引越しで家電を買い替え・処分したい人! お得で便利な方法を解説!

1.引越し時の家電処分について

最初に、引越し時の家電処分について考えましょう。引越し時の特徴や家電処分にかんする問題点・注意点を解説します。

1-1.引越し時の特徴を考えてみる

引越し時には、以下のような特徴があります。

  • 退去までにタイムリミットがある
  • 大量のごみ・不用品を処分する必要がある
  • 新居に持っていく荷物の量が多い
  • 新しくても持っていけないものもある(新居に置くスペースが無い)

1-2.どんな家電があるか整理しよう

家の中にどんな家電があるのか、改めて確認してみましょう。すると、想像以上に多くの家電があることがわかります。具体的には、以下のようなものです。

  • 生活家電:冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコン・電子レンジ・炊飯器・加湿器・掃除機など
  • 美容家電:ドライヤー・美顔器・シェーバーなど

そのほかにも、見渡してみるとさまざまな家電に囲まれて暮らしているのがわかります。中には、寿命を迎えているものもあるでしょう。引越しをいい機会と考えて、処分することも必要です。

1-3.引越し時の処分の問題点

引越しは、家電を処分するタイミングとしてピッタリと言えます。しかし、以下のような問題点があるのも事実です。

  • 処分する時間が無い
  • 片付けが面倒
  • 処分するべき数が多い
  • 処分するべきか判断に悩む

中には、面倒だからとすべての家電を新居に持っていく人までいます。しかし、必要の無いものまで持っていくのは効率が悪く、新居の保管スペースを圧迫することにもなるのでおすすめしません。

1-4.引越し時の家電処分にかんする注意点

引越し時に家電を処分するときは、思いきって行いましょう。「まだ使える」と思っていても、結局使わないでいることは多いものです。また、引越し直前に行うことはやめましょう。処分するものと必要なものを仕分けるだけでも大変です。まずは、計画を立て、余裕を持って仕分けや処分をしましょう。

2.引越し時に家電を処分する方法

引越し時に家電を処分する方法を学びましょう。どんな方法があるのか、メリット・デメリットとともに解説します。

2-1.家電の主な処分方法について

家電の主な処分方法や、処分できるものの特徴・家電リサイクル法について解説します。

2-1-1.家電の処分方法について

家電の処分方法には、主に以下のようなものがあります。

  • 一般ごみとして自治体に処分依頼をする
  • 家電リサイクル法に従って処分する
  • 中古品としてリセールする(リサイクルショップ・オークションなど)
  • 不用品回収業者に依頼する

2-1-2.処分できるものとできないもの

家電の中には、一般ごみで処分できるものとできないものがあります。たとえば、家電リサイクル法に指定のある家電は一般ごみには出すことができません。また、事業用として使用しているものも、一般ごみとしてではなく、事業ごみとして専門業者に処分を依頼する必要があります。

2-1-3.家電リサイクル法について

家電には、希少金属などリサイクル価値の高い資源が多く含まれています。平成13年4月に施行(しこう)となった家電リサイクル法では、一般家庭用の家電4品目を指定し、製造業者の回収・資源リサイクルを義務付けたのです。

  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機・乾燥機

なお、家電リサイクルマークが付いているものは、回収費用無料で処分が可能です。古い製品など、家電リサイクルマークが付いていないものは、指定のリサイクル料金を支払ってください。また、上記4品目とは別に、スマートフォンなど「小型家電リサイクル法」に指定がある場合があります。小型家電リサイクル法の指定品目は自治体によって異なるため、詳しくは自治体に確認してください。

2-2.家電の回収方法について

家電の回収方法は、以下をご覧ください。

  • 一般ごみ:不燃ごみとして自治体指定の曜日・日時に集荷場所に持っていく
  • 粗大ごみ:自治体の「粗大ごみ受付窓口」に連絡後、指定の日時・集荷場所に持っていく
  • 家電リサイクル法に伴う回収:メーカーに連絡して回収してもらう
  • 小型家電リサイクル法に伴う回収:区役所などに設置している専用の回収ボックスに入れる

2-3.業者による家電回収の方法

家電の処分は、業者に依頼することも可能です。主な方法について、メリット・デメリットを併せて解説します。

2-3-1.引越し業者に依頼する

引越しのときに、業者に家電の処分を依頼できることがあります。引越しの見積もりを依頼するときに、確認してみましょう。業者によって、有料処分となる場合と無料処分となる場合があります。また、必ずしもサービスを行っているとは限らないので注意してください。

  • メリット:引越しと同時に処分できる・業者の1本化でムダが無い
  • デメリット:引越しまでは処分できない・サービスを行っていない業者もある

2-3-2.販売店やメーカーに依頼する

引越しと同時に家電の新規買い替えを考えている場合は、家電販売店やメーカーの下取りサービスを利用できることがあります。詳しくは、販売店に問い合わせましょう。また、家電リサイクル法の対象品目の場合でも、家電販売店もしくはメーカーに依頼することで処分が可能です。

  • メリット:販売店やメーカー相手なので安心度が高い
  • デメリット:家電リサイクル法に沿った処分は手続きが面倒・下取りサービスは新規購入者だけが利用できる

2-4.引越し時に家電を処分する方法にかんする注意点

どんな方法で処分するにしても、直前まで迷っていると時間が足りません。自治体に依頼するか、業者に依頼するかでも、やるべきことが異なります。また、手続きをしてもすぐに処分できるとは限りません。家電の処分方法は早めに選び、待機期間を考えて準備を進めることが大切です。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!