部屋が散らかるとお悩みの方へ! 原因を知って片付け習慣で解決しよう!

「片付けても片付けても、すぐに部屋が散らかってしまう」「片付け方がよくわからない」などの、お悩みを抱えている人は多いものです。また、片付けたいとは思うものの「やる気が出なくて困っている」という人もいます。部屋の片付けは、散らかるワケを知り、片付けのコツなどを身に付ければ難しいことではありません。

そこで、部屋が散らかる原因・片付ける方法や散らかるのを防ぐ習慣・考え方などをご紹介しましょう。

  1. 片付けても部屋がすぐ散らかる原因は?
  2. 部屋が散らかるのを防ぐ片付け習慣や方法
  3. 部屋が散らかるのを防ぐため「考え方」を変えよう
  4. 部屋が散らかることに関するよくある質問

この記事を読むことで散らかった部屋に関するお悩みを解決できるでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

1.片付けても部屋がすぐ散らかる原因は?

部屋を片付けてきれいな状態をキープするには、まず「なぜ部屋が散らかるのか?」という原因を知ることが必要です。原因を知っておけば、片付け作業に役立ちます。ぜひ学んでおきましょう。

1-1.「ものを捨てる」ことがなかなかできない

実は、部屋が散らかる・なかなか片付かないなどでお悩みの人の多くは「ものを捨てる」が苦手です。「ものを捨てること=ものを粗末にすること」と考えてしまう傾向にあります。
「もったいない」と思う精神はとても大切な考え方です。けれども、「いつかは使うだろう」「思い出が詰まっている」「未開封だし」など、何かと理由を付け不要なものを手元にため込んではいけません。その結果、部屋中にものがあふれ、整理整頓ができない状態になってしまうのです。

1-2.つい片付けを「先延ばし」にしてしまう

部屋が散らかっているから片付けなければ……と、内心ではわかっているもののつい先延ばしにしてしまうのも、部屋が散らかる原因になります。「今日は疲れているから明日やろう」「週末にまとめてやろう」と、片付けを先延ばしにするとだんだんやる気もなくなってしまうのです。
まとめて片付けるのは一見効率的なようですが休日を潰す大がかりな作業になるため、面倒になってしまいます。そのため、さらに先延ばしにしてしまい、全然片付かない状態が続いてしまうのです。

1-3.使ったものを「元の場所」に戻さない

使ったものを元に戻さず、そのまま適当に放置するクセがあると、片付けても片付けてもすぐに部屋は散らかります。そうして、どんどん部屋にものが散乱してしまうと、1つや2つ元に戻したところで、ちっとも部屋はきれいになりません。片付ける気力もうせてしまうでしょう。

1-4.収納がしづらい状態になっている

「収納がスムーズにしづらい」という状態になっていると、ものが片付きません。クローゼット・チェスト・部屋の収納スペースにものがギチギチに詰まっていると、探すのも取り出すのも片付けるのも大変です。収納するスペースは常にゆとりを持たせて、片付けやすい状態にしておかないと散らかりやすくなってしまいます。

1-5.ものの定位置を決めていない

「ものの定位置」を決めていないと、あちこちにものを置くため散らかってしまいます。つい、何でもベッドやソファの上に置いたり、テーブルや床の上に積み重ねてしまったりすると、どこに何があるのかわからない状態になってしまうのです。必要なものを探すために、あちこちひっくり返すため、さらに部屋は散らかってしまいます。

2.部屋が散らかるのを防ぐ片付け習慣や方法

部屋が散らかるのを防ぐためには、散らかる原因を解決する「片付け習慣」を身に付けることが大切です。具体策をご紹介しましょう。

2-1.不要なもの・使っていないものは思いきって捨てる

まずは、不要なもの・使っていないものを思いきって捨てることから始めましょう。ものを大切にするのはいいことですが、大切にするあまりにどんどんため込んでしまうと、いつまでたっても部屋は片付けられません。長年使っていないものは「ゴミ」と同じです。割りきって処分しましょう。処分のポイントは以下の2つです。

2-1-1.マイルールを定めて必ず守る

1年以上着ていない・身に付けていない・使っていないものは処分するという、マイルールを決めましょう。家中のものを1度に処分するのは大変なので、今回はクローゼットの中・次回はキッチン・その次は寝室など分けて行ってください。少しずつ、不要なものが減ると掃除がしやすくなるのでやる気も出ます。また、ものを捨てる習慣が身に付いていない人は、最初のうちは「第2・第4の日曜日」など曜日を決めて、短時間でもいいので断捨離を行うのもおすすめです。

2-1-2.廃棄するのは抵抗がある場合は売る・譲るなどで処分

廃棄は抵抗があるようなら、売る・譲るなどの方法で処分するのもおすすめです。インターネットオークションやフリマアプリを利用したり、まとめてリサイクルショップや不用品回収業者に売ったりなど、自分がやりやすい方法を選んでください。

2-1-3.定期的に自宅でフリマを開催する

定期的に自宅でフリマを開催して、親しい友人を招き欲しいものを持って行ってもらうのもおすすめです。売却は、手続きや発送などの手配が面倒、知らない人とやりとりするのは抵抗があるという人にはぴったりでしょう。
必要のない洋服やアクセサリー・読まない本・見ないDVD・使わない食器など、何でも不用品をフリマのように部屋に並べて、欲しい人にあげてください。捨てるのに抵抗がある人でも、友人にあげる分には抵抗がないでしょう。また、友人を招くためには部屋をきれいにしなければならないので、部屋も片付き不用品も処分でき一石二鳥です。

2-2.小さなことでいいのでこまめに片付ける

どんなに小さなことでもいいので「こまめに片付ける」習慣を身に付けましょう。部屋の片付けをつい先延ばしにしてしまうのは、あちこち散らかっていて大変だからです。簡単な片付けなら数分もかかりません。

  • 買い物から帰ったら、買ってきたものをすぐに片付ける
  • 脱いだ服は椅子の背にかけっぱなしにせずハンガーにかけてラックにつるす
  • 食事後はすぐに食器を洗う
  • 戸棚やチェストなどから取り出したものは使用後すぐに元に戻す
  • ポストに入っていたDMなどはそのままテーブルに放置せずすぐに捨てる

上記のように、できるだけすぐに片付ける習慣を身に付ければ、手が付けられないほど散らかり放題になるのを防ぐことができます。

2-3.ものの定位置を決める

ものは、定位置を決めると片付けやすくなります。

  • リビングのチェストには、爪切りや耳かきなどの道具・常備薬・救急箱・緊急連絡先を書いた電話帳など、家族全員が使うものを片付ける
  • キッチンカウンター下の引き出しには、日常的に使用する食器やグラスを収納する
  • 新聞や雑誌は床やテーブルには置かず、リビングに設置したボックスに入れ、いっぱいになったら古いものから処分する
  • 家電のリモコンはまとめて箱に入れ、リビングのテーブルの上に置く

など、自分や家族にとって使いやすいように、定位置を決めましょう。

2-4.ものの「一時置き場」を作る

ものを仮に置く「一時置き場」を作ると便利です。生活している上で、何もかもすべていちいち片付けていたら面倒なこともあります。そんなとき、思いつくままあちこちにものを置いてしまうから部屋がすぐに散らかってしまうのです。そこで、「一時置き場」を作りましょう。

  • 帰宅したら、腕時計・携帯電話・アクセサリー・部屋の鍵など、まとめて一時的に入れるカゴやボックスをテーブルの上に置く
  • 必要なDMや請求書などをまとめて入れるボックスをリビングのカウンターの上に置く
  • 取り込んだ洗濯ものを、とりあえず放り込んでおける大きなカゴを寝室に置く
  • 帰宅後、脱いだ上着・使っていたバッグ・身に付けていたストールなどを、すべてかけられるハンガーラックを玄関に置く

など、自分や家族のライフスタイルに合った「一時置き場」を設置してみてください。

3.部屋が散らかるのを防ぐため「考え方」を変えよう

「1.片付けても部屋がすぐ散らかる原因は?」でご紹介したように、部屋が散らかってしまうのは日常的な習慣や考え方に原因があるのです。そこで、「2.部屋が散らかるのを防ぐ片付け習慣」では、その原因を解消する具体的な片付け習慣・方法をご紹介しました。この項では、部屋が散らかるのを防ぐために心得たい「考え方」をご紹介しましょう。

3-1.「いつか使えるかも」「まだ使えるかも」はやめる

不用品を処分するときに「いつか使えるかも」「まだ使えるかも」と考えるのはやめましょう。「いつかは」と思っていても、結局はため込むだけでスペースの無駄になってしまうことがほとんどです。「使わないものは処分する」と心に決めておきましょう。

3-2.衝動買いやもらいものは部屋が散らかる元凶と心得る!

衝動買いやもらいものは、部屋が散らかる元凶です。部屋が散らかっている人は、ものを捨てるのが苦手な割には衝動買いが大好きな傾向にあります。必要なもの・欲しいものでもないのに、「安いから」「限定品だから」などと理由を付けて買ってしまうのです。また、欲しくもないのに「もらいもの」はすべてもらってしまうという人も多いでしょう。衝動買いやもらいものは「その分のスペースで部屋が埋まってしまう」と考え、やめるようにしてください。

3-3.ものを増やしたら、その分ものを減らす

買い物でものが増えたら、その分ものを減らしましょう。たとえば、気に入った食器を1つ買ってしまったら、キッチンで不要なものを1つ捨てるのです。どうしても欲しくてTシャツを買ってしまったら、もう着ていないのにもったいなくて捨てられなかったTシャツを捨てましょう。同じアイテムではなくても構いません。「1つものを増やして空間を埋めたら、1つものを捨てて空間を空ける」という考え方を持ってください。

3-4.理想の家&部屋のイメージをしっかり持つ

海外のインテリア雑誌などを見て、自分の理想の家や部屋などのイメージをしっかり固めましょう。「こんなインテリアでまとめたい」「こんな空間で暮らしたい」という理想をビジュアルではっきり描くことが大切です。ただ、単純に片付けるだけではなく、おしゃれですてきな空間を作ることを最終目標にすると頑張れますよ!

3-5.定期的に部屋を人に見せてモチベーションを上げよう

「2-1-3.定期的に自宅でフリマを開催する」でも少し触れましたが、きれいに片付いた部屋は「人に見せる」ことでやる気も出てきれいな状態を保つことができます。フリマをやらずとも、定期的にお茶会をするなどして親しい人を招きましょう。「きれいになったね」「片付いているね」などとほめてもらえると、片付けるモチベーションが上がります。

3-6.1度に完璧を目指さない

1度に完璧に片付けようと頑張ってしまうのはNGです。「2-1-1.マイルールを定めて必ず守る」でも、触れましたが1度に家中のすべてを片付けようとするとすぐに挫折してしまいます。できる範囲で、少しずつ片付けるようにしましょう。ライフスタイルに合わせて計画を立て、着実に進めるようにしてください。

4.部屋が散らかることに関するよくある質問

部屋が散らかることでお悩みの皆さんから寄せられた、よくある質問をご紹介しましょう。

Q.子どもがおもちゃや絵本を取り出して遊んでは放置します。片付けてもキリがありません。いい方法はありますか?
A.おもちゃや絵本などは、いちいちチェストなどに片付けていると大変ですよね。そこで、箱やカゴなどを用意して、そこに一時的にまとめて入れるようにしましょう。キャスター付きだとそのまま移動ができて便利です。車の形になっているものやキャラクターのものなど、子どももお片付けが楽しめるようなものを選びましょう。

Q.書類・DM・請求書などの「紙関係」を上手に片付けるコツを教えてください。
A.ファイルや書類などを立てて収納する「スタンドファイルボックス」がおすすめです。無印良品の白いファイルボックスは、書類を整理するアイテムとして人気があります。複数のスタンドボックスを用意し、デリバリーのメニュー・請求書や領収書類・車や家関係の書類など、大まかに仕分けをして入れましょう。スタンドファイルボックスは白無地なので「背」の部分を手前にして並べると統一感があっておしゃれです。

Q.片付けが必要だとは思っているのですが、部屋が散らかっているほうが落ち着くのでなかなか腰を上げることができません。
A.部屋が散らかっているほうが落ち着くという人は、ものに囲まれていないと不安・きれいな部屋はそわそわしてしまう……と感じるようです。そして、なかなか片付けられない自分にコンプレックスを感じ落ち込んでしまいます。部屋が散らかるのは生きている以上当たり前なので、自分を追い詰めないようにしましょう。少しずつ、引き出しの中や戸棚の中など小さいスペースから片付けてください。だんだんすっきりしてくると、片付いていると生活がしやすい・気持ちがいいと感じるようになるでしょう。

Q.収納スペースや収納家具がパンパンでこれ以上ものが入りません。新しい収納家具を増やしても置く場所がないのですがどうしたらいいでしょうか。
A.収納家具を増やせば増やすほど、ものも増えてしまいます。部屋にものがあふれているからといって収納家具を増やすのはやめましょう。まずは、今の収納スペースや収納家具に入っているものを減らすことから始めてください。また、パンパンにものを詰め込まずに20%くらいは空きスペースを作りましょう。ものを詰め込んでしまうと、取り出すのも元に戻すのも大変です。スペースに余裕があるほうがきれいに収納できます。

Q.4人家族なので、毎回食器を取り出し料理を盛り付け、洗い物をして食器棚に戻す作業が大変です。片付けやすく取り出しやすい方法を教えてください。
A.毎回使用するご飯やみそ汁のお茶わん・とりわけ皿・湯のみ・コーヒーカップなどをいちいち食器棚にしまうのは大変です。カゴを用意して、使用後はそこに収納するようにしましょう。キッチンのシンクやカウンターなどに置けば、取り出しやすく片付けやすいでしょう。

Q.思いきって断捨離をしたら、不用品がたくさん出ました。粗大ゴミに出さなければならないものが多く面倒です。一度に処分する方法を教えてください。
A.不用品がたくさんある場合は、不用品回収業者に処分を依頼するのがおすすめです。自分で自治体のゴミに出すために仕分けをして収集場所まで運ぶ必要もありません。買取も行う業者なら回収費用と買取料金を相殺することも可能です。都合のいい日に自宅まで来て回収してくれるので人手がなくても楽に片付けができます。ダスト.net東京は不用品の片付け・回収をお得な価格で提供している会社です。定額パックプランなど料金システムも明確にしているので安心してご利用ください。

まとめ

毎日生活をしていれば、どんな人の部屋でも散らかり汚れるものです。けれども、家族が多いのにいつもきれいに片付いている部屋と、1人暮らしなのに足の踏み場もないほど散らかっている部屋もありますよね。その違いは、意外と単純なことが原因だったりするものです。使ったものはすぐに元に戻す・ものの定位置を決めて必ずそこに戻す・不要なものは捨てるなど、片付け習慣や考え方で部屋のきれいさは大きく変わってきます。できることから片付け習慣を身に付けましょう。徐々にきれいになっていくと片付けること自体が楽しくなります。頑張ってくださいね。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!