店舗が多いので注意しておきましょう。

Q.不良在庫が処分できなかったときの対処法は?
A.会計処理で棚卸し資産評価損を計上する方法があります。在庫の価値が減ったことを仕訳するのです。棚卸し資産評価損の計上を先延ばしにしていると費用の発生を遅らせて、利益を操作したと疑われる恐れがあるので注意しなければなりません。どの在庫を評価損の計上にするのかは会計士または税理士と相談しながら決めてください。

まとめ

不良在庫を抱えると、ほかの在庫や企業の運営に悪影響を及ぼしてしまいます。大量の不良在庫であるほど、抱える時期が長くなるほど会社に大ダメージを受けることになるので注意が必要です。主な処分方法としては、たたき売りまたは廃棄処分の2つの方法があります。決算セールなどでたたき売りができればいいのですが、なかなか売れない場合は不用品回収業者にまとめて回収してもらいましょう。回収業者の中には、不用品の買取を行っているところもあるのでチェックしてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!