冷蔵庫は粗大ゴミとして処分できない? 理由や正しい処分方法を解説

1.冷蔵庫は粗大ゴミとして処分できない

はじめに、冷蔵庫が粗大ゴミとして処分できない理由や正しい処分方法を紹介します。

1-1.冷蔵庫は家電リサイクル法対象家電

冷蔵庫は、家電リサイクル法対象家電です。家電リサイクル法は、ゴミの減量や資源の有効活用を目的に2001年4月から施行されています。対象家電は現在のところ、冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン・テレビ(液晶・プラズマ・ブラウン管)・洗濯機(乾燥機)です。家電リサイクル法対象家電は、全国すべての自治体で粗大ゴミとして処分することはできません。

1-2.冷蔵庫を家電リサイクル法に沿って処分する方法

冷蔵庫を家電リサイクル法に沿って処分するには、以下のような方法があります。

  • 家電量販店に依頼し、引き取りをしてもらう:家電リサイクル料・運搬料が必要
  • 自分で冷蔵庫を家電量販店に持ち込む:家電リサイクル料が必要
  • 自分で自治体に定める回収場所に自分で持ち込む:家電リサイクル料が必要

家電リサイクル料は家電量販店に直接払うか、郵便局で家電リサイクル券を購入して払いましょう。冷蔵庫のリサイクル料は大きさによって異なり、170L以下は3,672円、170L以上は4,644円です。なお、新しい冷蔵庫を買うので古い冷蔵庫を処分したい場合、新しい冷蔵庫と引き換えに古い冷蔵庫を回収してもらえば、運搬料が無料になる量販店もあります。自治体が定める回収場所は、市役所のサイトなどで確認してください。

1-3.大型冷蔵庫は運搬を業者に頼んだほうがおすすめ

冷蔵庫はサイズが豊富です。独身者用の小型冷蔵庫ならば自分で家電量販店や回収場所に持ち込むこともできます。しかし、170L以上の大型冷蔵庫は、個人で運搬するのは大変難しいでしょう。無理をせず、業者に運搬を依頼してください。

2.冷蔵庫をできるだけ安く処分する方法

この項では、冷蔵庫をできるだけお金をかけずに処分する方法を紹介します。

2-1.冷蔵庫の下取りサービスを利用する

一部の業者では冷蔵庫の下取りサービスを行っています。冷蔵庫を買い替えるので古い冷蔵庫を処分したい場合は、下取りサービスを行っている業者を利用するのもおすすめです。ただし、業者によって下取りできる冷蔵庫の条件が異なるため、しっかりと確認しましょう。

2-2.家電量販店の運搬料を比較してみる

家の近くに複数の家電量販店がある場合、運搬料を比べてみましょう。運搬料は家電量販店によって異なるので、比較する価値はあります。また、家電量販店のカードを作っていると運搬料が割引になるサービスもあるので、調べてから申し込むのがおすすめです。

2-3.売却したり寄付できる場所を探したりする

製造から5年までの冷蔵庫は、中古でも一定の需要があります。ファミリー用の多機能冷蔵庫だけでなく、独身者用のシンプルなものでも新しければ値段がつく可能性が高いでしょう。冷蔵庫は、リサイクルショップで買取してもらえます。今は家電専門のリサイクルショップもあるので、インターネットで探してみてください。大きな冷蔵庫は、ショップの従業員が家まで査定しに来てくれる出張買取を利用すると便利です。
また、5年以上使用したけれどまだまだ使える冷蔵庫は、寄付する先を探す方法もあります。地域のミニコミ誌に「冷蔵庫を譲ります」と広告を出してみたり、近くにあるNPO法人などに問い合わせてみましょう。ただし、いきなり冷蔵庫をもっていってはいけません。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!