実家の片付けに頭を悩ませている人必見、実家の片付け方法決定版

1.実家の片付け問題とは

この項では、実家の片付けの問題点を紹介します。なぜ、実家の片付けが必要なのでしょうか。問題点の背景をしりましょう。

1-1.実家の片付け問題の現状

進学や就職、結婚を機に実家から離れて一人暮らしを始め、そのまま親と疎遠になってしまうケースが増えています。実家が近くにあれば、実家の片付けは特別問題になりにくいでしょう。しかし、遠方だと年老いた親に何かあってからはじめて、実家の片付けという問題に直面することになります。たとえば、親が亡くなってから実家を片付けようとしても、時間や人手が足らず、片付けが進みにくいという問題に直面することでしょう。

1-2.なぜ片付け問題が発生するのか?

なぜ片付け問題が発生するのか、その主な理由は下記のものがあります。

  • 核家族の増加
  • 高齢者の一人暮らしの増加
  • 生前整理をする間もなく亡くなってしまう
  • 遺産相続に伴い資産調査が必要になる

1-3.片付けられない親について

同じ場所に住んでいればものは増えていきます。親が若ければ増えていくものをうまく処分することができたでしょう。しかし、高齢になってしまうと身体的にゴミを処分するのが難しくなります。また、不用品か必要なものかの判断能力が鈍ってくるというのも考えられるでしょう。 ゴミを捨てず掃除をしなくても命にかかわることはありません。そのため、ゴミを捨てずに放置してしまい、いつの間にか片付けるのが困難な量のものやゴミに囲まれてしまいます。

2.実家の片付けの必要性

この項では、実家の片付けの必要性について紹介をしていきます。また、どのようなタイミングで実家を片付ければいいのかも学んでいきましょう。

2-1.片付けの必要性

片付けを放置することで、下記のようなデメリットが発生します。

  • 不潔になる
  • 必要なものをなくしやすくなり、探すのも困難になる
  • ものにつまずき、ケガの原因になる
  • 湿気がこもりやすくなり、カビの原因になる
  • 害虫の大量発生の原因になる
  • 不衛生なのでウイルスなどの感染症にかかる可能性が高くなる

高齢者は、ちょっとした段差にもつまずいてしまい転倒するリスクがあります。また、不衛生な環境では病気にかかりやすくなるでしょう。そのため、高齢者の家は片付けを頻繁におこない、スッキリさせておくことが重要です。

2-2.どんなときに片付けが必要か?

下記のようなときに実家の片付けが必要になります。

  • 親が福祉施設へ入るとき
  • 実家を処分するとき
  • 親が亡くなったとき
  • 親が自力で片付けができなくなったとき

2-3.片付けを始める時期・タイミング

片付けを始める時期・タイミングは早いに越したことはありません。不用品は早めに処分しなければたまっていく一方です。実家が賃貸の場合は、契約の問題から親が元気なうちから片付けをしたほうが良いでしょう。

2-4.遺品整理について

遺品整理は必要最低限のものだけを残し、不必要なものは処分してしまいましょう。

  • 思い出の品
  • 資産価値のあるもの

上記のものは残しておき、そのほかの生活用品などは残しても邪魔になるので処分することをおすすめします。

2-5.そのほかの片付けについて

片付け・遺品整理は、第三者に依頼すると早く終わる傾向があります。家族が片付けや遺品整理をすると思い出にひたってしまい、作業が効率良く進まないケースが多いのです。また、専門業者に任せてしまった方が楽に遺品整理などを済ませられます。ものを片付けるという行為を甘く見ているといつまでも片付けが終わりません。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!