植木鉢の処分をしたい人は必見! 捨て方の疑問をスッキリ解決!

3.植木鉢の下取りやリセールはできる?

植木鉢の下取りやリセールはできる?

植木鉢の下取りやリセールについて詳しく解説します。

3-1.植木鉢の下取りや中古需要について

植木鉢の下取りや中古需要は、残念ながらほぼありません。園芸店など、植木鉢の販売店を調べても下取りを行っているところを見つけるのは困難です。そのため、買い替えに伴う下取りなどは期待できないでしょう。不要になった植木鉢は、処分するか人にゆずるなどの方法を考えてみてください。

3-2.植木鉢のリセール方法

植木鉢も、まだキレイな状態で十分に再利用できると判断したものは、リセールすることも考えてみましょう。たとえば、ネットオークションやジモティー(ゆずり先を見つけるサービス)を利用するのです。いずれの方法でも、まずは利用登録をする必要があります。ネットオークションやジモティーは、リセール先・ゆずり先が見つかるまで待ちましょう。見つかった後は、相手と発送などのやり取りをしてください。

4.植木鉢の処分を回収業者に頼む場合

植木鉢の処分を回収業者に頼む場合

植木鉢の処分は、回収業者に依頼すると便利です。回収方法・料金・メリットやデメリットなど詳しく解説します。

4-1.どんなときに業者に依頼するべき?

以下のような場合は、業者に依頼するといいでしょう。

  • 大量の植木鉢がある
  • 処分している時間がない
  • 高齢などの理由で集荷場所まで運ぶのが難しい
  • ​植木鉢のほかにも処分したいものがある

4-2.業者による植木鉢の回収方法

植木鉢の回収は、出張回収で行う業者が多いでしょう。出張回収とは、業者が依頼者の指定日時・場所に軽トラックなどでやってきて回収する方法のことです。植木鉢が大量にあっても、問題なく回収してもらえます。また、土などを落とさなくてもいいので楽です。業者に植木鉢の回収を依頼するには、大体の物量と内容を知らせて回収費用の見積もりをもらってください。

4-3.業者による植木鉢の回収料金

業者に植木鉢の処分を依頼した場合、1回につき数千円程度が相場となります。少量の植木鉢であっても、軽トラックなどの車両や人員を手配する必要があるからです。なお、植木鉢のほかにも回収してもらいたい不用品があれば同時に依頼しましょう。さらに、家電や家具などで買い取りできるものがあれば、処分費用と相殺できるのでお得です。

4-4.植木鉢の処分を業者に依頼するメリット・デメリット

植木鉢の処分を業者に依頼する場合、以下のようなメリットやデメリットがあります。それぞれよく理解してから利用しましょう。

<メリット>

  • 場所・日時指定ができる
  • 自分で運ぶ手間がかからない
  • 植木鉢以外の不用品も処分してもらえる

<デメリット>

  • 回収費用がかかる(1回につき数千円~)

4-5.悪徳業者には注意しよう

不用品の回収業者の中には、悪徳業者も含まれています。たとえば、営業車などで住宅街を巡回しているところには、注意してください。「植木鉢を無料回収する」と言いながら、勝手に自宅に上がり込んで金銭価値の高いものを無理やり回収していく業者もいます。また、無料回収のはずが、何かと理由をつけて有料になるトラブルも後を絶ちません。いい加減な業者の中には、回収後の植木鉢をほかの人の私有地に不法廃棄する例もあります。トラブルに巻き込まれないためには、自分が信頼できると判断した業者に依頼してください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 1.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!