危険!パソコンデータを完全消去するには? 処分前に知っておきたいポイント

1.なぜパソコンのデータ消去が必要か?

1-1.パソコンに残ったデータとは?

パソコン内には、さまざまなデータが存在します。

  • インターネット履歴や入力フォーム(クレジットカード情報や住所・氏名・購入履歴など)
  • アドレス帳など個人情報
  • 写真や動画などプライベートなもの

いずれも、他社や外部に漏れると困ってしまうものばかりです。

1-2.パソコン内のデータ消去の必要性

パソコンをリサイクルに出す場合・第三者に譲る場合・捨てる(廃棄処分する)場合などは、データ消去をおこなう必要があります。壊れているパソコンだから大丈夫、と思ってもHDDが生きていれば、悪意のある第三者によってデータが復元できてしまうこともあるのです。

1-3.消去しないとどうなるか

パソコン処分時に、データ消去をせずに外部に漏れてしまった場合、困るのは自分だけではありません。知人や取引先の企業などのデータが漏えいしてしまった場合は、多大な迷惑がかかってしまいます。データ漏えいにより信頼・信用を失ってしまうことは珍しいことではないのです。

2.パソコンの初期化・フォーマットでは消去できない?

2-1.初期化・フォーマットとは?

パソコンの初期化・フォーマットは、以下のように定義することができます。

2-1-1.初期化

パソコン内に何も入っていないことを初期化といいます。OSやデータなどが一切入っていない状態のことです。ただし、一部ではOSが入っていてデータが入っていない状態を「初期化」という場合もあります。

2-1-2.フォーマット

フォーマットは「型」という意味があります。パソコンのフォーマットとは、CドライブやDドライブにパーティーションを作成し、保存できるエリア分けをおこなうことを示す言葉です。フォーマットをおこなうと自動的にデータも消去されます。

2-2.データ削除について

普段パソコンを使用しているときに、ファイルやデータを削除することは多いと思います。しかし、ファイルにアクセスができなくなっただけでデータ自体はHDD上に残っていることもあるのです。

2-3.データ復元の危険性

初期化やフォーマットに消去されたデータは、基本的には復元できません。しかし、知識や技術のある者が専用のソフトを使うとデータが復元されてしまうこともあります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!