ミシンの処分を考えている方必見!工業用やロックミシンは買取依頼できる

1.ミシンについて

ミシンを処分する前に、種類を知っておきましょう。

1-1.家庭用ミシンが広く普及している

家庭用ミシンは、最も普及している一般的なタイプです。ひと昔前は、足踏みミシンが主流でした。今は電子ミシンやコンピューターミシンになり、初心者にも扱いやすくなってきています。コンピューターで針の動きを制御し、刺繍(ししゅう)も可能です。さまざまな機能も搭載され、難しい操作が必要なくなりました。足踏み部分はフットコントローラーに変化し、縫い方が自在に操れるようになっています。踏み込み具合で、縫い目やスピード調整なども可能です。

1-2.業務用ミシンは厚手のものも縫える

ハンドメイド歴が長い人だと、家庭用ミシンよりもっと細かな操作ができる、業務用ミシンがほしくなることがあるでしょう。業務用ミシンは厚手の生地も簡単に縫うことができ、効率良く裁縫が楽しめます。ただし、業務用ミシンは大変重量があり、持ち運びが難しいのがデメリットです。パワフルな操作ができ、たくさん縫いたいというニーズがあるなら、手応えを感じることができるでしょう。

1-3.工業用ミシン

家庭用ミシンと業務用ミシンとはまったく異なり、大量の製品を作り出すためにあるのが工業用ミシンです。デニム生地を簡単に縫うことができるため、ジーンズ専門店でも導入されています。業務用ミシンの2倍以上速度があり、慣れた人でない限り、操るのが難しいタイプです。台が付属されているタイプが多く、廃棄にあたっては大がかりな作業が伴います。機能も多彩です。厚手の生地はもちろん、シルクなどの繊細な生地を縫うこともできます。

1-4.アンティークミシン

アンティークミシンは、とてもデザインがおしゃれで、インテリアとしても最適です。機能も優れており、年月を重ねても縫製技術はしっかりしています。実用性とデザインを兼ね備えたタイプです。台と一体型になっているものもあり、手回しで縫うタイプもあります。

2.ミシンの処分について

ミシンは大型なものもあり、処分方法がわかりにくいですよね。捨てるなら、2つの方法があります。

2-1.自治体でミシンを処分する

ミシンは、ほとんどの地域で粗大ごみとして扱われます。ただし、電動ミシンやコンピューターミシンなどは家電製品と分類する地域もあり、事前に処分方法を確認するべきでしょう。

粗大ごみはお住まいの地域に申し込みが必要です。地域が定める料金の粗大ごみ処理券を購入し、回収日にミシンへ貼り付けて出してください。

卓上タイプだと300円前後、大型タイプだと500円前後かかります。自分で持ち込みも可能です。回収依頼をするより、費用負担が軽減される地域もあるでしょう。

ただし、1回にたくさん出すことはできない場合もあり、重量がある大型ミシンは回収場所まで運搬するのも大変です。

2-2.ミシン回収業者による廃棄

使えなくなったミシンは、ミシン回収業者を利用すると便利です。ミシンの種類や年式に関係なく、どのメーカーでも回収してもらえます。自宅まで引き取り対応してくれますから、重量のあるミシンでも簡単に処分可能です。即日処分したいというニーズにも、できる限り応えています。

回収にかかる費用は、1つのミシンに対していくらといった料金プランと、まとめて処分したい方に便利な積み込み放題プランがあり、捨てる量とサイズに合わせて選ぶことができて便利です。処分費用は自治体の粗大ごみより高い分、柔軟な対応をしてもらえる大きなメリットがあります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!