引越しごみ片付けで大ピンチ!窮地のときこそ頼れる極上のパートナー

3.引越し業者による回収

引越しで出るごみや不用品は、どうやって処分すればいいのでしょうか。これまで紹介してきた自治体の処分方法、小型家電のリサイクルの仕方、粗大ごみの扱いを見ると、なかなか複雑でめんどうなものがあります。
そんなときに利用したいのが、リサイクルショップや不用品回収業者です。手際よく回収してくれます。
最近では、こうした回収サービスに、引越し業者が加わってきました。大手の引越し業者が提供しています。

3-1.引越し業者の不用品回収サービス

引越しのときに大量に出るごみや不用品。引越し業者が回収してくれるのですから、とてもいいタイミングで、いい組み合わせといえるでしょう。
回収してくれるのは、粗大ごみや、次の項で紹介する家電4品目です。
ちなみに、買い取りもしています。対象は、生活家電、AV機器、パソコン・スマートフォン、宝石、貴金属、時計、ブランド品など。古いパソコンや家電は対象外ということです。

3-2.回収サービスの料金

引越し予定者から、引越しと回収サービスの依頼があると、引越し前に訪問し、引越し料金と回収料金の見積もりを出します。回収見積額を引越す人がOKすれば、回収サービスの契約成立です。
ホームページで、依頼方法が紹介されています。見積もりを取る際に問い合わせるといいでしょう。
肝心の料金。利用した方によると、「それなりにお金がかかる」ということですが、自分の手をあまり動かさないで済むとのことです。

3-3.依頼する際の注意点

記事を読んで、すでにお気づきの方も多いことでしょう。回収してくれる不用品の種類が少ないのが気になります。リサイクルショップや不用品回収業者と比べると、限定的です。
以前は行っていた品目の回収サービスを、現在は止めている引越し業者もいます。何らかの事情があったのでしょう。
買い取りする不用品の種類も、やはりリサイクルショップや不用品回収業者に比べると、少ないといわざるを得ません。しかも、大きくて重いものは、少ない印象です。
引越し業者に回収を依頼する場合は、以上のことに注意してください。

4.引越しで注意すべき「家電4品目」

引越しでは、家電リサイクル法で規定された家電製品に注意すべきです。不用品になっても、簡単には捨てられません。あなたなら、どうしますか?

4-1.「捨てられない」家電4品目

2001年に本格施行された家電リサイクル法では、次の家電製品のリサイクルを推進することになりました。

  • エアコン
  • テレビ(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機

上記の4つを「家電4品目」といいます。
家電リサイクル法では、リサイクルに必要な料金を、消費者が負担することになりました。消費者とは、不用品になるまで使っていたあなたのことです。
不用品となった家電を、あなたが捨てることにしたとしましょう。最もオーソドックスな捨て方は、購入した家電小売店に持っていくことです。小売店は、必ず収集してくれます。収集する義務があるからです。
小売店は、あなたから預かった家電を、家電メーカー側(がわ)に運びます。「指定引取場所」というところです。そして、家電メーカーが、あなたが不用品にした家電を、リサイクルして再び商品にします。
こうしたやり方が、家電リサイクルの基本的な流れです。

ところで、小売店は、どうやって指定引取場所へ、あなたが不用品にした家電を運んだのでしょうか。運ぶからには、普通は運搬費用がかかるはずです。それだけではありません。もしも、あなたの自宅まで、小売店が家電を収集に来たら、そのための費用もかかるはずです。ボランティアではないのですから。
2つを合わせて、「収集運搬料金」といいます。さて、収集運搬料金は、だれが出すのでしょうか?
結論をいえば、あなた。収集運搬料金は、あなたに負担する義務があります。
ということは、あなたは、リサイクル料金+収集運搬料金を、負担しなければならないことになるのです。
エアコンだと、リサイクル料金は1000円もかかりません(2016年4月段階)。収集運搬料金は、家電小売店がそれぞれ設定するので、いくらかはわかりません。それでも、数千円の範囲内で済むのではないでしょうか。でも、リサイクル料金だけで9,000円するものもあります。料金には、消費税もかかるんですよ。
さあ、あなたは捨てることができますか?
実は、リサイクル料金は無理でも、収集運搬料金は、安くすることは可能。あなたが運べばいいのです。

4-2.家電4品目の処分方法

家電4品目の最もオーソドックスな処分法は、「4-1」の項で紹介しました。再度、簡潔にまとめながら、ほかの処分法も紹介します。

<家電小売店に引き取りを依頼する処分法>
過去に購入した家電小売店に、引き取りを依頼する方法です。新たに家電を購入するときに、処分する家電を依頼することもできます。
収集運搬料金とリサイクル料金が必要です。

<自治体に依頼する処分法>
引越したため、家電を購入した家電小売店が遠くなった。あるいは、小売店が閉店してなくなった場合に、とても便利な方式です。引き取り方法は、自治体によって変わるので、問い合わせて確認してください。
収集運搬料金とリサイクル料金が必要です。
東京では、23区の許可を受けて、家電リサイクル受付センターが引き取っています。電話で申し込んでください。

  • 電 話:03-5296-7200
  • 受 付:月曜日~土曜日まで(祝日を含む)
  • 時 間:午前8時~午後5時まで

<直接、指定引取場所に持ち込む処分法>

リサイクル料金は必要ですが、収集運搬料金は不要です。事前にリサイクル料金や営業時間などを確認してください。
指定引取場所は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター(略称:RKC)のホームページから検索できます。最寄りの指定引取場所が、すぐに見つかるはずです。

4-3.家電4品目を出すときの注意点

家電4品目のリサイクルでは、「家電リサイクル券」と呼ばれる料金システムがあります。運営しているのは、RKCです。
リサイクル料金の支払い方法は2つ。家電リサイクル券の「料金郵便局振込方式」と「料金販売回収方式」です。
詳細な支払い方法は、RKCのホームページをご覧ください。

家電4品目を出すときに注意すべき点は、以下のとおり。

<エアコン>

エアコンを取り外す際のポンプダウン(冷媒を閉じ込める工程)は、技術が必要です。エアコンを購入した販売店に任せることをおすすめします。

<テレビ>

軽いサイズのテレビでも、こん包するか箱に入れて運びましょう。重いテレビは、引き取りに来てもらうのがベターです。

<冷蔵庫>

持ちにくい形状と重いので、引き取りしてもらった方がいいでしょう。自分で運ぶには、軽トラックが必要になります。

<洗濯機>

運び出すときに、配管の水漏れが心配です。やはり、引き取ってもらうのがいいでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!