オイルヒーターの捨て方とは? デロンギなどは処分せず買い取り可能

3.自分でオイルヒーターを処分する場合

粗大ごみとして分類を定めている地域では、自分で廃棄することができます。粗大ごみの処理には手順があり、申し込みやごみ処理券の購入が必要です。流れや費用についてご紹介します。

3-1.自治体の粗大ごみ回収でオイルヒーターを処分する

オイルヒーターはサイズが大きなものが多いため、ほとんどの自治体で粗大ごみとされます。指定の申し込み方法と出し方を守って処理してください。ごみ出しにかんするルールは、自治体ごとに決まっています。事前に確認しましょう。

3-2.自治体の粗大ごみを利用する前に何をやるべきか?

粗大ごみとして出す前は、自治体の粗大ごみ受付センターへの申し込みが必要となります。捨てたい数・大きさなどを申し出て、廃棄にかかる費用をごみ処理券として購入しなければなりません。ごみ処理券は、コンビニやスーパーで購入できます。シール形式になっており、粗大ごみ回収日当日にオイルヒーターに貼りつけて出してください。指定廃棄場所は、戸建て住宅は敷地内のわかりやすい場所へ、集合住宅は共有玄関前に出します。運搬は自分で行わなければなりません。

3-3.自治体のオイルヒーター回収費用

自治体の粗大ごみ回収費用はとても安いです。数百円のごみ処理料金で済みます。ただし、1台あたりの費用となるため、複数所有している場合は、台数に応じた回収費用を支払ってください。1台ずつの申し込みが必要です。

3-4.オイルヒーターを自治体の回収で処分するメリットは? デメリットも知っておこう

自治体の粗大ごみは、捨てる前にやることが多く、依頼するまでに面倒(めんどう)を感じる方が多いです。オイルヒーターをすぐ処分したくても、自治体から回収日を指定されてしまうため、廃棄まで時間がかかります。コード類の分別を求められた際は、自分で処理しなければなりません。運搬も自分で行う必要があります。オイルを抜いて出すよう指示があった場合、事前に抜いてから回収することになるでしょう。やり方がわからない方は、戸惑うことが多い作業となります。
とはいえ、自治体は回収費用が安いため、気軽に処分できる手段です。お金をかけない捨て方を探している方には、自治体の粗大ごみが選ばれています。

3-5.回収ボックスについて

先にも述べた小型家電リサイクル法の施行により、各自治体で回収ボックスを設置するようになりました。スーパー・家電量販店・公共施設などに設置し、リサイクル対象品目の回収を行っています。回収ボックスには投入口があり、中に入れるだけでリサイクルできるのがメリットです。
誰でも気軽に利用できるのが回収ボックスのよさですが、オイルヒーターは回収ボックスを利用できない場合が多く、設置場所も限定されているのがデメリットでしょう。

4.販売業者によるオイルヒーターの下取りはある?

新しく買い替えようという方は、下取りサービスを使えるかも知りたいですよね。販売業者と通販業者のサービスについてご紹介します。

4-1.オイルヒーター買い替えのタイミング

故障やトラブルが続発するようになったら、すぐに買い替えましょう。無理に使い続け、火災やオイル漏(も)れなども起こります。新機種登場のタイミングも、買い替えるベストな時期です。省エネ設計のタイプも続々登場しており、電気代の節約にもなります。

4-2.新製品をお得に買える時期はいつ?

オイルヒーターは暖房器具ですから、冬がトップシーズンとなります。最もニーズが高い季節は、価格が高騰する傾向があるといえるでしょう。従って、トップシーズンを迎える直前に購入するのがおすすめです。もしくは、春を迎える直前の在庫処理セールを狙うのも、お得に買える時期となります。

4-3.販売業者にはオイルヒーターの下取りがある?

販売業者の下取りは、キャンペーンや買い替え時のサービスとして、独自に行っているものです。新しいオイルヒーターを購入してもらうことで、販売業者も利益が生まれます。そのため、交渉しだいで下取りをしてもらえるということです。買い替えるタイミングで処分をするなら、販売業者に相談してみるといいでしょう。

4-4.通販業者にかんするオイルヒーターの下取り状況は?

通販業者は、販売価格をなるべく下げて売ることをモットーとしており、下取りをしている業者はほとんどありません。インターネット経由で簡単に購入でき、オートメーション化した配送方式でコストを削減し、販売価格をほかより安くすることにより、消費者にもメリットが生まれる方式を採っています。ですから、通販業者の下取りは期待できないということです。

4-5.オイルヒーターを下取りできた場合には手数料が発生する?

下取りを利用できた場合、手数料は発生しません。多くの場合、販売業者独自のポイント還元や金券発行にて、下取り料金を受け取ることになります。購入時に新規購入料金から差し引いてもらいたい場合、販売店と相談するといいでしょう。

4-6.オイルヒーターの下取りで業者を利用するメリット・デメリット

販売業者で新しいものを買うという目的で下取りするなら、購入費用を少しでも安くすることができ、処分も一緒にできるメリットがあります。買う・捨てるという段階を1回に省くことができるのです。
ただし、販売業者では下取りだけでは依頼できません。新しい商品を購入することが条件となり、処分だけを希望する場合は自治体の粗大ごみか回収業者を利用することになります。

4-7.オイルヒーターの下取りを利用する場合の注意点

必ずしも、下取りが利用できるわけではないため、販売業者に確認してから持ち込みましょう。購入金額など、一定の条件での下取りを実施していることもあります。下取りしてもらえると期待すぎないようにしてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!