廃棄はNG! 冷蔵庫のリサイクル料金を節約するための賢い処分方法

5.冷蔵庫のリセールについて

5-1.買い取りのメリットとは

まだ使える冷蔵庫や新しいきれいな冷蔵庫は、買い取りに出すことをおすすめします。処分費用が節約できるばかりか、不要な冷蔵庫がちょっとしたお金に替わるのです。冷蔵庫をそのままの形で再利用する、最も効率的なリサイクル方法と言えます。

5-2.買い取り・査定のポイント

冷蔵庫の買い取りには、条件があります。まず、故障していなくて、通常使用ができるのが必須条件です。また、製造から何年以内とか、美品であるなどの条件もあります。また、大手メーカー品や、容量が多いもの、多機能のものは高額買い取りの可能性があるでしょう。

5-3.料金について

買い取り業者は、回収も並行して行っています。回収料金は、買い取り価格と相殺されますので、買い取り金額のほうが高ければ、プラスの精算となり、お金が手に入るのです。回収料金のほうが高い場合は、相殺された回収料金を支払います。また、時間帯指定料金やエレベーターを使えない際の階段使用料など、オプション料金も発生するため、なるべくまとめて依頼したほうがお得になるでしょう。ダスト.net東京では、お得な定額パックプランも用意していますので、ぜひご参照ください。もちろん、冷蔵庫の買い取りや、4,200円からの個別回収もあります(基本料金3,000円が発生します)。

5-4.業者の選び方

買い取り業者を選ぶ際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 買い取り・回収の料金体系が明確であること
  • 無料見積もりを行えること
  • 料金に関する情報は、データや書面での提供があること(口頭だけはNG)
  • 回収にあたってオプション料金などの説明がきちんとあること
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬などの資格を持っていること

5-5.回収の流れ

買い取り・回収業者の、主な回収の流れをご紹介します。

  • 無料見積もり依頼
  • 訪問日の決定
  • 訪問・買い取り査定
  • 精算
  • 回収

5-6.注意点

買い取り・回収業者を利用する際は、悪質な業者にひっかからないように注意してください。「壊れた冷蔵庫を無料回収します」と言って回る廃品回収車のほとんどは、無許可で行っています。家電リサイクル法の対象品目は、正しい手順でリサイクル処分する必要があるのです。必ず回収やリサイクル業の資格を持った業者に依頼しましょう。

6.冷蔵庫のリサイクルについてよくある質問

6-1.店舗や職場の冷蔵庫の処分方法は?

店舗や企業で使っていた冷蔵庫は、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物取り扱いの資格を持った回収業者に回収を依頼してください。

6-2.冷蔵庫の大きさ・型・容量の見方は?

冷蔵庫の天板や側面、ドアをあけたところに、容量・型番などが記載されたシールがはってあります。リサイクルに出す前に必ず確認しておきましょう。

6-3.冷蔵庫を高く売るには?

なるべくきれいに掃除しておくことがポイントです。表面のホコリや油汚れは重層を溶かした水を使って拭きましょう。また、庫内のにおいは、粉のままの重層をカップなどに入れて置いておくと、数時間~1晩で消臭できます。あまりににおいがひどい場合は、買い取り不可となってしまうので注意してください。

6-4.冷蔵庫の他にも処分したいものがあるのですが。

リサイクル料金や粗大ゴミ料金は、商品1点ごとに発生します。そのため、複数の不用品を処分する際は、まとめて回収業者に依頼したほうがお得になることもあるのです。ダスト.net東京では、下記の個別料金で回収を承っております。

  • 冷蔵庫:4,200円~
  • エアコン:3,150円~
  • テレビ:3,150円~
  • 洗濯機:3,675円~
  • ベッド:3,675円~
  • ソファー:3,150円~
  • パソコン:1,050円~

基本料金3,000円や、階段運び出し(500円~/1階あたり)も発生しますので、1点だけのご依頼よりも、複数点ご依頼いただいたほうがお得になります。12,000円~の定額パックプランもおすすめです。詳しくは、無料見積もりでお問い合わせください。

6-5.冷蔵庫の売り時は?

冷蔵庫の需要は、夏場にアップします。夏場は、冷蔵庫が故障しやすいためです。ですから、本格的な夏になる前、6~7月ごろが売り時としてふさわしいでしょう。ただし、新しいもののほうが高く売れますので、季節を気にしすぎるよりは、なるべく早めに買い取りに出すことをおすすめします。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫のリサイクルや処分方法についてご紹介しました。リサイクル券の購入や、小売り業者への依頼・搬出などは、やや面倒であることがお分かりいただけたかと思います。また、冷蔵庫は重く大きいため、自力で運ぶのもなかなか骨が折れるでしょう。てっとり早く冷蔵庫を処分したい・冷蔵庫を買い取りしてほしい・不用品をまとめてリサイクルに出したい、という方はぜひ回収業者の利用もご検討ください。ただし、悪質な業者にひっかからないよう、業者選びは慎重に行いましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!